【「科学漫画サバイバル」シリーズのジオが目の前で動いて叫んでサバイバル!】映画『人体のサバイバル!』

目次 目次

 

『人体のサバイバル!』

 

© Gomdori co., Han Hyun-Dong/Mirae N/Jeong Jun-Gyu/Ludens Media /朝日新聞出版・東映アニメーション

 
 

作品概要

 
「科学漫画サバイバル」シリーズは、2008年より日本国内で発売され、国内のシリーズ累計発行部数が970万部(2020年7月現在)を超える大人気オールカラー科学漫画です。
日本のみならず韓国をはじめ中国、タイ、台湾など世界中で読まれ、全世界累計発行部数は3000万部を超えています。
本シリーズの「サバイバル」とは「生き残り作戦」のこと。
次々と襲いかかってくるピンチに、主人公のジオをはじめ子どもたちが勇気と知恵で立ち向かっていくストーリーです。
第65回 学校読書調査「小学生が選ぶ好きな本」1位、6年連続「朝の読書」で読まれた本トップ5入りを果たした大ヒット漫画で、その中から、ジオが主人公のシリーズの一つ『人体のサバイバル!』がアニメ映画化されました。
MX4D版での上映も決定しています。

ナノサイズになる人体探査機・ヒポクラテス号に乗り込んだジオとノウ博士。
ところが、小さくなった“ヒポ号”をピピがうっかりのみ込んでしまいます。
巨大な歯につぶされそうになりながら、猛スピードでピピの体の中に流れ込んだ二人。
胃から腸へと向かって脱出するつもりが、トラブル続きで絶体絶命の大ピンチに。
すると突然、ピピが苦しみ出して…。
ジオはピピを救うため、決死の行動に出ます!
 
 

予告動画

 

 
 

大人の記者も大感動!

 
いよいよ明日、7月31日から公開されるアニメーション映画『人体のサバイバル!』。
当記事で紹介するにあたって、一足早く見せていただきました。

……泣きました。
もう、胸がいっぱい!!

先日、主人公ジオの声を演じている声優の松田颯水さんにインタビューし、お話を聞いた後なので感動もひとしおです。
 
 

 
 
“サバイバルの達人”であるジオが目の前で動いて、叫んで、サバイバルしている姿に、すっかり子どもの気持ちになって、夢中で見入ってしまいました。
 
 

 

色彩豊かな映像で理解しやすい

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

ニンジャスポーツトイ「ニンスポ」