5歳の子どもにおすすめの自転車7選|おしゃれな男の子&女の子用を紹介

目次 目次

5歳の子どもの自転車の選び方&ポイント

体に合う大きさを選ぶ

自転車は、身長に合わせて選ぶのが一般的です。
「サドルの状態を下げてつま先がつく」高さを目安にしましょう。

体のサイズに合わない自転車はバランスを崩しやすく、大変危険です。
衣類を選ぶような感覚で「大きめを」とは考えないようにしてくださいね!もちろん、小さすぎるのもNGです。

文部科学省「平成30年度 学校保健統計調査」によると、5歳の平均身長は110.3cmほど。
成長具合にもよりますが、5歳児なら14、16、18インチくらいの自転車がぴったり、という子どもが多そうですよ。

先に店舗で自転車の試乗をおすすめします。

軽い自転車を選ぶ

自転車の重さも、ぜひチェックしたいポイント。5歳児だとあまり重たい自転車はおすすめできません。
転んだときにケガをする恐れがありますし、一人で起き上がるのも難しいでしょう。

自転車は軽量で、取り回しやすいものがおすすめ。
倒れた時にサッと起き上がることができれば、やる気を削ぐことなく練習を続けることができます。

安全面をチェックする

子どもの自転車は「BAAマーク」が付いたものが安心です。
これは一般社団法人自転車協会の安全基準を満たしていることを示したマーク。
もしも製造上の問題で事故が発生した場合、保障も受けられるんですよ!

子どもの自転車は、安全第一。
マークをチェックしておけば、極端に品質の悪い自転車に当たる可能性をグッと低くなるはずです。

①Eizer Ravi (ラビ)

https://item.rakuten.co.jp/isshoudou/ez-ravi/

マグネシウム軽量フレームを採用しているので、自転車は約7kgと超軽量!
子どもでも扱いやすく、気軽に乗れそうです。

ハンドルには転倒時に手を保護してくれる「保護グリップ」が付いているほか、巻き込みや汚れを防ぐ「スケルトンチェーンカバー」も装備。
安全面への配慮が行き届いており、これならパパママも安心して子どもを乗せられそうですね。

加えて前後の泥よけや補助輪、ベル、反射板も標準装備されており、オプションをつける必要がありません。

肉厚のサドルは乗り心地も良く、子どものファースト自転車にはぴったりです♪
カラーバリエーションは8種類あるので、男の子も女の子もOK!

https://wowma.jp/item/354262456

子どもの身長に合わせて、14または16インチを選びましょう。

②YOTSUBA Zero 18

https://toy-bike.jp/bike/2100/

ヨツバサイクルは、2016年に愛知県で誕生したキッズバイク専門のスポーツサイクルブランド。
「自転車あそびの楽しさを子供たちに」をコンセプトに、子どもが楽しく乗れる自転車をラインナップしています。

こちらのキッズ自転車は、軽量アルミフレームを採用し重量は約7.8kg。
軽量で取り回しやすくコントロールが容易です。

また、ハンドルグリップは一般的な自転車より細いもの(直径23.5mm)が採用されています。
手の小さな子どもでもしっかり握りやすいのはうれしいポイントです♪

https://toy-bike.jp/brand/

サドルの位置をより低くできるようトップチューブの位置が低く設計されていたり、しっかり止まれるブレーキが採用されていたりと、「乗りやすさ」への配慮に不足はありません。

フレームに記された「ヨツバサイクル」の文字もおしゃれですね♪
18インチの他に、16インチもあります!

③クロスファイヤー キッズ

https://item-shopping.c.yimg.jp/i/n/spo-ichi_ck186_2

こちらはかっこいいデザインを好む男の子におすすめの自転車。
ヒーロー戦隊に出てきそうなシャープなカラーが魅力です。

補助輪やバスケットは標準装備なので、購入したその日から乗れますよ♪
タイヤのカラーリングやスポーツフェンダーは見た目もかっこよく、男の子の心を掴みそう。

前カゴは、バスケットボールやサッカーボールが入るゆったりした大きさ!
公園に行くときも、自分で遊び道具を乗せて出発できます。

また、補助輪は着脱が容易なので、補助輪なしの練習も簡単!
サドルの後ろには取っ手が付いており、パパママがサポートしやすい仕様です。

16と18インチがあるので、子どもの身長に合う方をどうぞ♪

④ハイディキッズ

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「パーラービーズ」で遊んでみた動画

みんなのSDGs