お兄さん、お姉さんになる子どもに読みたい!赤ちゃんのことを考える絵本10選

目次 目次

⑨すき ときどき きらい

すき ときどき きらい

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51kDMV5K0QL._SY460_BO1,204,203,200_.jpg

作:東 君平
出版社:童心社
価格:1430円

急にお兄ちゃんになった男の子の複雑な気持ちを描いた絵本です。

「すき ときどき きらい」というタイトルにとてもよく表現されていますね。

赤ちゃんにやきもちをやいてしまう、新米お兄ちゃんお姉ちゃんの気持ちに寄り添う1冊です。

⑩おねえさんになるひ

おねえさんになるひ

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61KVHN2P8DL._SY434_BO1,204,203,200_.jpg

作:ローレンス アンホルト
出版社:徳間書店
価格:1760円

赤ちゃんが生まれるのを楽しみにしていたソフィーでしたが、実際に生まれてみると想像とは大違い。

赤ちゃんなんかいらない!と泣いているソフィーを抱きしめるお父さんが印象的です。

これからお兄ちゃんお姉ちゃんになる子どもの気持ちを知りたいときに読みたい1冊です。

子どもの気持ちに寄り添ってくれる絵本を選ぼう!

子どもにとって、赤ちゃんが生まれるというのは一大事です。

子どもの気持ちを理解してあげられるような絵本を選んであげましょう。

気持ちの準備をしながら、赤ちゃんの誕生を楽しみに待っていたいですね。