歯磨き嫌い・歯医者嫌いを楽しく克服!おすすめ絵本7選

目次 目次

歯磨き・歯医者……子どもの歯の悩みはつきない

虫歯にさせるのもかわいそうだから無理やり口を開けさせたり、結局歯みがきできなかったり、歯磨きの時間は親子で憂鬱。
嫌がらないようにおいしい歯磨き粉を使ったり、好きなキャラクターの歯ブラシにしてみる。
虫歯ができてしまい歯医者さんに連れて行かなければならないけれど、行きたがらない……。
もしこのようなことでお悩みなら、一度絵本を読んであげてはいかがですか?
歯磨きが嫌い
虫歯の怖さを分かっていない
歯医者さんへ行く気になる

悩んでいるお父さんお母さんへ、歯に関する悩み別におすすめの本を紹介します。

歯磨き嫌いをなおす

絵本を見せながら、みんなが磨いているから一緒に磨こうねと誘ってみましょう。
もしくは気に入っている人形や、ぬいぐるみを巻き込んでみるという方法も考えられますね。
誰かと一緒なら、磨いてくれるかもしれません。

はみがきさん

はみがきさん

出典元:Amazon

はみがきさん (せなけいこのえ・ほ・ん) (日本語) 単行本 – 2013/5/8せなけいこ (著, イラスト)ポプラ社

はみがきさんは毎朝歯ブラシをたくさん持ってやってきて、みんなに歯磨きをさせます。
ライオンもウサギもゾウも、みんなで歯磨き。
虫歯を痛がって泣くワニには、優しく薬を塗ってくれます。

はみがきさんはみんなに、いい歯なら何でも食べられることを教えてくれます。
虫歯になると、好きなものも食べられない。
食べることが好きな子どもなら、この言葉は効果があるかもしれませんね。
せなけいこさんの優しい絵が歯磨きを上手に促してくれます。

はぶらしくんです。(たのしいいちにちシリーズ)

はぶらしくんです。

出典元:Amazon

はぶらしくんです。 (たのしいいちにち) (日本語) 単行本 – 2020/4/23とよた かずひこ (著, イラスト)童心社

男の子の歯を磨くのがお仕事のはぶらしくんが主人公です。

上の歯から下の歯、奥歯、歯の裏とてきぱきと磨いていく様子がとてもかわいらしいです。
またリズミカルなので、本を見ながら歯を磨いてあげると、はぶらしくんに磨いてもらっている気分になれるかもしれません。

虫歯の怖さを知る

虫歯がどれだけ怖いことなのかを知れば、歯医者に行くことや、しっかり歯磨きすることの大切さを、理解してくれるかもしれません。

はみがき、やーだよ!

はみがき、やーだよ!

出典元:Amazon

はみがき、やーだよ! (児童図書館・絵本の部屋) (日本語) 大型本 – 2003/6/1スベトラーナ チューリナ (著), & 2 その他 評論社

歯磨きが面倒で大嫌いな、くまのボリス。
毎日磨かずにいたら、歯が全部なくなっていて大よろこび!
これで歯磨きしないで済むぞ!
でもみんなに自慢しても、笑われたり馬鹿にされるばかりで……。

歯磨きしたふりをして水だけ出してみる姿は、ありそうな光景です。
ボリスの友達が、何も歯がないとどれだけ困るかを説明するのですが、なかなか説得力があります。
親の言葉は聞かない子どもでも、ほかの人に諭されると意外と聞いてくれたりしますよね。
この本を読めば、歯の大切さを理解してくれるかもしれません。

かこさとし むしばのほん むしばちゃんのなかよしだあれ

むしばちゃんのなかよしだあれ (かこさとしむしばのほん)

出典元:Amazon

むしばちゃんのなかよしだあれ (かこさとしむしばのほん) (日本語) 大型本 – 2010/5/1かこ さとし フレーベル館

むしばちゃんが大好きだから、歯磨きしないでむしばちゃんと仲良くするんだね、とちょっと怖いことを言いながら虫歯の怖さを丁寧に説明してくれる絵本です。

また歯磨きを促すだけでなく、栄養バランスのよい食事をとることでよい歯ができることや、虫歯になったら歯だけではなく他にも影響が出ることを教えてくれます。これを読むと、たいがいの子どもはむしばちゃんは嫌いと言ってくれるのではないでしょうか。

虫歯のできる過程も描かれていて、子どもだけでなく大人も勉強になりますよ。

かこさとしさんは「かこさとし むしばのほんシリーズ」として他にも「むしばになったどうしよう」「ぼくのハはもうおとな」という2冊や、「かこさとしからだの本」シリーズの中で「むしばミュータンスのぼうけん」 といった虫歯に関する本を他にも何冊も出版されています。
どの本も、虫歯の怖さを分かりやすく教えてくれます。

ねずみくんといっしょ はははは

ねずみくんといっしょ はははは

出典元:Amazon

ねずみくんといっしょ はははは (日本語) 単行本 – 2009/5/1正路会すみれ歯科新宿御苑前クリニック (監修), & 3 その他 ポプラ社

ご存じ「ねずみくんのチョッキ」の主人公ねずみくんが、なぜねずみくんの歯が丈夫なのか、その秘密を教えてくれます。

虫歯になる理由、歯磨きの仕方、虫歯になると出てくる影響など、虫歯に関することを子どもにも分かりやすく書いています。
ところどころに出てくる親向けのアドバイスも勉強になることが多いので、ぜひとばさずに読んでください。
また歯医者さんへは定期的に行くこともおすすめしています。

歯医者さんへ行く気になる

大人でさえできれば行きたくない歯医者、子どもが嫌がるのも無理はありません。
時々歯医者さんで全力で嫌がっている子どもをみると、なんだかいたたまれない気持ちになりますね。
できれば歯医者さんに迷惑が掛からないように、すんなり治療を受けてほしい。
そのためには、歯医者さんは怖くないと知ってもらうことから始めてみましょう。

はいしゃさんにきたのはだれ?

はいしゃさんにきたのはだれ?

出典元:Amazon

はいしゃさんにきたのはだれ? (わくわく世界の絵本) (日本語) 大型本 – 2008/11/1トム バーバー (著), & 4 その他 小峰書店

歯医者さんへ行くのが大嫌いなサム。
診察室へ呼ばれたけれど、スキをついて診察台の下へもぐりこんでしまいます。
そこへ一緒にマーガトロイド先生がもぐりこんできて、今までに診察した動物たちのお話をしてくれます。
先生の不思議な話に、サムは興味津々。

マーガトロイド先生は、子どもの興味を引く天才です。
トラやカバ、ワニといった動物たちの治療の話は嘘っぽいけれど、実際に診察へ来た証拠を見せてくれたりして、もしかしたら本当なのかも……。と子どもの興味を惹きつけます。
そのうちにささっと子どもの治療を終わらせて、次にまた来る約束までしてしまうのです。

最近の小児歯科はとても居心地がよくできていて、おもちゃやアニメ、カラフルな内装で子どもの気持ちを盛り上げてくれるところも多いですね。
その上マーガトロイド先生のような先生がいたら、歯医者通いが毎回楽しみになりそうです。

ちいちゃんのはいしゃさん

ちいちゃんのはいしゃさん

出典元:Amazon

ちいちゃんのはいしゃさん (ちいちゃんえほん) 単行本 – 2003/4/1しみず みちを (著)ほるぷ出版

ちいちゃんがネコや犬と一緒に歯医者さんごっこ。
あーんと口をあけて中を確認。虫歯があると、ういーんと言いながら削ったり、本当に水でうがいまでさせて、なかなか本格的な歯医者さんです。

これだけ本格的にシミュレーションしておけば、実際に歯医者さんに行くのも怖くなさそうです。
家でも歯医者さんではどんなことをするのかを説明してあげて、できるだけ恐怖心をなくしてあげるといいかもしれません。

場所や治療の音に慣れるためにも、定期的に虫歯の検査を受けに行くことをおすすめします。
普段から定期検査をしに通うことで、実際虫歯になったときに早く発見できるメリットがあります。

おわりに

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

ニンジャスポーツトイ「ニンスポ」