動物好きの子どもに見せたいかわいい動物の短編動画おすすめ5選

目次 目次

かわいい動物キャラクターが小さな子どもにおすすめな理由とは

動物は赤ちゃんの頃から身近な存在

ぬいぐるみやおもちゃなどさまざまなアイテムで使われている動物キャラクターは、赤ちゃんにとって身近な存在です。

「パパ・ママ」の言葉の次には、お散歩中に見かけた「ワンワン」や「ニャンニャン」などの言葉を覚える子も多いのではないでしょうか。特に幼児向けの動物キャラクターはシンプルなデザインなものが多く、赤ちゃんにとっても見分けが付きやすいのでお気に入りになるでしょう。

暴力や汚い言葉を使ったシーンが少ない

かわいい動物を使ったアニメは、セリフの中に汚い言葉や暴力シーンが入ることはほとんどないので、安心して子どもに観せることができます。

また、リアリティがないからこそ難しい話にはならず、子どもでもわかりやすいシンプルなストーリーも多いのが魅力。
まだ言葉が理解できない子どもでも映像を見ているだけで声をあげて笑ったり……と十分に楽しめます。

短編アニメだと子どもが飽きずに楽しめる

1話が30分近いアニメの場合、ストーリーを理解できない小さな子どもは、だんだんとつまらなくなり飽きてしまいます。

3~10分程度で終わるストーリーだと話がとても単純なので、小さい子どももしっかり楽しめておすすめです。
また、小さい子どもは、何度も何度も同じものを観たがる傾向にあります。そのため短編の方が、好きな話をピンポイントでパッと楽しめることもおすすめの理由です。

①こねこのチー ポンポンらー大冒険

こねこのチーは、こなみかなたさんによる漫画「チーズスイートホーム」の3DCGアニメです。
15分のアニメはいつの間にか見終わってしまう、かわいい猫たちの物語。チーの表情がとても豊かなので、まだ話を完全に理解できない子どもも笑いながら観てくれるでしょう。

また、言葉遣いも丁寧で優しい心を持つ小学2年生のヨウヘイくんが、子どものお手本にしたいほどとても良い子♡ 小さな子どもに見せても安心です。

小さな子猫たちが興味を持つ「逃げる魚」など、子どもも夢中で目で追ってしまうような工夫がこらされています。

②モラング

フランスのアニメーションスタジオ「ミリマジ」の人気キャラクターである「モラング」は、とてもかわいいうさぎのキャラクター。
14分動画を更に4分割している短編のオムニバス形式なので飽きずに楽しく観ることができます。

モラングは「モラング語」を話すので、キャラクターたちの言葉は理解できません。でも、だからこそ目で観て楽しめるアニメとして、言葉が分からない1歳ごろからおすすめです。

いつもハッピーエンドのほのぼのアニメなので、安心して楽しめます。

③うさぎのモフィ

2008年に登場した絵本「うさぎのモフィ(コンドウアキ×相澤タロウイチ)」による、5分の短編ストップモーション・アニメーションです。
ふわふわのコットンで作られたモフィは、とてもかわいいうさぎの女の子。カエルのケリーやもぐらのモグ、お月さまなど優しいキャラクターたちが登場します。

Eテレでも放送されていたので、目にした機会がある方も多いのでは。実はリラックマと同じ人がキャラクターデザインしているんですよ♪

とてもかわいいキャラクターたちは、一緒に見ている親も癒やされます。

④シルバニアファミリー ミニストーリー

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

いちごみるく 30秒CM30「かわいいからあげる!」

トロールズ: シング・ダンス・ハグ!

スペシャル

年齢

カテゴリー

ランキング

VS投票

投票する

アンケート

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?
・アンパンマン
・しょくぱんまん
・カレーパンマン
・めいけんチーズ
・メロンパンナちゃん
・ばいきんまん
・ドキンちゃん
・あかちゃんまん
・てんどんまん
・ホラーマン
アンケートに答える

プレゼント

ご応募はこちら