子どもが好きな《犬》のキャラクターまとめ!

目次 目次

日常的に触れ合う機会の多い「犬」キャラクターのポイントとは?

犬は昔からペットとしても身近な動物として親しみがある動物で、子どもも赤ちゃんの頃から触れ合う機会が多くあります。

犬は男性を象徴としたことから、父親のような包容力のあるキャラクターとして愛されています。
また、身近な存在である犬は人への忠実心などの特性あるため、頼りになる存在でもあることから、安心感のあるキャラクターでもあるのです。

このように、昔から好きな動物としても頻繁にあげられる犬は、キャラクターとしても子どもたちから絶大な人気を誇っています。

① スヌーピー

https://www.snoopy.co.jp/friends/snoopy/

アメリカの漫画家、チャールズ・モンロー・シュルツによる漫画「ピーナッツ」に登場!
主人公チャーリー・ブラウンの飼い犬で、オスのビーグル犬、それがスヌーピーです。

趣味は変装、スポーツ、小説の執筆など多岐にわたり、作品の中でもいろいろな変装を見ることができます。
親友のウッドストックの言葉を理解でき、2匹の掛け合いは見ていてほっこりします。

実は視力が悪く、普段はコンタクトレンズを着用しているのはご存知でしょうか!?

スヌーピーの犬小屋は外見からは想像できないほど広いことが作中でたびたび明らかとなっており、非常にユニークな世界観を持っています。
世界一有名な犬として、老若男女から愛されています。

② プルート

https://www.disney.co.jp/fc/mickey-friends/character/pluto.html

プルートは、ミッキーマウスの愛犬として登場するキャラクター。
実は、ミニーマウスやドナルドダッグのペットとしても出演したことがあるなど、48の主演作に加えて共演作もたくさんある、ディズニーの人気キャラクターです。

プルートが生まれた1930年に「冥王星」が発見されたのが名前の由来となっています。
(冥王星は英語で“Pluto”)

ちょっと気が弱いので追いかけまわされることが多いのですが、豊かな感情表現がとてもかわいいキャラクターとして、昔から人気です。

③ シロ

https://www.shinchan-app.jp/about/index2.php#group02

クレヨンしんちゃんの主人公「しんのすけ」に拾われて、野原家で飼われているオスの雑種犬「シロ」。
原作は第1巻、アニメは「子犬を拾ったゾ」にて登場し、毛の色が白いから「シロ」と名づけられました。

野原家では数少ない“常識を持つキャラクター”であり、自ら散歩に出向いたり、エサをもらえなかった時は商店街で芸を披露して観客からエサやお金を貰うなどしっかりしています。

何かと迷惑を被ることが多いシロではありますが、その健気さが魅力。
破天荒な他のキャラたちに振り回されるシーンには同情してしまいます……!

そんなシロは、多くの子供たちからも「シロを飼いたい!」と人気が高いキャラクターです。

④ めいけんチーズ

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

いちごみるく 30秒CM30「かわいいからあげる!」

奥野壮が「3Dドリームアーツペン」で遊んでみた動画【おもレポ FILE.07】

スペシャル

年齢

カテゴリー

ランキング

VS投票

投票する

アンケート

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?
・アンパンマン
・しょくぱんまん
・カレーパンマン
・めいけんチーズ
・メロンパンナちゃん
・ばいきんまん
・ドキンちゃん
・あかちゃんまん
・てんどんまん
・ホラーマン
アンケートに答える

プレゼント

ご応募はこちら