【東京&東京近郊】防災体験ができる無料スポット8箇所!【おでかけ】

目次 目次

防災体験スポットとはどんな施設?

https://tokyo-bskan.jp/bskan/honjo/

各都道府県には、国や地域が設置している防災意識を高めるための施設があります。
実際に体験したりすることで、より実際に近い経験を得ることができるでしょう。

特に子どもの場合は、言葉で聞いていても興味も低く、実感が持てません。経験がないので、想像もできません。

そこで、楽しみながら学べるように工夫された防災体験スポットが役立ちます。
クイズ形式・ゲーム形式などさまざまな工夫により、子どもでも理解しやすい工夫が施されています。

また、子どもだけではなく大人もいざという時に役立つ知識を身につけることができます。
無料で体験できるスポットばかりなので、お出かけにはぜひおすすめ!

なお、体験によっては年齢制限が設定されている事が多いので、事前に体験できるかどうか確認しておくのが良いでしょう。

①【東京都墨田区】東京消防庁 本所防災館

https://tokyo-bskan.jp/bskan/honjo/

東京消防庁が運営している防災館です。1~4階の大きな施設の各階に見学コーナーや展示があります。
すべて無料で体験可能な、子どもたちにも大人気の場所です。

シアターで映像を観た後に、さまざまな体験コースや消火・応急手当コース、雨風・水害コースなど、インストラクターが案内するコースが設けられています。

そして、応急手当、消火体験、暴風雨体験、地震体験、VR体験、煙体験など各種体験コーナーも充実。
特に都市型水害体験は、他にはないオリジナルの体験コーナーです。

個人利用の場合は予約なしでも体験可能ですが、電話での事前予約をすると安心です。

錦糸町駅や押上駅から徒歩10分程の場所にあります。


◎開館時間:9時~17時(受付16時半まで)
◎休館日:毎週水曜日、第3木曜日、年末年始

②【東京都豊島区】東京消防庁 池袋防災館

https://tokyo-bskan.jp/bskan/ikebukuro/

池袋駅から徒歩5分のところにある池袋防災館。
1時間40分の基本コースでは、地震と煙、消火、視聴覚教室もしくは救急など、防災に関して学べます。

毎週金曜日に1日2回(2020年9月現在、2回目はコロナウイルスの影響で休止中)のナイトツアーを行っており、17時以降にも行ける施設です。
本所防災館と同様に、体験コーナーには年齢制限があるので注意してください。

特に地震コーナーでは、東日本大震災や長周期地震などを加えた5種類の地震の揺れを体験できる新しい設備が追加されています。

駅近でアクセス良好、お休みの日にぜひ体験してみてください。

◎開館時間:9時~17時(金曜日は21時まで)
◎休館日:第1火曜、第3火曜および第3火曜の翌日、年末年始

③【東京都立川市】東京消防庁 立川防災館

https://tokyo-bskan.jp/bskan/tachikawa/

立川防災館は、「楽しみながら行う防災体験学習」をコンセプトに作られた施設です。

ツアーは、4つまで体験したいものを選び、インストラクターが案内してくれます。
クイズやゲーム形式の自由見学コーナーが充実しており、小さい子供も楽しみながら防災を学べます。

特に消防士への変身コーナーが人気です。

https://tokyo-bskan.jp/bskan/tachikawa/

多摩都市モノレールの高松駅より徒歩15分の場所にあります。

まるでゲームセンターのようにわくわくするような館内で、しっかりと防災意識を頭に入れて帰りましょう!

◎開館時間:9時~16時30分
◎休館日:毎週木曜日・第3金曜日、年末年始

④【東京都江東区】そなエリア東京(東京臨海広域防災公園内)

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

トロールズ: シング・ダンス・ハグ!