子どもも大人も楽しめるおすすめ実写コメディ邦画 6選!

目次 目次

①『ひみつのアッコちゃん』

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91XKwqzRlVL._SX450_.jpg

タイトル:ひみつのアッコちゃん
公開日:2012年9月1日
配給:松竹
上映時間:120分
監督:川村泰祐
原作:赤塚不二夫『ひみつのアッコちゃん』
主演:綾瀬はるか

日本のラブコメ女王・綾瀬はるか主演の映画『ひみつのアッコちゃん』は、赤塚不二夫の少女漫画原作で、1960年から2010年までアニメシリーズも放送された超人気作品を実写映画化した作品です。小学生のアッコが魔法のコンパクトで大人になるキュートでファンタジックなロマンスコメディです。綾瀬はるかが主人公アッコを演じ、その少女期を吉川愛、恋人役を岡田将生が務めました。

映画『ひみつのアッコちゃん』予告編

②『ハンサム☆スーツ』(2008)

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81OkZ3gPMYL._SX450_.jpg

タイトル:ハンサム☆スーツ
公開日:2008年11月1日
配給:アスミック・エース
上映時間:115分
監督:英勉
原作・脚本:鈴木おさむ
主演:谷原章介、塚地武雅

映画『ハンサム☆スーツ』は、放送作家・鈴木おさむの小説を映画化した作品で、ブサイクな男が不思議なスーツの力でハンサムになるというコメディ作品です。ブサイクな主人公をお笑い芸人・塚地武雅、ハンサムに変身した姿を谷原章介がコミカルに演じます。ヒロイン役は北川景子が演じ、彼女がブサイクスーツ着用時の姿を鈴木おさむの妻でもあるお笑い芸人・大島美幸が演じています。分かりやすく笑いどころ満載なので、子どもも大人も楽しめます。

③『テルマエ・ロマエ』シリーズ(2012・2014)

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/8113fGHOAUL._SX450_.jpg

タイトル:テルマエ・ロマエ
公開日:2012年4月28日
配給:東宝
上映時間:108分
監督:武内英樹
原作:ヤマザキマリ
主演:阿部寛

『テルマエ・ロマエ』は、ヤマザキマリの同名漫画を原作に実写映画化した作品で、阿部寛や北村一輝、市村正親といった濃い顔の役者が古代ローマ人を演じた大ヒット作です。ストーリーは、古代ローマの浴場設計技師ルシウス・モデストゥスが21世紀の日本の銭湯に突然タイムスリップしてしまうというもの。2012年4月21日にはイタリアで行われたウディネ・ファーイースト映画祭でワールドプレミア上映されました。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91+ibifWQBL._SX450_.jpg

タイトル:テルマエ・ロマエⅡ
公開日:2014年4月26日(よい風呂の日)
配給:東宝
上映時間:112分
監督:武内英樹
原作:ヤマザキマリ
主演:阿部寛

第1弾の大ヒットに続いて、2014年のよい風呂の日(4月26日)に公開された第2弾も大ヒットしました。本作は、ブルガリアのオープン・セット『ヌ・ボヤナ・フィルム・スタジオ』でエキストラ5000人を動員し撮影が行われました。その繋がりで、第1弾のキャストに加え、同国出身の力士・琴欧洲も出演しています。

④『レオン』(2018)

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81cm8DBCWtL._SX450_.jpg

タイトル:レオン
公開日:2018年2月24日
配給:ファントム・フィルム
上映時間:100分
監督:塚本連平
原作:清智英、大倉かおり
主演:知英(元KARA)

2018年の邦画『レオン』は、元KARAの韓国人女優・知英(ジヨン)が日本人女性役に挑んだ映画初主演作品です。知英演じる地味なOLと竹中直人演じるセクハラおやじの体が入れ替わってしまうというスイッチ・コメディです。知英の日本語がとてもナチュラルで物語に入り込め、違和感なく映画を楽しめます。また、ヒロインの親友役を大政絢、ヒロインが恋心を寄せる相手役を吉沢亮が演じています。

⑤『俺物語‼』(2015)

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

トロールズ: シング・ダンス・ハグ!