ダンボール工作のアイディアを動画付きで紹介!親子で挑戦したいおすすめ作品7選

目次 目次

①簡単なのに本格的なガムボールマシン!

まずは初心者でも簡単に作れちゃうガムボールマシンからご紹介!

用意するのはダンボール、竹串、輪ゴム、ペットボトル、ガムボール適量(もしくはビー玉)です。
動画にあるとおり、切ったダンボールと竹串を組み立てていき、最後にペットボトルをセットし、ガムボールを入れたら完成!

ダンボールを何センチにカットするなど、丁寧に説明されているので、動画を見ながら作れば簡単にガムボールマシンができちゃいます♪

自分で作ったガムボールマシンから取れたガムはいつもより美味しく感じるかも!
お子さんも嬉しいあまり、「もっと食べたい!」と、ついつい何個もガムを出したくなるかもしれませんね。

②ダンボール工作の初心者におすすめなビー玉コースター

こちらのビー玉コースターも初心者に優しいダンボール工作の作品です♪

コースターの土台となるダンボールにペンでコースターのコースを描き、その下書きした部分にカットしたダンボールを貼り付けていくだけ!

動画を見てわかるとおり、本当にあっという間に完成します。
必要な材料はダンボールと竹串だけというシンプルさも嬉しい。

ぜひ親子で工作に挑戦し、完成後はビー玉を使って遊んでみましょう!
お子さんも自分の作ったビー玉コースターに感激しながら遊んでくれると思いますよ。

③気軽にシューティングゲームが楽しめる!4連射・輪ゴム銃

縁日の定番のゲームといえば射的ですが、こちらの輪ゴム銃なら、おうちにいながらお祭り気分が味わえます。

まずは作り方から!紙に銃の形をペンで下書きし、その紙をハサミで綺麗に切り取ったら、ダンボールの上にのせて、画鋲で固定します。次に、手で固定した紙を抑えながら、サインペンを使ってダンボールに縁取りしましょう。

縁取りが完成したら、定規とカッターを使ってダンボールをカット。すべての部品のカットが完了したらのり付けしながら組み立てていき、最後に4つの輪ゴムをセットしたら出来上がり!

軽めの人形であれば、輪ゴム銃で人形を倒すことができるので、ぜひお子さんの好きな人形を並べて親子で射的ゲームに挑戦してみましょう。

「どっちがたくさん倒せるか勝負だ!」と、家族で競ってみてもいいですね。

④子どもも大喜び!かわいいダンボールハウス

子どもが喜ばないはずがない、イチ押しの作品が「ダンボールハウス」です。

中サイズのダンボールを縦にセットし、ベロを合わせて屋根にして、扉を作れば大体は完成!
あとは、ダンボールの側面に窓のイラストを下書きし、その部分を切り取って、色付きのセロファンを貼れば見た目もおしゃれに変身します!

完成後はダンボールハウスに好きなイラストを描いたり、お子さんの好きなシールや印刷した絵などを貼ったりして、デコレーションしてもかわいいですよ♪

ぜひお子さんと「どんなおうちにしようか♪」と相談しながら作ってみてくださいね。

⑤ダンボールで作るスマホを使って電話ごっこが楽しめる!

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「パーラービーズ」で遊んでみた動画

みんなのSDGs