ひらがなの勉強は「恐竜かるた」で!ふくわらいや色あわせも楽しめる

目次 目次

「恐竜かるた」の作者は黒川みつひろさん!

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61XQNQ3EG7L._SX347_BO1,204,203,200_.jpg

「恐竜かるた」は、黒川みつひろさんが作と絵を描かれたかるたです。黒川さんは、大人気の恐竜絵本を描かれている作家です。リアルに描かれている恐竜のイラストが、恐竜好きな子どもに人気の秘訣ですね。

子どもたちと恐竜の話をするのが好きだそうで、日本各地で講演会やワークショップ、原画展などのイベントを行っていらっしゃいます。 黒川さんが描かれている恐竜絵本はたくさんのシリーズが販売されていて、その絵本に出てくるキャラクターと同じデザインでかるたにも恐竜たちが出てくるので、元々絵本が好きなお子さんならたまらないかるたと言えそうですね!

「恐竜かるた」はどんな内容?

特徴は、読み札と頭文字と恐竜の頭文字が同じこと

https://www.komineshoten.co.jp/sub_imgs/9784338010306_0.jpg

「恐竜かるた」の最大の特徴とも言えるのが、読み札の頭文字と、文章に入っている恐竜の頭文字が同じだということです。例えば、「ふみつけこうげき ブラキオザウルス」とか「とっしんりょくはなんばーわん トリケラトプス」などです。

読み札の中の恐竜の名前以外の文章は、ひらがなで書かれていて、恐竜の名前だけはカタカナで書かれているため、「ふ」と「フ」、「と」と「ト」を連動して覚えることができるのが勉強しやすいポイント!

伝統的なスタイルのかるた

大人も馴染み深い、伝統的なかるたのスタイルなので、長く楽しむことができるのが嬉しいポイントです。家族みんなで楽しみやすいですよ。

読み札は、カタカナに振り仮名が振ってあるので、ひらがなだけは読めるという子どもも読み手に回ることができます。そのように、読み手を見ているうちに、自然とカタカナも覚えられるのがいいですよね。

44種類の恐竜が登場!

「恐竜かるた」は、50音のうち「を」と「ん」以外の44音全て、恐竜の名前にあてられているため、全部で44種類の恐竜が登場します!恐竜が好きなお子さんにとったら、たくさんの恐竜の絵柄を見ることができますし、名前も覚えることができるのが楽しいポイントとなりそうですよね!

もちろん読み札の内容は、その恐竜の特徴などを読んだものとなっているので、特徴と合わせて見た目や名前を覚えられるのも嬉しいですね。

「恐竜かるた」には他の遊びも!

神経衰弱のように色あわせゲームが楽しめる

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/76/2c/e5ae623216c5e24c045ced43699d2aa4.jpg

「恐竜かるた」の絵札は、文字のオビが4色あります。裏返して2枚ずつ引き、色が揃ったらそのカードを取ることができる、といういわゆる「神経衰弱」のような遊び方ができますよ!

もし、まだひらがなが全て読みきれなくて、かるたとして遊ぶことができないというお子さんがいらっしゃるなら、まずはこの色あわせゲームをするのがおすすめ。自然とひらがなが目に入るので、だんだんと覚えられるきっかけになるかもしれませんね。

ママが一緒に遊ぶなら、ひっくり返したときに都度、「今度は【あ】が出たね」「今のは【い】だね」という風に声かけをしてあげれば、ひらがなを覚える勉強になるのでおすすめです。

ふくわらい遊びもできる!

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81GCRjb3DKL.jpg

「恐竜かるた」にはおまけとして「リトルホーンのふくわらい」も封入されています。リトルホーンや、作者の黒川さんの描かれている恐竜絵本のキャラクター。愛嬌のあるトリケラトプスです。

黒川さんの恐竜絵本が好きな子なら、そのキャラクターの顔で福笑いができるのがとても楽しいことでしょう!この福笑いは子どもにとても人気があるようです。お友だちが来た時に一緒に遊べば、ヘンテコな顔ができて笑いが止まらなくなるかも!

恐竜たちの生態データもついてくる!

恐竜が大好きな子どもには特に喜ばれるであろうおまけが、恐竜たちの生態データです。作者の黒川さんは、恐竜や古生物への造詣が深いため、黒川さん作であるかるたならではの、詳しい解説が載せられていますよ。

まだお子さんの年齢が小さいなら、かるたのカードを見ながら名前と姿を一致させるだけで喜ばれるでしょうが、少しずつ大きくなってそれぞれの恐竜がどのような生活を送っていたか、どのような特徴があるのかということを詳しく知りたがった時に重宝する生態データとなるでしょう。子どもの成長に合わせて、いろいろな遊び方ができるのがいいですよね。

「恐竜かるた」で楽しくひらがなの勉強をしよう!

こちらの記事では、「恐竜かるた」の内容や、かるたとしてだけでなく他の遊びもできるということについてまとめました。

かるたが楽しめるようになるには、まずひらがなを読めるようにならなくてはいけないので、ひらがなが読めないうちは色あわせで遊んだり、もっともっと恐竜について知りたくなったら生態データを見てみたり、長く楽しんでみてくださいね。家族揃って「恐竜かるた」を遊んで、楽しくひらがなを勉強させてあげましょう!

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

いちごみるく 30秒CM30「かわいいからあげる!」

トロールズ: シング・ダンス・ハグ!

スペシャル

年齢

カテゴリー

ランキング

VS投票

投票する

アンケート

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?
・アンパンマン
・しょくぱんまん
・カレーパンマン
・めいけんチーズ
・メロンパンナちゃん
・ばいきんまん
・ドキンちゃん
・あかちゃんまん
・てんどんまん
・ホラーマン
アンケートに答える

プレゼント

ご応募はこちら