【小学校低学年~】面白い "落語絵本" おすすめ10選|読み聞かせにも!

目次 目次

初めてでも楽しめる!落語絵本の「選び方」

一度は聞いたことのある「じゅげむ」や「時そば」などの落語は、一度は読んでみたい名作。お話の中で昔の文化や時代の背景も知ることが出来て、とても勉強になりますね。

古典落語には、古くから伝わる落語の良さや魅力がしっかりと詰まっているため現代でも変わらず人気があります。特に、CD付きの落語絵本ならば噺家さんの落語を聞くことができるから更に面白さが増しておすすめ。寄席を聞きに行ったように、思わず聞き入ってしまいそうですね。

初めての子どもの落語絵本の読み聞かせには、動物が登場する絵本を選ぶとハードルが高くならないため、興味を持ちやすいですよ。

①CD付き おもしろ落語絵本 えほん寄席 満員御礼の巻

https://books.rakuten.co.jp/rb/4280681/

小学館から出版。NHKで放送されていた「えほん寄席」の単行本シリーズの中の一冊です。

番組放送音源のCD付きで「大安売り」「まんじゅうこわい」「んまわし」「たいらばやし」「めがねやどろぼう」の5作品が収録されています。
もちろん、プロの噺家さんの音声なので落語独特の言い回しを堪能することができますよ。

読み聞かせとはちょっと違った雰囲気の間の取り方やテンポなど、聞く人を引き付ける話芸にも注目!普通の読み聞かせよりも、前のめりで聞き入ってしまうかもしれませんよ。

<商品概要>
桂 文我/文、NHKエデュケーショナル/CD録音/編集
小学館
24ページ(CD付き)
価格 本体1,800円(税別)

②じゅげむ

https://books.rakuten.co.jp/rb/961117/

長い名前であればあるほど、きっとその子の寿命も長くなる……。
子どもの長寿を願った両親が、とんでもなく長〜〜い名前づけをする、有名なお話です。

でも、名前が長いと不便も多い!
「じゅげむ〜」がピンチの時、助けを呼びに行こうとしたら……。名前が長すぎて、人に伝える時間も長くなる。早くしないと、手遅れになるよー!

さて、この長〜い名前、どこまで暗記できるかな?寝る前、親子でトライしてみましょう。
唱えているうちに、眠ってしまうかも。

<商品概要>
川端 誠/著者
クレヨンハウス
24ページ
価格 1,540円(税込)

③ねこのさら

https://books.rakuten.co.jp/rb/15048294/

落語の人気演目でもある「猫の皿」を絵本化!生き生きとしたタッチの絵とお話で落語の世界感が表現されています。

昔、高価なものを安く買い別の場所で高く売ることで利益を得ることを商売にしている「道具屋さん」が、仕事合間に一息しようと一軒の茶屋に立ち寄ります。

その時目にしたエサを食べている一匹の猫。その猫のエサが入っている茶碗を見て道具屋さんは驚き……!!
なんと「絵高麗の梅鉢」という、たいへん高価な茶碗ではありませんか。道具屋さんはその茶碗を手に入れようと、小ずるい知恵を色々と働かせます。

ラストには思わぬどんでん返しが待ち構えます。落語の醍醐味を存分に味わえる見事なオチがとてもおすすめな一冊ですよ。

<商品概要>
野村たかあき/文・絵、柳家小三治/監修
教育画劇
32ページ
対象年齢 小学校低学年から
価格 1,430円(税込)

④決定版 心そだてる はじめての落語101

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「アクアビーズ」で遊んでみた動画

「ドラキッズ」資料請求でクオカードをプレゼント