【まとめ】ぶたがでてくる絵本10選|赤ちゃんも楽しいおすすめ作品

目次 目次

①ぶた すきなこといろいろ

https://item.rakuten.co.jp/bookfan/bk-4894235579/

フィンランドの絵本。
ぶたと仲間たちが、それぞれのすきなことを紹介していきます。

この絵本のすばらしいところは、それぞれの「すき」を尊重していること。
自分と他の子のすきなことが違っても、いいですよね!

②スーパーぶたさんですよ

http://shop.tsutaya.co.jp/product-pic/9784861012846/

ボールを思い通りの場所へ投げるのって、子どもにとってはすごく難しいことです。

この絵本に出てくるぶたのピギーも、ぞうのジェラルドのボールを投げて遊びたい!と言います。
「ボールを投げるのには、ワザが必要なのだ」とジェラルドはいいますが、ピギーはおかまいなし!

「間」のおもしろいこの絵本は、ぜひ親子で音読してほしい作品。
ボールをうまく投げることができなかったピギーのリアクションにも注目です。

③こぶたのかばん

https://books.rakuten.co.jp/rb/12247038/

こぶたの「ぐぷた」は、おかあさんにお使いを頼まれます。
頼まれたのは、ケチャップ。

お使いの帰り、困っている人や助けが欲しい人に力を貸していきますが、その度にお礼をもらいます。
すると、もらったお礼でかばんはどんどんパンパンに!

優しいぐぷたと、パンパンに膨らんだかばんに驚くおかあさんのリアクションに注目してくださいね。

④おはなしデコボコえほん さんびきのこぶた

https://books.rakuten.co.jp/rb/13252691/

さんびきのこぶたといえば、誰でも知っているおはなし。
せっかくなら、しかけ絵本で楽しみましょう。

この「おはなしデコボコえほん さんびきのこぶた」は、シンプルでビビットな色使いがおしゃれでかわいい、フランス発の絵本です。

まだおはなしの内容がわからない赤ちゃんでも触って楽しめるから、小さいうちからプレゼントしてあげるのもおすすめ。

ストーリーが理解できるようになってまた楽しみ、大きくなってもデザインに癒される、そんな絵本です。

⑤はやくちこぶた

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

いちごみるく 30秒CM30「かわいいからあげる!」

トロールズ: シング・ダンス・ハグ!