片付けが苦手な子どもでも、みるみる片付けが上手になる方法と声掛けのコツ

目次 目次

永遠の親の悩み~片付け~

怒ってばかり

説教 叱る 親子

怒る方も怒られる方もストレス

毎日毎日、「片付けなさい!」とガミガミ。
子どもだって嫌な気分だろうし、怒ってばかりの親もぐったり。

子どもの将来のことを考えると、これで大丈夫だろうかと心配になりますね。
そこで今回は、我が家で実践して役に立った片付けの方法と、親の声掛けのコツをお伝えします。

子どもが片づけられるようになるコツ

上手に片づけ

ブロック遊び

しまう場所がはっきりすれば片づけられる

子どもが片付けをできるようになるためには、まずは片付けの必要性を理解することです。
片づけなければ、必要な時に探し物で無駄に時間を費やしてしまいます。

片付けができない理由を知る

考える

悩む仲良し家族

片づけられない理由を考える

子どもが片づけられない理由はいくつかあります。

① 場所が決まっていない
片付けをする場所はちゃんと決まっているでしょうか。
どこに片づければいいのかを決めるのは子どもにとっては、まだ難しいかもしれません。

② 物を捨てられない・モノが多すぎる
自分のものの量が多すぎて、管理しきれていないのかもしれません。
何が必要で、何が必要でないのかをしっかり区別する必要があります。
不要なものは捨てるか、別の場所へ保管しておきます。

③ 元の場所に戻せない
使ったものを元に戻さず、その場に置いてしまっていませんか?
片づける場所が、適した場所にないのかもしれません。
ちゃんとした場所に片づければ、次に使うときに困らないことを教えてあげましょう。

大人なら取りやすくても、子どもにとっては都合の悪い場所もあります。
たとえば大人の腰の高さに片づける場所があっても、子どもにとっては高すぎるのかもしれません。

親子で片付けの場所を確認するだけでも、違った発見がありそうですね。

長続きする片付けの方法

きれいな部屋

Children bedroom 3d render

常にきれいな部屋でいる方法

その時だけ片づけても、またすぐ元のような状態に……。
そうではなく常にきれいな状態にするにはどうすればいいでしょうか。

片づけのコツは、わかりやすく簡単にしまえるようにすることです。
ではその手順をご紹介します。

①不要なものとそうでないものを分ける
②仲間ごとに分ける(先に分けることで、しまう場所がどの程度のスペース必要かがわかる)
③しまう場所を決める(よく使うものは出しやすいところへ。引き出しなら手前に)
④ しまってあるものを、ラベルでわかるようにする

どの工程も子ども1人ではできないので、一緒にやってあげましょう。

不要なものは親の判断ではなく、子どもと相談しながら決めます。
親にとってはいらないものでも、子どもにとっては大切な思い出の詰まったものかもしれません。
不要なものを分けるタイミングは、新学期が始まる前や、大掃除の時などがおすすめです。

片付け場所はあくまでも大人の都合ではなく、子どもが片づけやすい場所です。
年齢によって収納方法を変えていきます。

できるだけ並べたりせず、入れるだけで済むような収納にします。
小学生なら、プリント類を入れるファイルボックスを用意するなど学校のものをしまうスペースもしっかり確保しましょう。

最後に何がそこに入っているのか、写真を撮ってプリントアウトしたり、絵を描くなどしてラベルを作って貼り付けます。

子どもが片付け嫌いになる理由

最初から子どもは片付けが嫌いだったのでしょうか?
片付けができない原因はもしかしたら親である私たちにもあるかもしれません。

親のNG行動

親のNG行動

室内で遊ぶ女の子

子どもの気持ちになって考えてみましょう

・親が片づけられていない(カバンの中、キッチンなど)
・親の都合で片付けを強要する
・片付けを一切手伝わない

このようなことが当てはまるようであれば、声掛けや行動を親が少し変えるだけで、子どもも変わってくる可能性があります。

片付けは見本を見せたり、やり方を教えなければ誰もわかりません。
スポーツや勉強が教わらなければわからないのと一緒です。

また急に片付けを強要して嫌がられる場合も。
寝る前や、ご飯の前など、片付けをするタイミングを毎回決めておくと子どももすんなり動いてくれるでしょう。

子どもだって、本当は片付けたいのに、その方法がわからないだけかもしれません。
その気持ちを理解してあげることも大事です。

親の声掛けで子どもは変わる

声掛けが大事

笑顔の家族

褒めてあげることで、子どもは満足感を感じます

誰だって、けなされるより褒められた方が嬉しいに決まっています。
そんな中で、片付けられないことに対して頭ごなしに叱るのは逆効果。

ほんの一部分でも、片付けができたことを褒めてあげたり、片付けた後はきれいになって気持ちいいことを、子どもにしっかり伝えることが重要です。

まだ小さい子どもであれば親と競争しながら、片付けをするなど、一緒に片付けをすることで子どものやる気もアップしますよ!

片付け方を教えてくれるおすすめ本

最後に幼児向けの絵本と、小学生向けの片付け本を紹介します。
親も勉強になることもあるので、一緒に読んでみるのもおすすめです!

幼児向け|ななちゃんのおかたづけ つがねちかこ

ななちゃんのおかたづけ

出典元:Amazon

ななちゃんのおかたづけ (日本語) 単行本 – 2014/2/21つがねちかこ (著), 鈴木尚子 (監修)赤ちゃんとママ社

片付けが終わったらおやつを食べようとママに言われ、なんでもおもちゃ箱につめこんでしまったななちゃん。
でもおもちゃたちは、帰る場所が違うと怒って、おもちゃ箱から飛び出してしまいます。
ななちゃんは、おもちゃたちに片づけの方法を教えてもらいながら、決まった場所へお片付けをすることにしました。

お話の最後には、ライフスタイルオーガナイザーの鈴木尚子さんによる、子どもと行う片付けの方法が書かれています。
とても参考になるので、そちらもぜひ読んでみてください。

幼児向け|おもちゃのかたづけできるかな さく・え 深見春夫 かんしゅう 梶ヶ谷陽子

おもちゃの かたづけ できるかな

出典元:Amazon

おもちゃの かたづけ できるかな (えほんのぼうけん) (日本語) 単行本 – 2017/2/10深見 春夫 (著), 梶ヶ谷 陽子 (監修)岩崎書店

ふだん決まった場所にお片付けをしないひろきくん。
ある日それを見かねた絵本の中の魔女が、ひろきくんを小さなぬいぐるみに変身させました。
いつもと同じぎゅうぎゅうのおもちゃ箱に入れられたひろきくんは、上手にお片付けしようと決意します。

同じ種類のおもちゃに分けてしまうこと、何が中に入っているかわかるように絵をかいて張っておくことなど、丁寧に教えてくれます。

小学生向け|花まる学習会式 12才までに身につけたい整理整とん 花まる学習会

12才までに身につけたい整理整とん

出典元:Amazon

花まる学習会式 12才までに身につけたい整理整とん (日本語) 単行本 – 2018/2/28花まる学習会 (著) 日本能率協会マネジメントセンター

整理整頓が、なぜ大事なのかを根本から解説している本です。
立体図を見ながら、どの形をどこにしまえばすべて収まるのかといったクイズも随所にあります。
本棚や、ランドセル、机など場所ごとに上手な収納方法を教えてくれるのでとてもわかりやすいです。
イラストや図も多く、すべての漢字にルビがあり、わかりやすい構成なので小学校低学年ぐらいの子でも読みやすいでしょう。

小学生向け|おしゃれマナーBook 大人になってもこまらない!整理整とん術 監修整理収納アドバイザー梶ヶ谷陽子

おしゃれマナーBook 大人になってもこまらない! 整理整とん術

出典元:Amazon

おしゃれマナーBook 大人になってもこまらない! 整理整とん術 (日本語) 単行本 – 2018/12/6梶ヶ谷 陽子 (監修)ポプラ社

おしゃれ好きな女の子におすすめのこの本。
最初に自分の性格を知るために、タイプ別診断をするのが特徴です。
これも占い好きな女の子は喜びそうですね。
さらに勉強がしやすい机作りやアクセサリーを飾りながら収納する方法など、おしゃれな片付け方を教えてくれます。

さいごに

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

トロールズ: シング・ダンス・ハグ!