子どもでも作れるマスクケースの工作動画 おすすめ4選

目次 目次

①クリアファイルを折って切るだけのマスクケース

市販や手持ちのクリアファイルを展開して、折ったり切ったりしながらマスクケースに仕上げていきます。
イラストや模様の入ったクリアファイルなら、もっとおしゃれになりますよ。

一度作ったら家族の分も作りたくなる、オーソドックスなマスクケースです。

用意するもの

・クリアファイル
・はさみ
・カッター
・油性ペン
・目打ち
・両面テープ
・定規
※切り取るときや折るときは、定規をあててカッターナイフやはさみでまっすぐに切りましょう。長めの定規が使いやすいですよ。

作り方

①クリアファイルの接着部分を切り取ります。
②クリアファイルを開き、真ん中の折り目に合わせて両端を折ってください。
③折り目を横向きにして、両端から4cmのところにしるしを付けます。しるしに沿って目打ちで折り目を付けます。両方とも折り込みましょう。
④端に半円状の切り抜きがある部分を折り目に合わせて半分におります。4つの端から4cm部分を、折り目に沿って切り取ります。
⑤切り取った余り部分を使って、角のカーブを書く型紙を作ります。
⑥中央の端から4cm部分を両方カットし、カーブの線を書いてカットします。フタになる方だけでOKです。カーブを作らない方は、角から少し切っておくと折りやすくなりますよ。
⑦折り目に沿って組み立てていき、重なる部分は両面テープで接着しましょう。これで完成です。


動画を見ながら作るとより分かりやすいですよ。クリアファイル1枚から1つのマスクケースが作れます。

動画ではマスキングテープでデコっていました。
シールやラインストーンなどで自分だけのマスクケースに仕上げてみましょう!目打ちやカッターを使うときは取り扱いに注意してくださいね。

②耳かけゴムが持ち手に変身☆立体マスク用ケース

クリアファイルとプラスチックホックで作る、立体マスク用のケースです。
2つ折りにした立体マスクを、形を崩さず清潔に保管できます。

耳かけのゴムが持ち手になるので、ちょっとマスクを外したいときの一時的な保管にもおすすめですよ。

用意するもの

・クリアファイル
・厚紙
・油性ペン
・はさみ
・プラスチックホック

作り方

①厚紙で12.5×14cmの型紙を作ります。
②型紙の片側2か所の角から2cmの所にしるしをつけて、コップなどを使ってカーブを書きます。はさみでカーブに沿ってカットしてください。
③クリアファイルの接着面を避けながら、折り目に沿って当てます。油性ペンで印を書き、カットしてください。(クリアファイル1枚でマスクケースが2つ作れます。)
④開いた先の部分に、プラスチックホックを付けるための穴をあけて取り付けます。(穴をあけるときは大人の人がサポートしてくださいね。)これで完成です。


型紙の大きさは大人用マスクのサイズですが、子ども用にもう少し小さめに作ってもいいですよ。
マスクの耳かけゴムを外側にしてホックでとめる、バッグ型のマスクケースになります。

シールやマスキングテープでデコってもいいですね。

③一時的な保管に便利!ランチョンマットのマスクケース

100均などで売られている、ハードタイプのランチョンマットを使ったマスクケースです。
完全に折るタイプではないので、吊るして保管したり一時的にマスクを外したりするときに便利です。

作り方はとてもかんたんなので、外出用にカバンに入れておくのもおすすめ!

用意するもの

・厚紙
・ハードタイプのランチョンマット
・はさみ
・油性ペン
・定規
・画鋲
・プラスチックホック

作り方

①11×25cmの厚紙を用意します。これが型紙になります。動画では上下を少し短くしていますが、四角でもOKです。
②型紙に合わせて線を引き、はさみでカットします。
③プラスチックホックを付ける位置に画鋲で穴をあけます。子どもだけでは危ない場合は、パパママが手伝ってあげましょう。
④プラスチックホックを付けたら完成です!


万が一汚れた場合やウイルスの付着が心配な場合は、石けんなどで洗うことができます。衛生的なところもうれしいですね。

使わないときは真っすぐに保管できるので、場所もとりません。

④布を使った縫わないマスクケース

お気に入りの布やはぎれを使ってつくれる、縫わずにつくれるマスクケースです。
手帳のような見開きタイプで、見た目もおしゃれですよ。

マスクとお揃いの布で作ってもいいですね。

用意するもの

・布(60×42cm)
・クリアファイル
・牛乳パック(上と底を切り取って開いておく)
・両面テープ
・アイロン

作り方

①クリアファイルの折り目部分を下にして、接着面の反対側に牛乳パックを当てて線を引きカットします。
②クリアファイルを開き、中央の折り目に牛乳パックの中央の折り目を合わせて、両端の余った部分を内側に折り込みます。
③布を半分に折って折り目を付け、牛乳パックの中央の折り目を合わせます。上下を折ってアイロンをかけ、左右も折ってアイロンをかけてください。(アイロンの作業は大人がおこなってくださいね。)
④クリアファイルの両端をカットし(カットしなくてもOK)、左右のポケットにしたい大きさを決めてアイロンをかけます。
⑤折り目がついたら布を開き、ポケット部分を折り込んでアイロンでしっかりと折り目をつけましょう。上下・左右の順番に両面テープを貼り、接着します。これでカバーの完成です。
⑥クリアファイルをカバーの大きさに合わせてカットし直して、カバーに入れたら完成です!


クリアファイルだけでもいいですが、布のカバーがあるとブックカバーみたいでおしゃれ。
クリアファイルは取り出して洗ったり、消毒したりできるので衛生的です。

動画ではボタンと麻ひもで留めていましたよ。
スナップボタンなどを付けるのもおすすめです。

自分で作ったマスクケースでマスクを持ち歩こう

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

トロールズ: シング・ダンス・ハグ!