ハロウィンの14のトリビアを誰かに話したくなる

目次 目次

1.ハロウィンの語源はケルトフェスティバルから?

Young happy woman in witch hat and yellow dress sitting among halloween kids

ケルト人とは、中央アジアの草原から馬と車輪付きの乗り物(戦車、馬車)を持ってヨーロッパに渡来したインド・ヨーロッパ語族ケルト語派の言語を用いていた民族である。

出典元:https://ja.wikipedia.org/wiki/ケルト人

何世紀も遡ると、ケルトフェスティバルで「Samhain」と呼ばれていました。これは、現代の私たちで言うと、新年のお祝いのようなものだったそう。10月31から11月1日までフェスティバルが行われました。当時の人たちはコスチュームや動物の皮をかぶって、ごちそうや焚き火や動物の生贄を捧げてお祝いしていたんだとか。それが現在のハロウィンで仮装することに繋がっているみたいです。

2.カボチャのランタンがギネス世界記録に?!

ハロウィン カボチャのランタン

ハロウィンが近づくと、北米ではカボチャのランタン(ジャック・オー・ランタン)を作るので、オレンジのカボチャが大量に販売されます。夜には家の庭や玄関先で、カボチャのランタンが多く点灯しています。アメリカでもポピュラーなイベントになっているハロウィン。アメリカのニューハンプシャー州では、30,581個のランタンが飾られたことでギネス世界記録になりました。

3.アメリカで最も大きなパレード

https://hips.hearstapps.com/hmg-prod.s3.amazonaws.com/images/fascinating-halloween-facts-parade-1596659990.jpg?crop=0.668xw:1.00xh;0.0952xw,0&resize=768:*

VIEW PRESS

アメリカの中で最も大きい言われているハロウィンパレードは、ニューヨークのマンハッタンで行われています。47年間もこのパレードを続けていて、毎年規模も大きくなっているようです。

4.ジャック・オー・ランタンは民話が起源

ハロウィンイメージ

ヒストリー・チャンネルによると、ジャック・オー・ランタン(ちょうちんジャック)はアイルランドの民話から来ているそうです。

悪魔を騙し続けた貧しいジャック。彼は死後、地上を彷徨い歩くことになりました。暗くて道が見えないために、悪魔に渡されたのが火の塊でした。ジャックはその火の塊をカブの中に入れて、ランタンを作り、行く宛のない道を歩いていくのです。そしていつしか、このランタンが死んだ人の魂をあらわすシンボルとなりました。

5.カブからかぼちゃへ変遷した理由

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

いちごみるく 30秒CM30「かわいいからあげる!」

トロールズ: シング・ダンス・ハグ!