【曲・繋・付】新感覚のブロックおもちゃ おすすめ5選

目次 目次

ブロックおもちゃの選び方

子どもの年齢や手先の発達に合わせて選ぶ

ブロックおもちゃは手や指先を使って遊ぶので、子どもの年齢や手先の発達に合わせて選ぶようにしましょう。

たとえば、1~2歳の子どもにはピースが小さく掴みづらいブロックは不向き。
その年頃の子どもには大きくて積み上げやすいブロックが向いていますが、反対に3~4歳くらいの子どもには少し物足りなく感じるでしょう。

ピースの数をチェックする

ブロックのピースが多くなると、より複雑で立体的な作品をつくれるようになります。

はじめは少ないピースからはじめて、慣れてきたらピースを買い足してあげるのもよいでしょう。

多彩なモチーフを作れるアイテムが◎

ブロック遊びは手や指先の感覚を鍛えるだけでなく、子どもの創造力をおおいに刺激してくれるアイテムです。
多彩なモチーフを作れるブロックを選べば、それだけ子どものアイデアやひらめきを形にしやすくなります。

「この商品はどんな作品をつくれるんだろう」と、事前に確認しておくのがおすすめです。

① Tublock(チューブロック)スターターセット ビークルズ

https://item.rakuten.co.jp/nicoly/t9276/

パイプを模したチューブ型のブロック。

チューブ同士を自由自在に繋ぎ合わせることで、幅広い表現ができるようになっています。

https://item.rakuten.co.jp/edute/tbe-001/

たとえばパッケージにあるような乗り物の他に、ロボットやイルカ、クマなど、アイデア次第でさまざまなモチーフをつくって遊べます。
1つ1つのブロックに曲線があるおかげで、より細かな立体表現も可能です。

また、ブロック同士は繋げた後にも動かせるので、タイヤを回転させたり動物の手をあげたりといった動きのある作品もつくれますよ♪

一面に凸部と凹部の両方の機能を持っており、向きを気にせず自由に繋げるのも◎


◎対象年齢:3歳~

◎ブロックの数:28ピース

② Tegu(テグ) 14ピース

https://item.rakuten.co.jp/baby-alice/tytu00301/

磁石が入った不思議な木製ブロックです。
磁石のおかげでタテ・ヨコ・ナナメ、あらゆる方向へブロック同士をピタッと固定。

ただ積み重ねるだけでなく、手足やしっぽをつけたりといった幅広い表現ができます。

https://item.rakuten.co.jp/baby-alice/tytu00301/

カラーバリエーションはピンクとブルーが鮮やかな「ブロッサム」、クールな印象の「ブルース」、カラフルな「ティント」の3色展開です。
いくつかの色を買いそろえると、作品の幅がぐっと広がりそうですね♪


◎対象年齢:1歳~

◎ブロックの数:14ピース

③ iRiNGO(アイリンゴ)

https://item.rakuten.co.jp/morinokobito/063-5167094/

教育先進国・韓国発の「iRiNGO」は、ピース同士をパズルのように組み立てて遊ぶ知育ブロックです。

ピース同士を挟んで回すとカチッカチッと音を立て、180度回転しながらさまざまな方向へ組み立てられます。
立体的に回転するブロックに触れることで、空間の予測能力を養うことができますよ♪

こちらは基本形16ピースで構成された商品です。
子どもの成長に合わせてピースを買い足していくと、より複雑で大きな作品も製作できるようになります。


◎対象年齢:3歳~

◎ブロックの数:16ピース

④ Pita★Rico(ピタリコ)

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「パーラービーズ」で遊んでみた動画

いちごみるく 30秒CM30「かわいいからあげる!」

限定アイテムが必ず入る『ミキハウス新春福袋』予約受付中