木製クリップで作るハロウィンのミニモンスター!【アメリカン・キッズ・アート】

目次 目次

ハロウィンの定番モンスターは・・・!?

ハロウィン・イメージ

ハロウィンでにぎわう10月!
コスチュームとして着たり、小物をお家に飾ったり、この時期はいろんなモンスターたちが登場します。
果たしてどのモンスターが人気なのか、アメリカの“定番モンスター10選”を調べてみました!

★ジャック・オー・ランタン
これはカボチャのおばけ。定番中の定番です。
ホンモノのカボチャをくり抜いて、各家庭の庭や玄関に飾ったりします。

★ミイラ
白い包帯で頭から足先までグルグル巻き!

★ガーゴイル
耳馴染みがあまりないですが、ゴシック建築の上にいる怪物が、コレです。

ノートルダム大聖堂 街並みと

★ゴブリン
日本語でいうと「小鬼」のニュアンス。
おとぎ話で有名になった、小さくて、いたずら好きのモンスターです。

★魔女
言わずと知れた、ハロウィンの定番!
あわせて黒猫やカラス、ほうきや尖った帽子なども、必須アイテムに。

★ゾンビ
テレビや映画でも人気のキャラクター。
ハロウィンの衣装としても、根強い人気を誇っています。

HALLOWEEN用

★おばけ(ゴースト)
シーツに2つ穴を開けて、頭からかぶったら・・・。
もっとも簡単なハロウィン衣装の完成です!

★狼男(おおかみおとこ)
こちらもアメリカでは人気!
満月の夜に、男が狼に変身します。

★ヴァンパイア
長きにわたり語り継がれてきたヴァンパイアの伝説。
現在のイメージは、18世紀ヨーロッパで生まれたそうです。

★悪魔
悪霊全般のことを悪魔と呼ぶので、実態は幅広い!
悪意のある幽霊から、大きな角で黒い翼を広げたサタンまで、すべてが悪魔です。

今回は、そんなハロウィンらしいモンスターを作ろう!という企画。
アメリカのアート&クラフトの現場で活躍する「木製クリップ」と、同じく人気アイテムの「動く目玉」を使います。

人気のモンスターを参考にしても、オリジナルの発想で作っても、どちらもでもOK!
自由度の高いアクティビティですよ。

準備するもの

★木製クリップ・・・お好みの数
★動く目玉・・・お好みの数
★絵の具
★パレット または 紙皿
☆ふで
☆のり

※木製クリップは、アメリカのアート&クラフトで人気のツールです!ウッドクリップや、ウッドピンチなどとも呼ばれています。

※動く目玉(グーグリーアイズ)も、アメリカでは人気!買っておくといろんなアートに使えるのでお勧めです。

【ステップ1】木製クリップに、色を塗ろう!

木製のクリップに、色を塗ったり、目玉を付けたりして、かわいいハロウィンのモンスターを作ろう!
・・・というのが、今回のアート&クラフトの概要です。

まず最初のステップは、モンスターの構想から!
「どんなモンスターを作ろうか」と会話をしながら、これから作るモンスターを想像してみてくださいね。

イメージができたら、さっそく色を塗っていきましょう。

木製クリップは小さいので、指や手にも絵の具が付いてしまうかも・・・。
でも、多少汚れるのもアートの醍醐味!

部屋や家具に絵の具が付くのが気になる場合は、しっかりとカバーすることをおすすめします。

【ステップ2】目玉を取り付けよう!

モンスターに不正解はない!?

人気のモンスターでも、オリジナルのモンスターでも、自由に作ってOKです。
自分が目指すモンスター象を思い浮かべながら、目玉を付けていきましょう。

筆者は、左から「大きな一つ目モンスター」「フランケンシュタイン」「目玉たくさんモンスター」「おばけ」を想像して目玉を付けてみましたよ。

【ステップ3】模様を描いたり、顔を書いたら・・・完成です!

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

いちごみるく 30秒CM30「かわいいからあげる!」

トロールズ: シング・ダンス・ハグ!