【公文の知育おもちゃ】で楽しく遊ぼう♪1~2歳におすすめのアイテムをシリーズ別にご紹介

目次 目次

「できる」シリーズ

できるシリーズは、学びの土台となる力を遊びの中で育むおもちゃです。

①くもんのジグソーパズル STEP1大好き動物

引用元:Amazon

年齢や成長に合わせて7つの難易度から選べるジグソーパズルのシリーズ。こちらは1歳半頃から始めるのにぴったりなSTEP1です。可愛い動物の絵柄で、最小2ピースから6ピースのパズルが合計8枚のセットになっています。完成させる達成感・集中力・作業力を高めていける知育おもちゃです。幼児でも扱いやすい大きさと厚みのピースとなっており、丈夫で繰り返し何度も遊べます。

②ジャラットプレート

引用元:Amazon

つまむ・向きを合わせて入れる・レバーをたおすという動きを習得できるおもちゃです。レバーをたおすと、入れたプレートがジャラジャラと出る仕組みで、夢中で繰り返すと集中力や手指の器用さが養われます。10色のプレートには数字のシールが付属されており、年齢や成長に合わせて色の名前や数字も学べます。

③くろくまくんのかたちあわせトラック

引用元:Amazon

『Baby Kumon(ベビークモン)』のキャラクター、くろくまくんの可愛いトラックの知育おもちゃです。4枚のプレートと12個のピースが付属しており、好きなプレートをトラックの荷台にセットして形のあったピースを入れます。そしてトラックのボタンを押してみると、「ドッシャーン!」と荷台が上がりピースが飛び出してくる仕組みです。この「ドッシャーン!」が楽しくて何度も遊ぶうちに、様々な形の認識・集中力・手指の器用さを養えます。4段階の難易度が設定されているので、成長に合わせて少しずつ達成感を味わうことができるでしょう。

「身につく」シリーズ

身につくシリーズは、学習につながる感覚や知識を、遊びながら身につけるおもちゃです。

①絵あわせきしゃポッポ あいうえお ~ひらがな~

引用元:Amazon

ピースとボードに書いてある文字や絵をあわせてはめていくことで、自然とひらがなに対しての興味を育み、少しずつ覚えていくことができるおもちゃです。5枚のボードは表と裏の両面で遊ぶことができ、ボードどうしをパズルのようにつなげることもできます。1枚のボードは9~10のピースで完成し、小さな子どもでも「できた!」という達成感を感じられやすい知育おもちゃです。適度にこなせるようになると2人以上で競争もできます。成長に合わせて遊びの幅を広げてみてもいいかもしれません。

②磁石あいうえお盤

引用元:Amazon

ひらがなが書いてある磁石のコマを、ひらがなの50音が書いてある盤に並べる知育おもちゃ。単純ですが磁石がくっつく感覚が面白くて夢中になって遊ぶことが出来ます。裏面は50までの数字になっていて、遊んでいるうちに自然とひらがな・文字の並び・数字の並びが身につきます。まずはコマを並べる遊びから行い、完成したら一緒にコマを1つずつ指差ししながら音読してみてはいかがでしょうか。

③はじめてのひらがなボード

引用元:Amazon

水で書けるペンを使用して、線を引く練習や一筆で書ける簡単なひらがなを10文字書けるように導くおもちゃです。少しずつレベルを上げながら、鉛筆を使いこなして思い通りに線を引く力を身につけます。表裏両面書けるボードが4枚入っており、水で書くペンは服や手が汚れることなく、乾かすと消える仕様なので何度でも繰り返し練習することができます。

まとめ

公文の知育おもちゃは、子どものいろいろな力を育んでくれます。3歳以上を対象とした「かんがえるシリーズ」もあるので、興味や成長に合わせて選んでみてはいかがでしょうか。まだまだ小さいお子さまですのでうまくできない事もあることでしょう。そんなときはママやパパがさりげなくサポートをしてあげてくださいね。親子の触れ合いも増え、楽しく学べる環境を作ってみると子どもの意欲もアップするかもしれません♪

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

いちごみるく 30秒CM30「かわいいからあげる!」

トロールズ: シング・ダンス・ハグ!

スペシャル

年齢

カテゴリー

ランキング

VS投票

投票する

アンケート

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?
・アンパンマン
・しょくぱんまん
・カレーパンマン
・めいけんチーズ
・メロンパンナちゃん
・ばいきんまん
・ドキンちゃん
・あかちゃんまん
・てんどんまん
・ホラーマン
アンケートに答える

プレゼント

ご応募はこちら