3歳におすすめ!プレゼントでも喜ばれる知育玩具3選!

目次 目次

3歳の知育玩具の選び方

3歳になると、手先もそれなりに起用に使えるようになったり、言葉をある程度操れるようになります。

また「自分で考えて物事を決める」ということができるようになる為、独創性・想像力を育んで行くには絶好のタイミングです。

その為、3歳の玩具選びは今後の成長に大きく関わると言っても過言ではないぐらい重要になります。

ただ、遊ぶだけでなく、「これはどうなっているんだろう?」と考える力をつけ、更には遊びながら創意工夫が出来るのが3歳ごろの特徴になりますので、創造性を引き出す玩具を選んであげましょう。

プレゼント選びにも使える!3歳におすすめする知育玩具を3選紹介!

ここでおすすめするのは世界的にも有名な玩具「マグ・フォーマー」ごっご遊びに最適な「IKEAのおままごとキッチン」絵本で馴染み深い「はらぺこあおむしメモリカード」の3つです。それでは何故おすすめなのか一緒に見ていきましょう。

世界65ヵ国で有名な数字ブロックボーネルンド マグ・フォーマー (MAGFORMERS) ベーシックセット [62ピース]

テレビCMもやっていて知名度の高い数字ブロック「マグ・フォーマー」は空間把握力、数字的センスなどを刺激する玩具として世界中の教育現場でも注目を浴びております。

カラフルなピースが磁石の力であらゆる方向に接続することができるので、2次元から3次元を行き来するような作りなど年齢に応じて楽しむことが可能です。

マグ・フォーマーで遊ぶことで立体への感覚・色彩感覚を身につけることができ、くっつけったり離したりする動作は手先の知育にもなるので、3歳ごろにプレゼントするには最適な玩具になります。

また、自分で「作った」や「できた」という達成感を味わうことができるので、自信にも繋がり積極性を育むことも可能です。

ただし、有名な知育玩具で知名度が高いため「類似品」が出回っているため購入する時は注意が必要です。

類似品は安価なものもありますが質が悪いものが多く決しておすすめできません。

日本で購入する時は「ボーネルンド社」から出ている正規品を購入するようにし、類似品は買わないように気を付けましょう。

商品情報
参考価格 13,200円
ブランド ボーネルンド社

マグ・フォーマー 62ピース

https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/flclover/cabinet/bornelund/imgrc0081410601.jpg

3歳にちょうど良い大きさIKEAのDUKTIG おままごとキッチン

3歳頃になれば簡単なごっご遊びをすることができます。その中でもキッチンを使ったおままごとセットは子どもにも喜ばれること間違いないですし、料理の真似事をすることで「どんな料理を作ろうかな?」と思考力の向上にも効果的です。

おままごとキッチンは種類が豊富で悩む人も多いかもしれませんが、おすすめなのは「IKEAのおままごとキッチン」です。

3歳~4歳が立って使うにはちょうど良い高さで、かなり大きいので玩具の収納箱としても機能します。質が高く、他のおままごとキッチンと比べても値段も安いため、よほど部屋が狭くて置けない理由がないのであれば、買わない手はありません。

おままごとセットで何を買うか迷ったときは是非この商品を検討してみてください。

商品情報
参考価格 13,980円
ブランド IKEA

IKEAのDUKTIG おままごとキッチン

https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/nnmart/cabinet/product/04180063/imgrc0064958254.jpg

はらぺこあおむし メモリーゲーム

メモリーゲームとは簡単に言えば神経衰弱のようなカードゲームであり、記憶力を鍛える知育玩具としても人気があります。絵本で馴染み深い「はらぺこあおむし」からもメモリーゲームが出ており、子どもでも簡単に受け入れることができるでしょう。

絵本の主人公あおむしをはじめ、美味しそうなお菓子、チョウチョなど絵本で出てきたシーンを思い出すイラストカードでゲームを楽しむことができます。

神経衰弱と同じようにカードの枚数で勝敗が決まるため、子どもはお気に入りのカードを取るために一生懸命に。記憶力はもちろん集中力も鍛えることが可能です。3歳向けの知育玩具として取り上げましたが、大人でも楽しめるゲームとなっているので、親子一緒に楽しめます。

商品情報
参考価格 968円
ブランド コンセル

はらぺこあおむし メモリーゲーム

https://shop.r10s.jp/thrive/cabinet/03107935/eric_memory_image.jpg

まとめ

プレゼントにも喜ばれる3歳におすすめする知育玩具を3つ紹介しましたがいかがでしたか?

子どもは3歳を過ぎたころから「どうなっているの?」や「どうしたらできるんだろう?」という論理的思考がどんどん発達していく時期です。

その時に作りたい!知りたい!やってみたいという気持ちを満たしてくれる玩具でたくさん遊べばスポンジのように物事を吸収する子どもたちの力を更に引き出してあげることができます。

この記事では大人も遊べる玩具も紹介しましたが、子どもと遊べる時期はごくわずかですので、可能な限り一緒に遊んで共に成長していってください。

また、3歳は様々な能力が育つ時期であり、個人差が大きく目立つ時になります。子どもの個性を大切にしつつ、楽しくその子の能力を引き出す玩具を選ぶことを大切にしていきましょう。