【2020五輪】親子で楽しもう!子どもの興味を深める海外文化の絵本おすすめ10選

目次 目次

①はじめてのせかいちずえほん

はじめてのせかいちずえほん

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51RGEgZF3LL._SX369_BO1,204,203,200_.jpg

作:赤澤 豊
出版社:パイインターナショナル
価格:1980円

てづかあけみさんによる可愛いイラストとともに紹介されているのが、それぞれの大陸や国ごとの生活や気候です。

どのような食事をしているのか、時差はどのくらいなのか、何が有名なのかなど、ポップなイラストで分かりやすく描かれています。

「パンダがいる国は中国!」など少しづつ子どもの知識を深めていくのにぴったりな1冊です。

②ちずでぐるり!世界いっしゅうえほん

ちずでぐるり! 世界いっしゅうえほん

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61bf0jnvVtL._SX353_BO1,204,203,200_.jpg

作:吹浦 忠正
出版社:パイインターナショナル
価格:2420円

東南アジアや西ヨーロッパ、南アメリカなど24の地域ごとに、それぞれの文化や特色をご紹介しています。

可愛いイラストでたっぷりの情報が載っているため、隅々まで楽しむことができます。

子どもと楽しんでいるうちに「〇〇ってなんだろう?」と新たな興味を引き出すことができる1冊です。

各国の国旗が載っているため、オリンピックを見ながら楽しむことができます。

③世界えじてん

世界えじてん

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51twIJikjCL._SX350_BO1,204,203,200_.jpg

作:てづかあけみ
出版社:パイインターナショナル
価格:2640円

見開き1ページずつ各国の特徴が描かれている、まさに辞典のような絵本です。

「あの国はどんな言葉を話すんだろう」「どんな国旗なんだろう」という子どもの疑問をすぐに解決してくれます。

それぞれのページにはお金の単位や日本との時差など、詳しいデータがたくさん詰め込まれています。

親子で会話をしながら楽しんでみてはいかがでしょうか。

④世界の昔ばなし20話

世界の昔ばなし20話

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61%2BgnTh26nL._SX410_BO1,204,203,200_.jpg

作:西本 鶏介 ・コダイラ ヒロミ
出版社:学研マーケティング
価格:1320円

世界の有名な昔ばなしを20話収録している絵本です。1冊で20話楽しめるため、その日の気分でなんども読むことができます。

シンプルなイラストが可愛いため、読み聞かせと絵本としても楽しむことができます。

それぞれの話ごとに解説が入っているため、保護者の方にも「ためになる!」と人気になっています。

子どもが海外の昔ばなしに興味を持つきっかけになる絵本です。

⑤世界とであうえほん

関連記事