【子どものお小遣い事情】いつからあげる?お手伝いへの報酬はダメ?

目次 目次

子どものお小遣いは何歳から?

最近は、子どもに金銭管理能力を身につけせるため、お小遣いをすすめる本などもよく見かけるようになりました。

なかには、お小遣いは3歳頃からというものもありますが…

私のおすすめは、子どもの成長にあわせた、「それぞれのタイミング」で導入することです。

たとえば、つぎのような子どもの変化が、お小遣いを検討するきっかけになるでしょう。

・かんたんな足し算ができるようになった
・学校でお金の種類や計算方法を習った
・買い物中に、商品値札に興味を示すようになった
・予算内でお菓子を選べるようになった
・欲しい物を買うために、子どもにお小遣いがほしいと言われた

ちなみに、金融広報中央委員会が5年ごとに行っている「子どものくらしとお金に関する調査」によると、お小遣いをもらっている小学生は全体の約7割。

オウチーノによる「子どものお小遣い」実態調査によると、お小遣い制度のスタートは、小学校・中学への入学がきっかけという家庭がもっとも多いようです。

あくまでも目安なので、このタイミングで始めなければ!と、焦る必要はありません(^^)

金銭感覚がないうちは、シールやポイントを使ったご褒美システムで十分ですよ。

子どものお小遣いはいくらあげる?

つぎに気になるのが、子どものお小遣いの金額ですよね。

ひとつの目安として、「学年 x 100円/月」という、昔から使われている小学生向けお小遣いの計算式が使えます。

ただし、どこまでをお小遣いでまかなうのかという、「お小遣いの使い道」によっては、この計算式では足りないかもしれません。

小学生のおこづかい額

子どものくらしとお金に関する調査(第3回)2015年度(https://www.shiruporuto.jp/public/data/survey/kodomo_chosa/2015/)

さきほどの「子どものくらしとお金に関する調査」によると、小学生のお小遣いで一番多いのは月に500円です。

平均額は1,000円前後となっています。

月500円から、多くても1,000円ほどを目安に、お小遣いの使い道や年齢を考慮して金額を設定してみてはいかがでしょうか。

どうやって子どもにお小遣いをあげる?

お小遣いをもらう男の子

さてつぎは、どのような方法で、子どもにお小遣いをあげるかという問題をみていきましょう。

子どもへのお小遣いのあげ方には、大きく分けてつぎの4つの方法があります。

1.必要なときに、その都度渡す
2.定期的に定額を渡す
3.お手伝いなどの報酬として渡す
4.2と3のコンビネーション

1のその都度渡すという方法には、交渉力がつくというメリットはありますが、金銭管理能力を養うという面では、2〜4のうちの、いずれかの方法をおすすめします。

家事やお手伝いへの報酬としてあげるのはダメ?

親子 ライフスタイル 家事

子どもへのお小遣いをお手伝いなどの対価として払うことについては、専門家の間でも賛否両論があります。

お小遣いをお手伝いの対価としてあげることには、

・労働でお金を稼ぐ経済の仕組みがわかる
・お金の大切さを理解しやすい
・家事のスキルが身につく
・パパ・ママも助かってWin-Win

といったメリットがある反面、

・お手伝いはお金のためにするものではない
・対価がないと家事をしなくなる可能性がある
・お小遣いは「ギフト」であって、なにかの対価としてもらうものではない

などの理由から、お小遣いはお手伝いの対価としてあげるべきではない、という考えもあります。

どちらの方が正しいということはいので、各家庭の考え方や子どもの性格によって、より取り入れやすい方を選びましょう。

報酬制は、対価がないとお手伝いをしなくなる?

私自身、子どものお小遣いをお手伝いの報酬制(もしくは、定額制とのコンビネーション)という家庭をいくつも知っていますが、「報酬がなければお手伝いをしなくて困っている」という悩みは、いまのところ聞いたことがありません。

しかしこれは、もともとの子供の性格や、どのようなルールを決めているのかという要素も、大きく関わっているように思います。

・どのお手伝いをすると、いくらもらえるのか
・自分のお皿を下げるなど、みんなのためのお手伝いは対象から外す
・毎月の報酬(お小遣い)の上限

などのルールを、事前に子どもと話し合って決めておきましょう。

また、楽しみながらお手伝いができる工夫や、お手伝いをしてもらったら、お金だけでなく「ありがとう。◯◯ちゃんのおかげで、ママ助かったわ。」という感謝の気持ちを必ず添えるのも大切なポイントです!

「お手伝いしないなら、お小遣いあげないわよ!」という叱り方は、絶対に避けてくださいね!!

報酬をもらったら、「毎月のお給料」として表に記録しておくのも、お金の管理の練習になるのでおすすめです。

最後に

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

いちごみるく 30秒CM30「かわいいからあげる!」

トロールズ: シング・ダンス・ハグ!

スペシャル

年齢

カテゴリー

ランキング

VS投票

投票する

アンケート

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?
・アンパンマン
・しょくぱんまん
・カレーパンマン
・めいけんチーズ
・メロンパンナちゃん
・ばいきんまん
・ドキンちゃん
・あかちゃんまん
・てんどんまん
・ホラーマン
アンケートに答える

プレゼント

ご応募はこちら