【DIY】ペットボトルで!水遊びおもちゃ8選│シャワーや水鉄砲の作り方を動画でご紹介

目次 目次

ペットボトルで作る水遊びおもちゃの魅力

少ない材料でおもちゃを作れる

ペットボトルでおもちゃを作るときは、ほかに用意する材料が少なくて済む、というのが最大の魅力。
カッターや目打ち、ビニールテープやビニールひもなどがあれば、いろいろなおもちゃが作れちゃいますよ♪

水遊びで使うおもちゃを作るときは、水に強い強力なビニールテープを用意するのがおすすめです。

DIY初心者でも簡単に作れる

作業工程がとても簡単なのもうれしいポイントですね。
カッターで切る、目打ちで穴を開ける、ビニールテープで巻いたりつなげたりするだけで、あっという間におもちゃの完成!

おもちゃを作ったことがないDIY初心者でもできるので、初めてのおもちゃ作りにもおすすめです。
デコレーションは子どもにお任せしても良いですね♪

キャップも使える!

ペットボトルでおもちゃを作るときは、ペットボトル本体だけでなくキャップも使えますよ!

キャップをつなげて「はらぺこあおむし」のプルトイにするなど、アイデア次第でいろいろなおもちゃを作ることができるので、捨てずにぜひ活用してみてください。

小さなお子さんがいる場合は、口に入れないサイズに加工するなど、工夫してくださいね。

① ペットボトルシャワー

0歳から幼児まで幅広い年齢で使えるのが、ペットボトルのシャワー。
水遊びのシーンではひとつは用意しておきたいアイテムですね!

好みのサイズのペットボトルとビニールテープ、ひもがあれば簡単に作れますよ♪
底に穴を開けなければバケツとしても使えるので、シャワーとは別に用意するのもおすすめです。

② びっくりシャボン玉


ペットボトルと履き古した靴下で作るびっくりシャボン玉は、水遊びでも盛り上がること間違いなし!
息をふーっと吹けるようになった1歳ころから遊べます。

動画ではシャボン液の作り方も紹介しているので、参考にしてもこもこの泡を作ってみてくださいね♪

③ 水鉄砲


マヨネーズの空き容器を使った水鉄砲も簡単でいいのですが、ペットボトルと空気入れを使って作る水鉄砲は本格的!
本格的なのに、用意するものはペットボトルと空気入れ、ストローとビニールテープだけというのもうれしいですね。

空気入れを付けなければ、ストローを吹いて噴射させる水鉄砲ができますよ♪

④ 噴水

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

トロールズ: シング・ダンス・ハグ!