藤井聡太棋士も遊んでいた「NEW スタディ将棋」は自然にルールを覚えられて入門に最適

目次 目次

空前の将棋ブーム!でも……

藤井聡太棋士が14歳でプロ入り後、17歳11ヶ月という史上最年少でのタイトル獲得の快挙を成し遂げたのが2020年7月。
女流棋士の活躍やベテラン棋士のYouTubeチャンネル開設など、将棋界はニュースに事欠きません。
「将棋人口1000万人時代」と言われ、将棋人口の4分の1は10代が占めているというデータもあり、ここ数年、空前の将棋ブームが来ていると言われています。

お子さんが将棋に興味を持っている、または興味を持ってほしいと思っている親御さんは多いと思います。
でも、自分自身が将棋で遊んだことがない、ルールがよくわからないという理由で将棋に触れる機会をなかなか与えられない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

身近に将棋に詳しい方がいればいいのですが、やはり子どもと一番接することが多い親御さんとしては、自分でもある程度ルールは知っておきたいですよね。

身近に将棋のわかる方がいれば良いのですが……

「NEW スタディ将棋」で楽しくルールを覚えよう!

今回紹介する「NEW スタディ将棋」は、お子様はもちろん、親御さんも一緒に楽しくルールが覚えられる、将棋入門にもってこいのおもちゃです。
対象年齢は5歳以上となっています。

なんと藤井聡太棋士が5歳のときに使っていたのも「NEW スタディ将棋」だったそうです。
夏に祖母にルールを教えてもらい、秋には将棋を指せる祖父が勝てなくなるほどの成長を遂げたそうですが、「NEW スタディ将棋」がルールを覚える助けになったことは間違いないでしょう。

「NEW スタディ将棋」には、どのようにルールを覚えやすい「仕掛け」があるのでしょうか?
その特長を詳しく紹介します!

藤井聡太棋士も遊んだ「NEW スタディ将棋」

出典元:https://www.amazon.co.jp/

「NEW スタディ将棋」の内容物

「NEW スタディ将棋」は2019年にリニューアルしました。
以前と変わったのは、初心者向けではあるものの「対局で勝てる」ための「スキルアップブック」が追加されたことです。
ルールだけではなく、実際にどう動かせば勝つことができるか、までのサポートができる商品になっています。
また、駒や将棋盤が木製なので、手触りや耐久性の面で評価されています。

1.将棋盤(1面)
駒を置いていくプレイボードです。縦9×横9の計81個、マス目が描いてあります。

2.駒(40枚)
8種類あり、1人20枚ずつ使います。
よく見る将棋の駒と違い、動かし方が描いてあります。

3.駒台(1組)
駒を入れるケースです。

4.解説書(1部)
将棋の基礎知識や駒の動かし方、対局時のルールなどが解説されています。

5.スキルアップブック(1部)
対戦で勝つためのテクニック集です。

コンパクトに収納できる

出典元:https://www.amazon.co.jp/

ポイントは一目で動かし方がわかる「駒」

「NEW スタディ将棋」の最大のポイントは、通常とは違う「駒」です。
駒の役割によって、盤面をどのように動かすことができるか矢印がついているのです。
もちろん基本的な動かし方と役割は「解説書」に書いてあるので、 最初はそれを見ながら動かしてみることになります。

最初は「解説書」にある「歩なし将棋」を一手ずつ打って、ルールを覚えましょう。
12手目まで自分と相手の動かし方が書いてあるので、その先はルールを確認しながら動かしてみることで、対戦の練習をすることができます。

一人で遊ぶ場合は、こちらも「解説書」にある「詰め将棋」(後一手で勝敗が決定する状態から始める)の例を見ながら考えてみると良いでしょう。全部で7問あり、答えもついているので少しずつ慣れることができます。

普通の将棋とは違い、動かすことのできる方向が描いてある駒

出典元:https://www.amazon.co.jp/

スキルアップブックで対戦に勝とう!

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

いちごみるく 30秒CM30「かわいいからあげる!」

奥野壮が「3Dドリームアーツペン」で遊んでみた動画【おもレポ FILE.07】

スペシャル

年齢

カテゴリー

ランキング

VS投票

投票する

アンケート

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?
・アンパンマン
・しょくぱんまん
・カレーパンマン
・めいけんチーズ
・メロンパンナちゃん
・ばいきんまん
・ドキンちゃん
・あかちゃんまん
・てんどんまん
・ホラーマン
アンケートに答える

プレゼント

ご応募はこちら