【いつ渡す】入学祝いにおすすめ!名入れのできるプレゼント10選【何を渡す】

目次 目次

春は入学の季節です。お祝いに何を贈ろうかと悩んではいませんか?

手堅いのはギフトカードや図書カードですが、名前入りの学用品もおすすめです。

小学校では全ての持ち物に名前を付けないといけませんが、これがなかなか面倒な作業。名前入りの学用品なら、記名の手間が省けてとても助かります。

特に文具はかなりのスピードで消費するので、他の方とプレゼントがかぶったとしても困らせることはないでしょう。

この記事では、入学祝いはいつ誰にどんなものを贈るものかを簡単にご説明。そして、小学校入学のお祝いにおすすめのプレゼントを紹介していきます。

入学祝いはいつ誰にどんなものを贈ればいいの?

一般的に、入学祝は入学式の2~3週間前までに、近い親戚に贈るのがマナーとされています。つまりお孫さんや甥御さん、姪御さん以外には、贈らないといけないことはありません。

でも、遠い親戚でも友だちの子どもでも、親しい相手にはお祝いを贈りたいですよね。

その場合は、相手に気を使わせない程度の額(3,000~5,000円ほど)が相場とされています。

大人にはうれしいギフトカード!子どもにとっては…

入学祝いにもらってうれしいもののアンケートの上位には、ギフトカードや図書カードが鎮座しています。

確かに大人には無駄のないありがたいプレゼントですが、子どもにとってはどうでしょう?

子どもにとってプレゼントとは、きれいなラッピングを開ける喜び、中に何が入っているかとワクワクする楽しみが大きいのではないでしょうか。

せっかく贈るなら相手に喜んでもらいたい!

というわけで、大人も子どももきっとうれしい「入学祝におすすめのプレゼント」をご紹介します。

① ガーゼハンカチ

楽天市場

しっかり手を拭けるガーゼハンカチは、アイロンいらずのありがたい存在。どこかで落としたり、忘れたりしやすいので、いつの間にか足りなくなるものの代表格でもあります。

かわいいガーゼハンカチに名前の刺繍が入ったら、それだけで特別な贈り物。入学祝いには、子どものポケットにも入れやすい小さめサイズがおすすめです。

② 鉛筆セット

楽天市場

しっかり勉強する子もしない子も、鉛筆は次々なくなります。

入学祝いに贈るなら、1ダースの箱入りのものがおすすめです。学校によっては無地を指定されることもあるので、シンプルなデザインを選べば間違いないでしょう。

③ お箸と箸箱のセット

関連記事