おうち縁日が楽しめる工作動画、親子で挑戦してみよう【ほんものソックリ!】

目次 目次

おうちだからこそ楽しめる縁日

昼間の暑さのなごりを感じる少し重たい夜の空気や、暗闇に灯るぼんぼり、ソースが焦げる香り、綿菓子の甘い香り、太鼓や笛の音…。夜のお出かけは、ちょっと大人になった気分でワクワクしたものです。そんな縁日を家族で手作りしてみてはいかがでしょうか?天候に左右されず、快適な温度で楽しめますし、準備もお店屋さんごっこもかけがえのない思い出になりますよ。

①金魚すくい

涼を感じる金魚すくいはお祭りの定番ですが、すくったあと飼える環境にないため、残念ながらやらせてあげられないケースもあります。手作り金魚すくいで思い切りすくってもらいましょう!

【材料】
・色画用紙
・透明シート(クリアファイルなど)
・半紙
・アイスの棒
・モール
・でんぷんのり
・のり
・透明テープ
【作り方】
1、色画用紙に金魚の絵を描いて切り取り、透明シートにのりで貼りつける
2、金魚の上から透明テープを貼る
3、金魚の形に切る、これをいくつか作る
4、モールの先を3cm残して、交差させてねじる
5、アイスのへらに3cm残した部分を巻きつけて、円形に整える
6、半紙に鉛筆でモールの輪より少し大きめの円を描いて、はさみで切り取る
7、モールにでんぷんのりをつけて半紙を接着する

お水に金魚を浮かべてすくって遊びます。金魚を上から見た姿は描く機会もあまりないので、図鑑などをみながら観察するのも楽しそうです。

②焼きそば

毛糸を麺に見立てて、可愛い焼きそばが出来上がります。

【材料】
・紙皿1枚
・アルミホイル
・ラップやアルミホイルの管
・プラスチックトレー1枚
・割りばし2膳
・マスキングテープ各色
・輪ゴム1個
・毛糸各色
・色紙(青のり用)
【作り方】
1、毛糸と色紙をそれぞれ適当な長さに切ります。
2、切り込みを入れたラップの管に紙皿を挟んで根本をマスキングテープでとめて、アルミホイルでくるみます。
3、お箸にアスキングテープを巻きつけます

ラップなどの芯がなくて、フライパンを作るのが難しければ、ご自宅のおままごとセットのフライパンでもいいですし、アルミホイルを鉄板に見立てても楽しそうです。

お子さんの工作でお母さんを悩ませるラップの芯は「紙管」や「紙筒」で調べるとネット通販でも手軽に購入できるのでご安心ください。ラップの芯の代用だと径3cm前後のものがちょうど良いです。

Amazon

・材質:紙
・内径サイズ:Φ30mm
・外径サイズ:Φ32×300mm
・参考価格:650円

③たこ焼き

【材料】
・牛乳パック
・ティッシュ
・折り紙
・絵具、筆
【作り方】
1、牛乳パックの2面を使います。上下に切り込みを入れて、舟を組み立てテープでとめる
2、丸めたティッシュに折り紙を重ねて丸く形を整えたものを5~6個つくる
3、茶色の絵具をソースのように筆でぬる
4、赤や緑の折り紙を細かく切り、紅ショウガや青のりに見立ててふりかける
絵具ソースはお子さんに塗ってもらえば、普段汚れが怖くて家でやらせてあげられない絵具遊びも楽しめます。牛乳パックがない場合は普通の厚紙でもいいですし、アルミホイルで舟にしてもいいですよ。

④クレープ

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

いちごみるく 30秒CM30「かわいいからあげる!」

トロールズ: シング・ダンス・ハグ!