木のおもちゃブランドはインテリアにしても素敵!大人もほしいおすすめブランドをご紹介

目次 目次

木のおもちゃを選ぶなら3つのポイントに注目

数多くある木のおもちゃの中でも、とっておきのアイテムを選びたいですよね!
そこで選ぶ時に注目しておくといいポイントをまとめてみました。

インテリアに馴染む大人も好きなデザインかどうか

おもちゃのデザインはお子さんの好みにあったものを選ぶのが大前提ですが、その上でパパママ好みでもあるデザインを取り入れるといいですよ!
というのも、ウッディなおもちゃはインテリアにも馴染んで、素敵なお部屋のコーディネートの一部になってくれるからです。

カートやおままごとキッチン、ハウスなど、大き目のアイテムは、出したままにしていると部屋が散らかった印象になりがち。でも木のおもちゃなら、部屋のインテリアとして溶け込んで気になりません!

また、車や積み木など、小さなアイテムは窓際や棚の一角に並べると立派な装飾品に。

ぜひ、大人目線で見ても素敵!と思えるデザインを選んでくださいね。

子どもに与えて安心な素材かどうか

さらに選ぶポイントとしたいのは、おもちゃに使われている素材の安全性です。小さいお子さんは、おもちゃを口にいれたり舐めたりすることもあるかもしれません。

おもちゃの原料の木の原産元は信頼できるか?塗料などは天然のものを使っているか?など、子どもに与えても安心な素材にもこだわって選びましょう。

おもちゃに込められたブランドメッセージ

木のおもちゃをブランド別で選ぶなら、そのブランドの理念について知っておくのもおすすめです。

木のおもちゃは、デザイナーや職人さんが手作りで作っているものも多く、子どもたちへの願いや環境配慮などがおもちゃのコンセプトに表れています。

そのこだわりを知ると、手にしたおもちゃにより愛着が湧きますよ。

自宅用にもプレゼントにも!国内のおすすめの木のおもちゃブランドをご紹介

国内には魅力的な木のおもちゃを扱うブランドがたくさんあります。その中でもおすすめブランドをご紹介していきますね!

①山のくじら舎

山のくじら舎

出典元:山のくじら舎

高知県安芸市の自然豊かな田舎で、夫婦が始めた工房です。工房の元気なお母さんたちが一つ一つ手作りしています。

おもちゃには地元の土佐ヒノキを、加工には天然の亜麻仁オイルを使用しています。

おすすめはおままごとや大工セットなどのセットアイテム。一つ一つの細かいアイテムもよく作られていて、商品を開ける時には「そっくりだねー!」と子どもも笑い転げてくれそう。
丸みのあるデザインは温かみがあって、子どもに対するお母さんたちの優しさを感じます。

②KOIDE

国産ならではの親しみを感じるブランド。製品のほとんどに「ぶなの木」を使っています。ぶなの木は硬くて耐久性があり、ささくれが出にくい木目のためおもちゃに適した素材なんです。ボルトやナットまで木製製品を使い、こだわりを持って製品作りをしています。

特徴はどこか懐かしさのあるデザイン。汽車ぽっぽやワンちゃん、くるりんダックなど、パパママも昔似たようなおもちゃで遊んでいた記憶があるかも...?パパとママの間で「昭和っぽい!」なんて盛り上がったりして、お子さんよりも興奮しちゃいそうですね!

③ エド・インター

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

いちごみるく 30秒CM30「かわいいからあげる!」

トロールズ: シング・ダンス・ハグ!

スペシャル

年齢

カテゴリー

ランキング

VS投票

投票する

アンケート

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?
・アンパンマン
・しょくぱんまん
・カレーパンマン
・めいけんチーズ
・メロンパンナちゃん
・ばいきんまん
・ドキンちゃん
・あかちゃんまん
・てんどんまん
・ホラーマン
アンケートに答える

プレゼント

ご応募はこちら