ドレスに映える!《プリンセス風ヘアアレンジ》ができるおすすめ動画7選|アナやエルサも!

目次 目次

子どものヘアアレンジのポイント

必要なアイテムを準備しておく!

プリンセス風のアレンジは、「束ねて、結んで終わり」と簡単ではありません。
髪をきちんとブロック分けしたりパーツごとに処理したりする必要があります。

ヘアアレンジのときに慌てないよう、必要なアイテムは事前に手元に揃えておきましょう♪
用意しておきたいアイテムとして、次のようなものがあります。

・ヘアブラシ
・ヘアコーム
・ヘアゴム
・ヘアピン
・ヘアクリップ

このほか、スタイリング剤もあると便利。
子ども用なら、「シャンプーで落ちやすいこと」「肌に触れても安心なもの」がよいですね!

安心して使えるのは、やはり天然素材を使用したヘアオイルや、ヘアワックス。
椿油やシアバターを使ったアイテムは意外とホールド力があって、おすすめです!

子どもの髪は絡まりやすいので注意!

子どもの髪の毛は、細くてやわらか。

あれこれ手を加えているうちに絡まることも少なくありません。
そんなとき、無理に引っ張ったりブラッシングするのはNG!
髪の毛を傷めてしまいます。

子どもの髪の毛が絡まったときは、コームで丁寧にほぐしてあげましょう。
「どうしても絡んでしまう…」という子どもには、ヘアアレンジをする前にヘアウォーターなどで髪の毛を湿らせておくのがおすすめ。

髪が落ち着いて、絡まりにくくなりますよ!

「絶対崩れない」はありえないと心得る!

「せっかく頑張ってアレンジしたのに、すぐにボロボロになった…」というのは、よく動き回る子どもにはありがちな話。
はじめはおしとやかに過ごしていても、テンションが上がってくればヘアアレンジのことなんてすっかり忘れてしまうかもしれません。

しかし、「髪の毛が崩れるから大人しくして」「動いちゃダメ」というのは、子どもにとっては楽しくありませんよね。

ヘアアレンジは、あくまでも子どもの気分を盛りあげるため。

時間をかけたアレンジが崩れてしまっても、「仕方ないな~」と笑う余裕を持ちましょう♪

子どもにも安心なヘアスプレーを活用して

バレエ用品でも活用されるヘアスプレーは、子どもでも使えるようにやさしくつくられています。

しかも、バレエを長い時間踊っても崩れにくい耐久性なので、子どもにぴったり!
ぜひ活用してみてください。

①美容師が教える!ディズニープリンセス【アナ雪2のアナ風ヘアアレンジ】 Ana hairstyle Frozen2

こちらは、「アナと雪の女王2」のアナ風のヘアアレンジ。
ゆるめのハーフアップは、作りこみすぎずナチュラルな印象です。

やわらかいウエーブは、三つ編みで跡をつけて作ります。
ヘアアイロンなどは使わないので、「高度なヘアアレンジは苦手……」というママもチャレンジしやすいのではないでしょうか♪

②【簡単ヘアアレンジ】 簡単プリンセスヘア エルサ の ヘアスタイルの作り方 キッズヘアアレンジ 子供ヘアスタイル★ Easy Princess Hairstyles Frozen Elsa


こちらは手先の器用なママによるヘアアレンジ動画。
「アナと雪の女王」のエルサ風に仕上がるヘアアレンジを紹介しています。

「不器用なママでもできちゃう」とのことですが、フロントからサイドにかけて「裏編み込み」が必要です。
編み込みが苦手なママは、ちょっと練習が必要かも!

編み込みさえできれば、あとはお団子を作って巻きつけるだけなので簡単♪
和装にも合いそうなヘアスタイルです。

③ 『アラジン』ヘアゴム5個だけ!!ジャスミンのくるりんぱヘアアレンジ。

こちらは、「アラジン」に出てくるプリンセス「ジャスミン」のヘアアレンジ。
一見すると難しそうですがヘアゴム5つしか使っておらず、簡単です。

このヘアスタイル、基本的には全て「くるりんぱ」で完成します!
くるりんぱとは、一つに束ねた髪の中心を割り、そこに毛先を入れ込んでいくヘアアレンジ。

高度なテクニックがない人でも、簡単におしゃれヘアが作れます♪

動画ではコツやポイントが丁寧に紹介されているので、ヘアアレンジ初心者でも気軽にチャレンジできますよ。
ロングヘアの女の子におすすめ♪

④発表会のための簡単ヘアアレンジ part3【キャサリンコテージ】キッズモデル

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

トロールズ: シング・ダンス・ハグ!