おすすめの子ども向けアナログゲーム「カタミノ」に挑戦しよう

目次 目次

皆さん「カタミノ」というパズルをご存知でしょうか。

「カタミノ」のというのはブロックを組み合わせてマスを埋めていくフランス生まれのゲームです。

ブロックの組み合わせなので、とても簡単だろうと思われるかもしれませんが、そんなことありません。

やってみるとわかりますがかなり難しいゲームです。

しかもこのゲームですが、3歳から99歳まで行えますので家族で楽しむこともできるのです。

そこでこの記事では、「カタミノ」でなぜ思考力を鍛えられるのか、また「カタミノ」の使い方はどのようなものなのか説明します。

ぜひこの記事を読んで皆さんも「カタミノ」に挑戦してみてください。

思考力を鍛える必要がある理由

なぜ思考力を鍛える必要があるのでしょうか。

その理由は計算が早いとかたくさん知識を覚えるとか、そういう能力に関しては今後コンピューターが代わりに行ってくれるからです。

つまりコンピューターができる事はコンピューターにやってもらう時代が来るわけで、今後、私たち人間ができることを集中的にやっていく必要があるのです。

今現在でもそういう流れなっているわけですから、今の子供たちが大人になったときには、ますますその流れが加速すると考えられます。

では人間が今やるべきことは何なのでしょうか。

人間がやるべきこととは自分で考えて答えを出していく力を鍛えていくことです。

答えを出すと言っても常に正解を出すことが大切だというわけではありません。

これから答えがない時代に突入すると考えられるので、答えを出すというよりも考えることそのものがとても重要になってきます。

たとえば「このやり方はちょっとおかしいな」と思った時に、立ち止まって考えられるかということが思考力です。

そうした思考力が必要になってくるのですか、思考力は学校の勉強以外でも鍛えられます。

そこで注目されているのが「カタミノ」のようなゲームなのです。

「カタミノ」で思考力が鍛えられる理由

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81fzRst2XlL._AC_SL1500_.jpg

「カタミノ」はブロックを組み合わせて、マスを埋めていくゲームだと述べました。

ルールだけを見れば単純に見えますが、実際にこのゲームをやってみるとかなり難しいのがわかります。

またこのゲームで思考力を鍛えられる理由は、年齢が関係ないところです。

ゲームを難しくする際に、ルールを難しくするやり方もあります。

ルールを複雑化することで、小さい子供たちが解けなくするというやり方です。

しかしよいゲームというのは、誰でも参加できるけど難しいというものです。

そういう問題の場合は、大人よりも子供の方が問題をしっかりと解ける場合があります。

つまり年齢が関係ないということは、考える力があるかどうかだけが関係してくるというわけです。

またルールが単純なので、大人と子供で対戦することも可能になります。

次にいろいろと頭の中で試行錯誤できるのも「カタミノ」の特徴です。

そうすることで思考力が鍛えられます。

実際にプレイしてみるとわかりますが、子供たちの方が早く完成することも多いです。

それで実際にそういう子と接してみると、たとえば学校の勉強もしっかりとできることが多いです。

つまりこのように思考力がある子供は、学校の勉強にもその思考力を発揮できるというわけなんですね。

いきなり難しいものからはじめるとあまりにもできないので嫌になってしまいますが、「カタミノ」の場合はレベル分けがしっかりと行われているので、順を追って訓練できるという良さもあります。

「カタミノ」の遊び方

「カタミノ」には難易度によって問題がしっかりと用意されています。

まずはルールブックを使わずに解く問題をやってみましょう。

その問題は区切られたマスの中にブロックをできるだけいれるというものです。

ルールブックを使わない問題はそれほど難しくありません。

次にルールブックを使ったスモールスラムの問題に挑戦してみましょう。

スモールスラムはルールブックの表に従ってブロックを並べてマスを埋めます。

スモール・スラム

自分で撮影しました

次がスラムになります。

スラムが終われば最後がグランドスラムですね。

ここまでくると大人でもかなり難しいです。

さらにスーパースラム、チャレンジもあるのでここまでできると素晴らしいですね。

スラム

自分で撮影しました

グランドスラム

自分で撮影しました

スーパースラム

自分で撮影しました

チャレンジ

自分で撮影しました

「カタミノ」ですが1人でやるだけでなく、2人で対戦することもできます。

ボードを2つに分けて、各自がそれぞれのボードを早く埋めた方が勝ちというゲームです。

また8 × 8マスのチェッカーボードの上にブロックを並べていって、ブロックを置けなくなった方が負けという対戦ゲームもあります。

このゲーム1台でさまざまな遊び方ができ、しかも対象年齢もかなり幅広いわけですから、家族で遊ぶこともできてかなりオススメのゲームです。

しかも子供にとって思考力が鍛えられるのは凄いことですよね。

私たちの教室でもやってみましたが、皆さんなかなか解けず頭を悩ましていました。

チェッカーボード

自分で撮影しました

終わりに

思考力を鍛えるというのはとても重要なのですが、勉強でやろうとすると嫌がってしまう場合もあります。

「カタミノ」であれば遊び感覚で考えることもできますし、実際に学校教材として世界中では使われているものです。

しかも家族で一緒に楽しめるので、お子さんの思考力を鍛えたいという方にはぜひオススメのゲームです。

最近では知育玩具としても多くなりましたので、おもちゃ屋で見かけた際には、いちど中身を見てみるのもよいと思いますよ。

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

トロールズ: シング・ダンス・ハグ!