子どもの「想像力」と「インテリア」を両立!おしゃれな乳幼児おもちゃ おすすめ6選

目次 目次

どんなデザインが馴染みやすい?インテリアに合わせやすいおもちゃ選びのポイント

▼シンプルな北欧系デザイン

北欧系のおもちゃやインテリアは、シンプルで素朴なデザインのものが多く、世界各国で愛されています。子どもの目を引くカラフルな塗装でも、おもちゃそのものがインテリアになってしまうほどの可愛さはセンスの塊!

お部屋全体が北欧スタイルでなかったとしても大丈夫。実は、畳の和室にも北欧デザインは馴染むんです。お部屋の雰囲気をモダンに見せてくれますよ。

▼国内外で探す!木製おもちゃ

海外のおもちゃメーカーは各国独特のセンスでかわいいおもちゃが多いですが、日本のおもちゃメーカーも負けてはいません。

木製品や木製家具を製造するメーカーが作るおもちゃは、木の素材をいかした温かみのある手触りや音、そしてママのニーズを満たすデザインが魅力。どんなお部屋にも馴染みやすく、リメイクしやすいのもポイントです。

▼子どもが楽しめる工夫がされている

どんなにおしゃれなデザインでも、子どもが楽しんでくれなければそれはただのインテリア。おもちゃを選ぶときはデザインだけでなく、子どもが気に入りそうかどうかもチェックしましょう。

”インテリア縛り”でお子さんの性格や年齢、好きなものを想像しながら探すのは、結構楽しいものですよ。

① JAM SASTON(サストン)

https://shop.r10s.jp/actplus/cabinet/jmc/sst/sst0102.jpg

基本の遊び方は、差し込み式の積み木。木製のブロックをスティック部分に差し込んで、組み合わせながら遊びます。構造はシンプルですが、穴に通すことが好きな子どもにとっては楽しいおもちゃです。

ただ、このおもちゃはそれだけではありません。ゲームやパズルの要素を含んだ、知育玩具なんです。「ここに入れるとどこに落ちるかな?」と考えることで、立体感覚や色彩感覚アップにつながることも期待できます。

そしてなんといっても可愛らしい配色で、リビングの子どもスペースにぴったり。ブラウン系のウッドテーブルやシェルフなどとも相性が良く、ブロックを無造作に積めば、そのものがオブジェになります。

ブロックのサイズは3.5cm×3.5cmで厚みは3cm。ある程度の大きさがあるので、万が一舐めても口に入る心配がありません。2歳頃から遊べます。

② アイスクリームスタンド

https://shop.r10s.jp/edute/cabinet/laby/org-015_18.jpg

かわいいアイスクリームスタンドにはカラフルなアイスクリームがいっぱい!天然ゴムの木を使用した木製で安っぽいイメージを与えず、温かみがあるのでお部屋に置いても違和感がありません。

タイヤ部分は可動式なので車としても遊べます。アイスクリームスタンドを開ければ収納ボックスとして使えるので、お片付けもバッチリ。

サイズは最大で横3cmから縦8.5cmと、子どもの手になじむ大きさです。アイスクリームはなんと14種類!3歳頃から遊べます。

③ マザベル

https://shop.r10s.jp/edute/cabinet/voila/s906_18.jpg

溝や穴のついた木製パーツを組み合わせてボールを転がす、知育玩具です。立体的に積み木として楽しむのはもちろん、平面に置いて転がしたり、すごろく遊びも可能。

「この溝をつなげるにはどのパーツを使えばいいかな?」「穴に入ったボールはどこへ行くかな?」と好奇心をくすぐるしかけがいっぱいの木製玩具です。

木の色合いをいかし、カラーリングはごくごくシンプルなので、むしろ出しておきたいおもちゃ。

平面で収納できるボックスはサイズ縦20cm×横43cm。車パーツやボール、サイコロといった小物も充実しているため、年齢問わず遊びの幅が広がります。

④ ハンマー ペグ