ピタっとくっついておもしろい!おすすめの吸盤おもちゃを紹介!|新感覚の知育ブロックまで

目次 目次

年齢別!吸盤おもちゃの遊び方や選び方

吸盤おもちゃは年齢によっておすすめの遊び方があるので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

2歳~3歳

好奇心旺盛なこの時期は、吸盤をいろいろな場所にくっつけたりはがしたりして遊ぶのがおすすめ。

そうすることで、指先が刺激され、脳の活性化につながります。

また、自由に平面的な作品を作ったり、大人が『数字つくってみようか~』と形を提案したりと、いろいろな作品づくりにチャレンジすることで、表現力や達成感の習得にもなりますよ。

4歳~5歳

思考の発達が進む4歳~5歳は、壁や床を使って、人や動物などの立体的な作品を作って遊ぶのがおすすめ。

空間把握能力や、想像力が育まれていき、成長の発達に良い影響を与えてくれます。

6歳~

手先がより器用になり、論理的思考や認知力がついてくる6歳以上におすすめなのが、吸盤ブロックを使って独創的な作品をたくさん作ること。

そうすることで、自己表現力が向上し、構成力の学習にもつながります。

また、世界でひとつだけのオリジナル作品を作って、インテリアとして飾っても素敵ですね!

さらに、子どもが遊ぶ目的だけでなく、大人もオフィスやカフェに置くなどして、独創的な空間を演出したい方にもおすすめですよ。

知育にもなる吸盤おもちゃおすすめ3選

まずは、知育にも良いとされている、おすすめの吸盤おもちゃを3つお伝えします!

これを読めば、我が家のおもちゃのひとつとして、今すぐ取り入れたくなりますよ♪

【2歳~12歳】Pita-Rico(ピタリコ)壁も使える新感覚知育ブロック LOTUS LIFE 吸盤 ブロック

Pita-Rico (ピタリコ) 壁も使える新感覚知育ブロック LOTUS LIFE 吸盤 ブロック

出典元:楽天市場

壁にも床にもくっつけることができる、カラフルな吸盤がたくさん入った、新感覚の知育ブロックです。

新感覚と呼ばれる理由は、壁につけて遊ぶことで、立体的な思考をつけることができること!
吸盤をつけたり外したりすることで、指先の運動にもなり脳を刺激します。

なめても安全な塗料を使用していたり、やわらかく角のない高品質なシリコン素材だったり、踏んでも痛くない形状だったりと、怪我の心配もなく安心して遊べるのもポイント。また、さっと洗えて、汚れが気になった時には食器洗浄機にかけてもOKなのも嬉しいところです。

専用ボトルの中に吸盤を収納できるので、お片付けも学ぶことができますよ!
お風呂でも使えるので、気分によって遊ぶ場所を選べるところも便利ですね♪

【3歳~】アンパンマン わいわいたのしい!いろいろピッタン知育セット

アンパンマン わいわいたのしい!いろいろピッタン知育セット

出典元:トイザらス

アンパンマンと仲間たち16種類のキャラクターが入った、吸盤おもちゃです。

人気のポッポちゃんやだだんだんも加わり、リニューアルしました。

また、ダイカット形状で、小さなお子さんでもつかみやすくなっているのも特徴。
窓やテーブル、お風呂の壁などいろいろな場所で遊べます。

シートが2枚ついていて、絵合わせしたり、数のお勉強をしたり、遊びながら楽しく学べますよ♪

【6歳~】Funk Doggie 知育ブロック 60個セット 吸盤 おもちゃ

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

ニンジャスポーツトイ「ニンスポ」