あの日産が本気でデザインしたトミカの「GT-R」が超カッコいい

目次 目次

1970年から50年、子ども達の憧れを形にしてきたトミカ

「子ども向け車のおもちゃ」と言ったら真っ先に思い浮かぶのが「トミカ」だと思います。
実際の車を模した手のひらサイズのミニカーは、気軽に「ごっこ遊び」に使うことができる大きさでありながら本格的で
「いつか、こういう車に乗りたい」
と憧れてきた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

その「トミカ」が2020年で50周年を迎えました。
2020年1月までに1,050以上の車種を販売、累計販売台数は6億7,000万台を超えています。

かつて夢中になって遊んだ子ども達が大人になり、更にその子ども世代へと受け継がれています。
いまやトミカは、広い世代で思い出を共有できるおもちゃなのです。

トミカ50周年

出典元:https://www.takaratomy.co.jp/

50周年を記念したイベントが続々!

2020年はトミカ50周年ということで、様々なイベントが企画されています。
一部は残念ながら新型コロナウイルスの感染拡大防止のため中止や延期となっていますが、 はとバスによる「リアルトミカ号」ツアーや50周年記念アニメ「トミカ絆合体 アースグランナー」 の展開など、好評を博しています。

その中で、今回紹介する商品に関係するのが
「トミカ50周年自動車メーカーコラボプロジェクト」
です。

はとバスツアーでもらえる非売品トミカ(イメージ)

出典元:https://www.takaratomy.co.jp/

トミカ50周年自動車メーカーコラボプロジェクト

「トミカ50周年自動車メーカーコラボプロジェクト」とは、日本の自動車メーカーである

・株式会社本田技術研究所
・トヨタ自動車株式会社
・日産自動車株式会社

の3社が、トミカのデザインを考えるという企画です。
普段実車のデザインを担当している方が作ったトミカというだけで期待度が上がりますが

「Honda シビック TYPE R」
「トヨタ GR スープラ」
「日産 GT-R」

と、それぞれ「走り」に自信のある車種を選んでいるところが更に期待感アップですね!

「Honda シビック TYPE R トミカ50周年記念仕様 designed by Honda」は2020年4月に発売、
「トヨタ GR スープラ トミカ50周年記念仕様 designed by Toyota」は2020年6月に発売、
そして「日産 GT-R トミカ50周年記念仕様 designed by NISSAN」が2020年8月に発売されました。

「トミカ50周年自動車メーカーコラボプロジェクト」

出典元:https://www.takaratomy.co.jp/

「日産 GT-R トミカ50周年記念仕様 designed by NISSAN」ができるまで

このプロジェクトが発表されたのは2020年1月でしたが、それ以前から各メーカーが社内でデザインをコンペし、決定したデザインで実際に商品を開発するという流れでした。
日産の場合は、2019年9月に実施されたコンペの様子が動画に記録されています。
他のデザイン案もとても格好よく見えますが、1970年代後半から1980年代にかけて人気だったデザインを採用したところに、担当者の並々ならぬ思い入れが感じられます。
トミカはカーレースで日産のスポンサーもしており、その縁もあったようです。

実車両もトミカと同じデザインでラッピングしており、こちらも格好いいです。

商品の紹介

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

トロールズ: シング・ダンス・ハグ!