ノンタンの絵本は世代超えた愛読書!数あるミリオンセラー作品からおすすめをご紹介

目次 目次

ノンタンシリーズの記念すべき1作目!不動の人気を誇る《ノンタン ぶらんこのせて》

ノンタン ぶらんこのせて

出典元:楽天ブックス

《ノンタン ぶらんこのせて》は、ぶらんこを独り占めしているノンタンに、仲間たちが「10まで数えたら順番を変わろう」ということを提案し、最終的には、みんな仲良く順番を守ってブランコで遊ぶようになるというお話です。

この物語には、ノンタンは数字の数え方がわからなかったため、数字を数えてブランコ交代したくてもできなかった、という秘密が隠されています。
その事実を知ったお友達たちは、ノンタンに数字の数え方を教えてあげるのです。

1、2、3・・・と10まで普通に数字を数えていくのですが、最後に「おまけのおまけのきしゃぽっぽ♪ぽーっとなったらかわりましょ!」というセリフが登場します。

この言葉はお子さんとの日常生活でも使えますし、順番を守る大切さを楽しみながら教えられるのでとってもおすすめ!数字を数える勉強にもなるのもいいですね。

お子さんが眠る前の一冊にぴったり《ノンタン おやすみなさい》

ノンタン おやすみなさい

出典元:楽天ブックス

「夜になったら寝ましょうね♪」ということをお子さんに伝えられる作品です。

夜になったのになかなか眠れないノンタン。「あそびましょ」とみんなを誘いますが、断られてしまいます。
唯一起きていたふくろうくんと暗闇の中おにごっこをすることに。しかし、ノンタンはあたりが暗いせいで転んでしまい泥だらけになってしまいます。
最後はノンタンが「夜は遊ばずに寝たほうがいい」ということを理解するお話です。

夜なかなか眠りたがらないお子さんには、夜眠る前にこの本を読むことを習慣にしてみてはいかがでしょうか?「ノンタンもおやすみしたからそろそろ寝ようね」などと声がけしてあげると、お子さんも寝るようになるかもしれませんね♪

登場するキャラクターのセリフがおもしろい!《ノンタン およぐのだいすき》

ノンタンおよぐのだいすき 

出典元:楽天ブックス

パパやママがキャラクターになりきって読み聞かせしてほしいのがこちら!

物語の内容は、迷子になったカメさんのママをノンタンとうさぎさんたちが探してあげるというもの。途中でいろんな海の生き物が登場するので、見ているだけでワクワクします。

また、「とってんとってん」や「ぱしゃぱしゃ」など、擬音語や擬態語がたくさん出てくるのもこの作品の特徴です。
絵本に登場するキャラクターの表情が豊かなうえに、色鮮やかなイラストが描かれているので、読み聞かせはもちろん、お子さん自身に読ませてあげるのもおすすめ!

楽しくトイトレができちゃう!《ノンタン おしっこしーしー》

ノンタンおしっこしーしー 

出典元:楽天ブックス

そろそろトイレトレーニングを…と考えているパパやママにぴったりな絵本が《ノンタン おしっこしーしー》です!

ノンタンのお友達のうさぎさんやたぬきさんがトイレで上手におしっこをしている様子が描かれています。
おしっこをするときは「しーしー」という音で表現されているので、言葉を真似させて“トイレの練習が楽しいもの”とお子さんに教えられる点がいいですね。

この絵本を読むことでお子さんが「いつか上手にトイレでしーしーできるといいな♪」と思ってくれるかもしれません!

毎日読むことでお子さんが自然とトイレに興味をもつようになることが期待できますよ♪

かわいいイラストを見ながらボールを追いかけよう!《ノンタン ボール まてまてまて》

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

トロールズ: シング・ダンス・ハグ!