気持ち晴れ晴れ!サンシャイン・オーナメントを作ろう!【アメリカン・キッズ・アート】

目次 目次

サンシャインのアートは、気分を楽しくしてくれる!

太陽 アイコンマークセット

アメリカの子どもたちが楽しむアート&クラフトの現場で人気なのが、こちら。
太陽です!

太陽はSun(サン)、太陽の光はSunshine(サンシャイン)。
アメリカでは「サンシャイン・アート&クラフト」や「サン・クラフト」などと呼ばれ、さまざまなアイデアがあるんですよ。

特に、紙皿を使ったクラフトは種類が豊富。
丸い形をそのまま活かしたり、お皿のひだを太陽光線に見立てることが多いようです。

今回は、そんな人気のサンシャイン・アートの1つをご紹介します。
半分に切った紙皿を太陽に見立て、そこからレインボーが流れ出ている、というキュートなデザインです。

オーナメントとして子供部屋のドアに飾ったり、テルテル坊主の代わりに窓際に飾ったり。
ちょっとそこにあるだけで、気分が晴れ晴れ!
とっても可愛くて、とっても簡単に完成するアートなんですよ。

準備するもの

★紙皿・・・1枚
★リボン・・・お好みで
★動く目玉パーツ・・・2個×2
☆ペイント・・・黄色と赤
☆ふで
☆のり
☆セロハンテープ
☆はさみ
☆パレット または 紙皿

※1枚の紙皿で、2つのサンシャインができます!2つ作成する場合は、目玉を2セット用意しましょう。

※リボンをレインボーに見立てるのですが、7色にこだわらなくても大丈夫。筆者はリボンの切れ端セットを購入して、そこから個性的なリボンを使用してみました。

※動く目玉は、アメリカでは「グーグリーアイズ」と呼ばれていて、必須のクラフトアイテムです!もし手に入らない場合は、ペイントで目玉を書いてもよいでしょう。

【ステップ1】紙皿をカットして、色を塗ろう!

半分にカットした紙皿を「太陽」に見立て、
そこからリボンの「虹」が流れ出る!
そんな可愛いサンシャインのオーナメントを作ろう!というのが、今回のアート&クラフトの概要です。

まず最初に、紙皿を半分にカットします。

次に、黄色いペイントで太陽を塗っていきます。
全部をベタ塗りしてもいいですし、太陽光線のところに色むらを作ってもGood!

また、紙皿の表に塗っても、裏に塗っても、どちらも可愛く仕上がります。
特に難しいペイントではないので、小さい子どもも自由に楽しめるでしょう!

【ステップ2】ここが楽しい!太陽の顔を作ろう!

黄色いペイントが乾いたら、いよいよここからが楽しいポイント!
太陽さんのお顔を作りましょう。

動く目玉(グーグリーアイズ)がある場合は、目玉をのりで貼り付けます。
このとき、目を近づけたり、離したりすることで、顔の表情がかなり変わります!
「どこがいいかな」なんて、子どもと相談しながら進めると楽しいでしょう。

次に、お口。
筆者は赤のペイントでにっこりスマイルを書きましたが、丸いお口なら驚いた表情になりますし、舌をペロリと出してもOK!

眉毛も書きたい?
それも素敵ですね!

気持ちの赴くくままに、かわいいお顔を作ってみるといいでしょう。

【ステップ3】虹を作ろう!

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

トロールズ: シング・ダンス・ハグ!