《お祭りがテーマ》のおすすめ絵本8選|親子でワクワク気分を味わおう!

目次 目次

①おまつりおばけ

https://books.rakuten.co.jp/rb/11659951/

「ねないこだれだ」などで知られる、せなけいこさんがイラストを手掛けた絵本です。
おばけの子どもたちがお祭りに行く途中、人間につかまってしまって……?

絵本の中に登場するのは、かわいらしいおばけ。
怖いイメージは全くありません。

おばけの子どもたちが人間にペンキで色づけされてしまう様子は、おもしろくてインパクトあり!
最後はおとうさんとおかあさんおばけが助けに来てくれるので、一安心です。

絵本は、「ママのお膝の上で赤ちゃんが楽しめるお話」というコンセプトで作られた「あかちゃんといっしょ0・1・2」シリーズの1冊。

文字が読めずあらすじを追えない赤ちゃんでも親しみやすいよう、カラフルな色と分かりやすいことばで描かれています。

対象年齢は0歳~です。
赤ちゃんの初めての1冊におすすめ!

②ネズミちゃんとおまつりのふうせん

https://books.rakuten.co.jp/rb/6219598/

お友だちと一緒にお祭りにやって来たねずみちゃんのお話。

たくさんお友だちとお祭りを楽しんだねずみちゃんは、余ったおこづかいでみんなに風船を買ってあげることを思いつきます。
ところがお友だちの風船を受け取ったとたん、体がふわりと浮いてしまって……。

絵本を読めば、ねずみちゃんやお友だちとお祭りに行った気分を味わえます。
イラストはきれいな水彩画で、優しいタッチにパパママも癒されそう。

対象年齢は3歳~です。

③うみのおまつり どどんとせ

https://books.rakuten.co.jp/rb/11644399/

ばばばあちゃんシリーズの1冊。
「うみのおまつり」というタイトル通り、たくさんの海の生き物が登場します。

ばばばあちゃんは、砂浜で眠り込んでしまった大きなクジラを起こすため、海岸へ出かけて行きました。
そこで仲間たちとできるだけ大きな音を出すのですが……。

集まった仲間たちが思い思いに大きな音を出して、海岸はお祭り騒ぎ!
花火まで上がって、とっても楽しそうです。

生き物たちが集まって大騒ぎする様子を見れば、子どものテンションも上がりそう。
絵本の言葉のリズムもよく、「どどんとせ」と何度も口に出したくなります。

対象年齢は3歳~です。

④おまつり

https://books.rakuten.co.jp/rb/15499864/

独特のテイストを醸すイラストは、アルミ板をカッティングする技法で描かれています。

https://www.hakusensha.co.jp/books/9784592762294

お話は、くまたくんがおかあさんにトンボ柄の着物を着せてもらうところからスタート!
鳥居をくぐって境内に入れば、たくさんのやたいと人で楽しそうな雰囲気です。

おみこし、花火に盆踊り……。
くまたくんと一緒に、お祭りの一日を満喫しましょう!

「お祭りといえばコレ」というものが一通り出てくるので、お祭り気分を味わいたいときにぴったり。
子どもにはワクワクを、大人には懐かしい気分を味わわせてくれますよ!

⑤だいぶつさまおまつりですよ

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「パーラービーズ」で遊んでみた動画

みんなのSDGs