たくさん言葉が覚えられる!幼児用かるたおすすめ10選|人気キャラクターや便利な読み上げ機能付きまで

目次 目次

かるたで遊ぶと知育効果が期待できる!

かるたとは、読み手が話す内容に合ったイラストのカードを取る遊び。
読み手の話を聞く「集中力」や、その内容をイラストでイメージする「想像力」、見つけたものをすぐに取る「反射神経」などが鍛えられ、一連の動きだけでたくさん頭を使います。

何度も繰り返し遊ぶことで、読み手の話す内容とカードを覚える「記憶力」も身につきます。
そして必ず「競う相手」がいるのも、「競争心」や「協調性」、「遊びのルール」を覚えるのにうってつけ。

まさに幼児の知育にぴったりのおもちゃなんです!

幼児向けかるたの選び方

かるたはとにかく種類が多く、探すだけでも大変です。
そこで、幼児向けかるたを選ぶときの3つのポイントをご紹介します。

幼児が好きな絵本やキャラクター

かるたは、人気のキャラクターや絵本をモチーフにしたものがあります。
読み札はその世界観にぴったりの言葉が選ばれているので、はじめてでも「これ知ってる!」とすぐにイラストを見つけられますよ。
かるたではじめて遊ぶお子さんにおすすめ。

幼児が興味のあるテーマ

「乗り物」や「恐竜」、「ことわざ」など、テーマに沿ったかるたがあります。
読み札には豆知識が使われていることが多いので、知育要素をプラスさせたい方におすすめ。
お子さんの好きなテーマのかるただと、やる気満々になってくれますよ!

小さいお子さんには角が丸いものを

かるたは色々な形がありますが、特に小さなお子さんにおすすめなのが「丸いかるた」です。

かるたは早い者勝ちのゲームでもあるので、つい白熱しがち。
四角いカード型のかるただと、手に刺さったり飛んだカードが目に入ったりする危険があります。
角がない、もしくは角の丸いものを選んでおくと安心です。

幼児用かるたおすすめ10選

それでは、幼児用かるたのおすすめ商品を10個ご紹介します。
商品名の前におすすめの年齢を記載しているので、参考にしてみてくださいね。

【1歳~】リングカード・あいうえお

リングカード・あいうえお (リングカード・シリーズ) (日本語) ハードカバー

出典元:Amazon

赤ちゃんの手にフィットするような、お豆のように可愛い形のリングカード。
かるたをする前に、出先で単語を楽しく覚えられます。

リングは子どもひとりでは外せないので、誤飲や怪我の心配がなく安心。
大人なら簡単に外せるから、カードをバラバラにして床に並べると、かるた遊びがすぐに始められます。
読み札はないので、「〇〇ちゃんが好きなものはどーれ?」「お空になるものなーんだ」など、お子さんがわかりやすい声掛けで遊べますよ。

【2歳~】脳がすくすく!アンパンマンとカードであそぼう!

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

トロールズ: シング・ダンス・ハグ!