【東京】都内の室内遊園地 おすすめ6選|天気や気温を気にせず出かけよう!

目次 目次

室内遊園地に持って行くと便利なもの!

室内型遊園地には体を動かして遊ぶタイプのアトラクションが多いため、動きやすい服装を心がけましょう。
また、日光に照らされたり砂埃で汚れる心配こそないものの、体を動かしていると汗をかくので、念のため替えの下着やタオルを持っていくと便利です。

施設によってはマスクの着用が義務付けられている場合もあります。
マスクの着用が可能な年齢の子どもを連れていく場合は、替えも合わせて何枚かのマスクと、マスクケースを持っていくと良いでしょう。

① リトルプラネット ダイバーシティ東京 プラザ

https://litpla.com/attraction/zaboom/

りんかい線・東京テレポート駅徒歩3分の「リトルプラネット ダイバーシティ東京プラザ」は、”遊びが学びに変わる”をコンセプトとした次世代型テーマパーク!

光と音の楽しい演出で子どもを夢中にさせるボールプールや、ARで山や川をつくって遊べる砂場など、デジタル技術を駆使した最新アトラクションが満載です。

アトラクションごとに決まった遊び方はなく、アイデア次第でさまざまな楽しみ方ができますよ♪
頭と体を同時に使いながら遊べるアトラクションばかりで、子どもの好奇心や創造力を自然と刺激してくれます。

② 東京ドームシティ ASOBono!

https://www.tokyo-dome.co.jp/asobono/

JR、都営三田線・水道橋駅すぐ近くの「ASOBono!」は、東京ドームシティ内にある屋内型キッズ施設です。

施設内はそれぞれ海・森・駅・街をテーマとしたエリアに分かれており、ボールプールやクライミング、ツリーハウスなどさまざまなアトラクションを楽しめます♪

トミカやプラレールで遊べるエリアや、おままごとができるエリアもあり!
0~24ヵ月のベビー専用エリアも完備されており、赤ちゃんも安心して遊べます。

③ キッズパーク&カフェ CULAFUL(キュラフル)

https://culaful.com/culapark/

「キッズパーク&カフェ CULAFUL(キュラフル)」は、2020年8月にオープンしたばかりのキッズ向けエンターテイメント施設!

大自然をテーマとした遊び場は「マウンテンエリア」「フォレストエリア」「シーエリア」「ファームエリア」の4つに分かれており、木をイメージしたツリーネットや海をイメージしたボールプールなど、多彩なアトラクションが用意されています。

1~6歳の子どもの一時預かり機能を備えたキッズルームや、ピクニック気分を楽しめるメニューが満載のカフェも併設♪

都心にありながらどこかゆったりとした時間が流れ、大人も子どもものんびり過ごせる施設です。

④ サンリオピューロランド

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

いちごみるく 30秒CM30「かわいいからあげる!」

トロールズ: シング・ダンス・ハグ!

スペシャル

年齢

カテゴリー

ランキング

VS投票

投票する

アンケート

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?
・アンパンマン
・しょくぱんまん
・カレーパンマン
・めいけんチーズ
・メロンパンナちゃん
・ばいきんまん
・ドキンちゃん
・あかちゃんまん
・てんどんまん
・ホラーマン
アンケートに答える

プレゼント

ご応募はこちら