青空の下で自然を体感、かけがえのない思い出になる農業体験〜関東おすすめ5スポット

目次 目次

メリットいっぱい、子どもにさせたい農業体験

自然に触れることによって、子どもに良い影響力が出る

農業体験では、農作物に触れるだけでなく、大地やそこに生息する生物にも触れる機会になります。

農研機構農村工学研究所によると...
「田畑や周囲の景色をじっくりと眺めたり、草花を摘んだり、生き物を捕まえたり、川遊びをするといった行為も含めて体験学習を行うことで、(中略)情緒安定等の影響力の発揮につながる」との報告が!

このように「実物」に触れることは、子どもの成長に良い影響を与えることができます。

農業体験では、農作物に触れるだけでなく、大地やそこに生息する生物にも触れる機会になります。

農研機構農村工学研究所によると、「田畑や周囲の景色をじっくりと眺めたり、草花を摘んだり、生き物を捕まえたり、川遊びをするといった行為も含めて体験学習を行うことで、(中略)情緒安定等の影響力の発揮につながる」との報告も出ています。

自然に触れることによって、子どもに良い影響力が出るのは嬉しいですね。

食育の機会になる

いつも口にする食べ物の栽培や収穫を体験する機会は、最高の食育の機会になります。
この体験を通じて感じ、考えたことは、生涯の肥やしになります。

コロナ禍や自然災害の影響で食糧不足が懸念されましたが、農作物の産地や食の流通も含めて話をすることで、子どもの知識は生きたものとなるでしょう。

親子の共通体験を持つことができる

作業を通じ、親子で共通の体験をすることができます。

テーマパークに行くことでも共通の体験は持てますが、一緒に汗を流して作業し、そして収穫した農作物を料理し、食べる過程も一緒に体験することで、より楽しい思い出になり、記憶に残るかけがえのない体験になりますよ!

農業体験では持ち物は何が必要?

農業体験スポットに行く時は、最低限以下の持ち物を準備しましょう!

・泥まみれになっても良い服(長袖・長ズボン)
・靴下:着替えは多めに準備しておきましょう
・長靴・軍手:怪我を防ぐためにもあると良いです
・タオル:汗を拭くだけでなく、首回りを虫から防ぐこともできます
・帽子:日除けや虫除けになります
・水筒
・日焼け止め、虫除けスプレー
・雨具:傘は日除けにもなります

特に帽子、水筒は、以下の見出しで説明する熱中症にならないためにも重要な道具です。

農業体験を行う際の注意点、特に熱中症は予防が大切

外での作業はどうしても暑くなるので熱中症に注意する必要があります。熱中症を予防するため、こまめな水分と塩分の補給、そして定期的に日陰で休憩を取るように注意しましょう。

また汗をかくと日焼け止めや虫除けスプレーの効果が薄れますので、定期的に利用しましょう。

関東で農業体験ができるスポット5選

①オリーブパーク東京

オリーブパーク東京

出典元:オリーブパーク東京 公式フェイスブック

トトロの森で体験できる、こだわりの有機無農薬栽培。江戸時代から続く、里山農家で農業体験だけでなく、味噌づくりや餅つきなど、様々な体験ができます。

開催日時:ウェブサイトで確認
住所:〒189-0022 東京都東村山市野口町3-5-3
申し込み:ウェブサイトから

②東京地球農園

東京地球農園

出典元:東京地球農園 公式ホームページ

「自分たちの手で、安全・安心野菜を育てよう」がスローガン。地球に優しい、資源循環型農法に取り組んでいます。採れたての野菜は、生で食べても大丈夫。障害者施設や地域とも連携し、人にも優しい農園です。

開催日時:年中受付しています
住所:〒197-0834 東京都あきる野市引田301-2
申し込み:ウェブサイト、あるいは電話(042-597-3835)から

③やおきファーマーズクラブ

やおきファーマーズクラブ

出典元:やおきファーマーズクラブ 公式ホームページ

新宿から電車で約1時間、駅から徒歩で簡単にアクセスできます。
親子で農業体験できたり、採れたての野菜を使って昼食を食べることもできるプログラムも人気です。

開催日時:ウェブサイトで確認(日曜開催)
住所:〒252-0027 神奈川県座間市座間1-3207-17
申し込み:ウェブサイト、あるいは電話(070-5542-5378) から

④KURKKU FIELDS (クルックフィールズ)

KURKKU FIELDS

出典元:KURKKU FIELDS 公式フェイスブック

「持続可能性」を追求し、「農業」、「食」、「アート」が融合した農場です。

自分たちで収穫した旬の野菜やハーブと千葉県内のお肉や魚、そして場内で製造されているソーセージを使ったBBQが堪能できます。
野生の森、ビオトーブで自然を満喫し、草間彌生のアートで感性も磨かれます。

開催日時:祝日以外の火曜・水曜は定休日
住所:〒292-0812 千葉県木更津市矢那2503
申し込み:ウェブサイトから

⑤埼玉県農林公園

埼玉県農林公園

出典元:埼玉県農林公園 公式ホームページ

埼玉県により設置された農林公園では、県内で育てられている野菜や果物の収穫体験ができます。
予約不要のため、気軽に行けるところも嬉しいポイントですね。
また公園内には広大な芝生公園や木製遊具もあり、週末はミニSLで楽しむこともできます。

開催日時:1月4日〜12月28日 収穫体験は午前10時30分〜午前11時30分、午後1時30分〜午前3時 臨時休園日はウェブサイトから要確認
住所:〒369-1105 埼玉県深谷市本田5768-1
申し込み:予約は不要。ただし収穫できる品目は日によって違うので事前に問合せが必要(電話番号 048-583-2301)

外部リンク

農業体験は子どもの成長の糧になる

農業体験は親子で共通のことをする喜びや、食育など普段生活しているとなかなか触れることができない経験を得られます。

生物観察や農作物への興味など、お子さんの視野を広げてあげるきっかけ作りをしてあげるのもいいでしょう。

今年は是非、農業体験のできるスポットへお子さんとお出かけしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

ニンジャスポーツトイ「ニンスポ」