家族で楽しめるクレヨンしんちゃん映画のおすすめ6選|家族愛や友情が描かれた作品を厳選

目次 目次

爆睡!ユメミーワールド大突撃(2016年公開)

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/915v0ETH5zL._SX450_.jpg

ある日、春日部の住民達に「同じ悪夢を見る」という怪奇現象が起こります。
その頃、かすかべ防衛隊が通う幼稚園へ、少女サキが転入してきます。

実は悪夢を見る怪奇現象は、サキの父親が、娘を悪夢から守るために起こした現象だったのです。

サキの両親を通して、母親の深い愛情と父親の過保護だけど少し不器用な愛情が描かれています。
母親の気持ちを、みさえが熱く語るシーンも必見です。

全体的に笑えるシーンがとても多い映画です。
しかし、描かれている家族愛や不器用な父親の愛情にはとても感動します。家族全員で楽しみたい作品のひとつです。

電撃!ブタのヒヅメ大作戦(1998年公開)

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81kIFmTyK3L._SX450_.jpg

こちらの作品は、20年以上前に公開されたクレヨンしんちゃん映画です。
今ではすっかりお馴染みの、かすかべ防衛隊やぶりぶりざえもんなどが初登場しています。

アクションシーンや笑えるシーンが多い一方で、数々の名言や感動シーンが盛り込まれている映画です。

ぶりぶりざえもんと別れる最後のシーンでは、しんちゃんの涙に思わず涙を誘われてしまいます。

嵐を呼ぶ 夕陽のカスカベボーイズ(2004年公開)

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81G1eU8NNnL._SX450_.jpg

こちらの作品では、かすかべ防衛隊が西部劇の世界へ連れ去られてしまいます。
かすかべ防衛隊のみんなは、徐々に記憶をなくし普通に生活をし始めます。

一方、行方不明になったしんちゃんを探しに、野原一家も西部劇の世界にやってきて一緒に帰ろうと頑張ります。
同時に本作品では、しんちゃんの本気の恋愛模様が描かれています。

他のクレヨンしんちゃん映画と比較しても、笑い要素は少なめとなっています。
しかし、謎めいた展開やしんちゃんの恋模様に引き込まれ、思わず涙してしまう作品です。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、クレヨンしんちゃん映画の中でも、特に家族と楽しめる映画を6作品ご紹介しました。

どの作品にも家族愛や友情がたくさん描かれており、家族全員で鑑賞したい作品ばかりです。
是非、お菓子やジュースを用意して、家族みんなで秋の夜長に映画鑑賞を楽しんでみて下さいね。

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

Rakuten ABCmouse × おほしさまちゃんねる|ハピクラワールド

Rakuten ABCmouse × ひなゆめワールド|ハピクラワールド

学びの秋を応援!楽しく学べる楽習教室「ドラキッズ」

奥野壮が「WHO are YOU? ポケモン」で遊んでみた動画

スペシャル

年齢

カテゴリー

ランキング

VS投票

投票する

アンケート

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?
・アンパンマン
・しょくぱんまん
・カレーパンマン
・めいけんチーズ
・メロンパンナちゃん
・ばいきんまん
・ドキンちゃん
・あかちゃんまん
・てんどんまん
・ホラーマン
アンケートに答える