段ボールで作る、ハロウィンのおばけ3点セット!【アメリカン・キッズ・アート】

目次 目次

アメリカのハロウィン、今年はどうなる!?

Trick or Treating with Friends

アメリカの秋を代表するイベントといえば、ハロウィン!
9月に入るとお店にはハロウィンのお菓子やコスチュームなどが並び、あっという間に秋到来です。

子どもにとっては楽しみなイベントがたくさんあります。
好きなコスチュームで仮装したり、お出かけ先ではお菓子をもらえたり。
そして何といっても、ハロウィン当日は「トリック・オア・トリート」が待っています。
お家でお菓子を配るのも楽しいですし、お友達と一緒に仮装してお菓子を集める日は、特別な思い出になるんですよね。

しかし今年は、コロナの影響でどうなるのか・・・。

「中止にするべき」という声もあれば、「続けるべき」という声も。
中には、非接触でお菓子を渡すアイデアを提案する人もいます。

例年とは違うハロウィンになることは間違いないですが、子供たちとは何かしらの形でハロウィンを楽しみたいですよね。

そんな2020年におすすめしたいのが、ハロウィンをテーマにしたアートを楽しむこと!
今回は、お家にある段ボールやペーパータオルの芯で作る、可愛いおばけ3点セットをご紹介します。

モチーフは、カボチャのおばけ(ジャック・オー・ランタン)と、フランケンシュタインと、白い普通のおばけです。
フランケンシュタインはおばけではないような気もしますが・・・そこはご愛敬!
この3人が揃うと、ハロウィンの雰囲気が一気に出てきますよ。

準備するもの

★段ボール または ペーパータオルの芯・・・いずれも作品3個分
★ペイント・・・白、緑、オレンジ、黒
☆はさみ・カッター
☆ふで
☆ペン
☆セロハンテープ
☆パレット または 紙皿

※今回は、アクリル・ペイントを使用しました。乾きやすいのでおすすめです。
※オレンジ色がなかったので、筆者は赤色と黄色を混ぜて作りました。

【ステップ1】段ボールを切って、組み立てよう!

段ボールで四角いブロックを作って、色を塗り、可愛いおばけ3点セットを作ろう!
・・・というのが、今回のアート&クラフトの概要です。

四角いブロックを作るのが難しい場合は、ペーパータオルの芯を使って、簡単に丸いおばけを作ることもできます。
丸いバージョンは記事の後半でご紹介しますね。

まず最初に、段ボールにペンでブロックの展開図を書きます。

通常、ブロックは正六面体なので6つの正方形が必要ですが、1面がないほうが色を塗りやすいです。
図のように、4つの正方形を連なって書き、その上に正方形を1つ書くといいでしょう。

線に沿って展開図を切り抜き、図内の線にはカッターで優しく切り込みを入れます。
このとき、段ボールを切り離してしまわないように注意しましょう!

切り抜いた段ボールは組み立てて、内側をテープで留めていきます。

ブロックの大きさはお好みです!
大きな段ボールがあったら大きなブロックを作ってもいいですし。
小さいブロックで作ると、お部屋のオーナメントにもなって、かわいいですよ。

1つブロックが完成したら、同じ大きさで残り2つも作成しましょう。

【ステップ2】ここが楽しい!色を塗ろう!

3つのブロックが完成したら・・・
いよいよここからが楽しいところ!

ジャック・オー・ランタンは、オレンジ色に。
フランケンシュタインは、緑色に。
普通のおばけは、白色に、それぞれ塗っていきます。

しっかりと全部塗ってもOKですが、筆者は段ボールの質感が残るように、ラフに塗ってみました。

【ステップ3】おばけの顔を書いたら・・・完成です!

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「パーラービーズ」で遊んでみた動画

みんなのSDGs