トイレトレーニングのコツがわかる!おすすめ絵本7選

目次 目次

親子の難関・トイレトレーニング

小さなお子さんがいるお父さんお母さんにとって、トイレの悩みは尽きませんよね。
周りの同じぐらいの年の子は、できているのに。
おむつなんて、じめっとするしトイレに行けばいいのに。
……と思うのは大人の都合。
気持ちに余裕がなくなると、叱りたくもなります。
でもなるべくその子のペースで、楽しみながらトイレトレーニングしてあげたいですね。

そこで今回は、トイレトレーニングをお手伝いする絵本をご紹介します。
・パンツを履きたがらない
・トイレに行きたがらない
・トイレでウンチをしない
このような悩みをもつお父さんお母さん、ぜひ参考にしてみてください。
絵本でトイレ好きになってくれると嬉しいですね!

トイレを好きになってもらうのにおすすめ絵本

トイレに行くのがちょっと緊張してしまったり、おまるに座るのが好きではない子どもは結構多いようです。
トイレを好きになってくれるような絵本をご紹介します。

おしっこおしっこどこでする? 

おしっこ おしっこ どこでする?

出典元:Amazon

おしっこ おしっこ どこでする? (日本語) 単行本 – 2016/10/22レスリー・パトリセリ (著)パイインターナショナル

おしっこしたいけど、どこですればいいのか悩みながらも、おむつを脱いでトイレに座る男の子。
トイレでおしっこできるかな?

文字は最小限に抑えられていて、カラフルでかわいらしい絵が続く、読みやすい絵本です。トイレでしばらくじっとしている姿も、気持ちが伝わってほほえましく感じます。
トイレでおしっこするのは気持ちがいいんだと、お子さんにも分かってもらうにはぴったりの絵本です。

元々の英文も併記されているので、はじめて触れる英語の本にも使えます。

といれ あけて・あけてえほん

といれ (あけて・あけてえほん)

出典元:Amazon

といれ (あけて・あけてえほん) (日本語) ボードブック – 2010/10/5新井 洋行 (著)偕成社

「といれさーん」と呼ばれると見開きいっぱいにかわいい顔をした便器が登場。次はおまるさんも呼んで、座って……と、トイレでの流れが順を追って描かれています。

トイレもおまるも名前を呼ばれて「はーい」と返事。その流れでお子さんも「〇〇くーん」「△△ちゃーん」と呼んで、トイレに座らせてみてください。
案外上手に返事をして、座ってくれるかもしれませんね。
「おしっこちゃーん」「うんちくーん」と呼んで、排便を促すのもお忘れなく!

ゆっくとすっく トイレでちっち

ゆっくとすっく トイレでちっち

出典元:Amazon

ゆっくとすっく トイレでちっち (日本語) 単行本 – 2010/6/1たかてら かよ (著), さこ ももみ (イラスト) ひかりのくに

くまやうさぎの入るトイレはそれぞれの好きなものが並ぶ、とても魅力的なトイレ。
ずっと遊んでいたくなるようなトイレを見てワクワクしてきたゆっくとすっくも、トイレに入ろうと考えます。

トイレが好きなものであふれていたら、いやな場所ではなくずっといたくなるような場所にかわる。
トイレをおもちゃでいっぱいにするのは躊躇しますが、好きなキャラクターのポスターを壁に張ったり、シールを便器の蓋に貼ったり、明るく楽しめる場所に変えてあげる工夫はできるかもしれませんね。

ゆっくとすっくごほうびシールブック

出典元:Amazon

ゆっくとすっくごほうびシールブック ([バラエティ]) (日本語) 大型本 – 2013/4/1 ひかりのくに

ゆっくとすっくを好きになったら、シールブックを使って、やる気を出してあげるのも、ひとつの方法です。
別売りですが、ゆっくとすっくごほうびシールブックが販売されています。
台紙と、シールが8シート。
トイレトレだけでなく、歯磨きなど日常生活全般に使えるシールブックです。

ウンチをトイレでしない

おしっこはトイレでできるけれど、ウンチをしたがらない子どももいますね。
我が家の娘二人もそうでした。
ウンチがしたくなると、いそいそとおむつに履き替えたり、カーテンに隠れてこそっとウンチしていたり。
出るってわかってるなら行けばいいのに! と思いがちですが、子どもには子どもの考えが。
トイレで踏ん張るのが好きではない子どももいるようです。
そんなお子さんにおすすめの2冊です。

うんちでるかな

うんち でるかな?

出典元:Amazon

うんち でるかな? (講談社の幼児えほん) (日本語) 単行本 – 2015/2/26新井 洋行 (著) 講談社

ぞうさんは、大きいうんちをずぼぼーん!
ほかの動物のうんちも見た後で、「ぼく」のうんちはどんなかな?

片側のおりこみを開くとうんちが現れる仕掛け絵本。
さまざまな生き物のうんちを見て、楽しみながらトイレでうんちをすることについて学べます。
トイレでするとスッキリすることを教えてくれる絵本です。

トイレロケット

トイレロケット

出典元:Amazon

トイレロケット (講談社の創作絵本) (日本語) 単行本 – 2019/1/24はっとり ひろき (著) 講談社

ダンボールで作ったヘルメットを持って、びしっと敬礼。
トイレロケットに乗って、宇宙へ出発! 
……の気分で、トイレでウンチをするお話です。

宇宙という壮大な世界とトイレというミスマッチな組み合わせが、子どもたちを楽しませてくれます。
左右のページがそれぞれ、空想の世界とリアルなトイレの世界になっていてその対比がまた楽しい!
読み聞かせをしてあげるときは、ぜひお父さんお母さんも男の子になりきって、勢いよく読んであげてください。
トイレに入ったときに、なんとなく思い出してニヤリとしてしまいそうな一冊です。

パンツを好きになる絵本

パンツを履きたがらないお子さんもいますよね。
そんな時は、パンツの絵や、模様を好きなものにしてあげましょう。一緒に買いに行っても、やる気が出るかもしれません。
そんなときに合わせて読んでいただきたいのが、この2冊です。

ぷくちゃんのすてきなぱんつ

ぷくちゃんのすてきなぱんつ

出典元:Amazon

ぷくちゃんのすてきなぱんつ (日本語) 単行本 – 2001/2/1ひろかわ さえこ (著)アリス館

お母さんの買ってきてくれたぱんつをはいて、そのはき心地にご満悦のぷくちゃん。
でもおしっこが漏れてしまって……。

見習いたいのはぷくちゃんのお母さん。
何度ぷくちゃんがおしっこを漏らしても、怒らずに新しく「おかわりぱんつ」を出してくれるのです。
その心の広さに頭が下がります。
そんな風に、「だいじょうぶ!」と子どもに言ってあげられたら、子どもも安心してパンツをはくことを嫌がらなくなるのかもしれないですね。

ぱぱぱぱ ぱんつ

ぱぱぱぱ ぱんつ

出典元:Amazon

ぱぱぱぱ ぱんつ (日本語) 大型本 – 2019/4/12うえだ しげこ (著) 大日本図書

もこもこおむつに「さようなら」をして、ぱぱぱぱぱんつに「こんにちは」と丁寧にあいさつ。
じーじとばーばにも、ぱんつを自慢します。

テンポのいい文章で、ぱんつをはいた喜びが伝わってくる一冊です。
子どもにとってぱんつをはくのは、ちょっとお兄さん、お姉さんになった証拠。
少し誇らしげな男の子の顔が、それを物語ります。
パンツの良さを知ってほしい時にぴったりの絵本です。

おわりに

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

ニンジャスポーツトイ「ニンスポ」