【福岡】国内最大級!屋内型アスレチック「ノボルト」【小学生】

目次 目次

NOBOLT(ノボルト)とはどんな施設?

https://twitter.com/NOBOLT_TAITO/header_photo

大型ショッピングモール「マリノアシティ福岡」に、国内最大級の屋内型体験施設として2019年9月にオープンしたNOBOLT。スポーツ・アスレチックとエンターテインメントを融合し、デジタル技術を加えたアスレチックやスポーツ競技施設など16種類のアトラクションが設置されています。もちろん、屋内施設なので雨の日や日差しの強い暑い日でもしっかりと体を動かすことができますよ。

一般的な屋内遊技場といえば、未就学児~小学校低学年までが楽しめるようなアトラクションが多いですよね。難易度高めのアトラクションも揃っているNOBOLT(ノボルト)なら「身長110cm以上体重20㎏」の基準をクリアしていれば、小学校低学年~大人まで全てのアトラクションが楽しめます!物足りなさなんて感じず、いろんな遊具にチャレンジしてみたくなりますよ。

もちろん、安全に配慮された遊具が配置された未就園児向けの「ベビーアイランド」や親子で遊べる「アスレチック」もあり、幅広い年齢層に対応しています。アトラクションで遊べない子どもがいる家族が一緒のおでかけも安心ですね。

NOBOLT(ノボルト)の中を見てみよう!

https://www.taito.co.jp/NOBOLT#ATTRACTION

施設内は大きく、クライミングなどの高さのある遊具で遊べる「チャレンジマウンテンエリア(高天部)」と、トランポリンやデジタルスポーツなどが揃う「ファンストリートエリア(低天部)」の2つのエリアに分かれます。

「チャレンジマウンテンエリア」には西日本初上陸の「スピードクライミング」や、地上4階の高さから大滑空できる「バードグライダー」など、スリル満点のアトラクションが配置!驚きの高さは子どもにとってちょっと勇気がいるけれど、一度はチャレンジしてみたいですね。

「ファンストリートエリア」には、競ったり協力したりして遊ぶアトラクションが充実。一度は体験してみたかった、注目のデジタル × スポーツの融合アトラクションもありますよ。


ここからは、さまざまなアトラクションの中から、小学生からチャレンジできるものを4つご紹介します。次の休日、きっと行きたくなりますよ!

4階構造がスリル満点!国内初「ロープマウンテン」

国内初、地上4階層の高さまである「ロープマウンテン」は、安全のためのハーネスを繋いで44種類のアスレチックにチャレンジできます。

「さすがにいきなり最上階の高さまで行くのは怖い……。でもやってみたい!!」そんな時は2階からなど低めの階層だけもチャレンジできるから、自分ができそうな高さから始めてみると良いですよ。

最上階の高さは13メートル。バランスを取って下から登っていき、途中で無理を感じたら引き返す事も可能。親子でどこまで行けるか一緒に進んでみても楽しそうですね!

東京五輪の競技で人気急増中!「ボルダリング」

オリンピック競技に選ばれたことで人気が急上昇した「ボルダリング」。NOBOLT(ノボルト)には、3種類のボルダリングが設置されています。

まずは通常の「ボルダリング」から始め、次に色々な形のある「バラエティボール」、登る速度にチャレンジする「スピードクライミング」へ難易度もアップしましょう!
高さのあるボルダリングは怖さもあるので、まずは通常の「ボルダリング」から登ってみるのがおすすめです。

ボルダリングの石がある位置と壁の角度を考えながら登るので、力と頭を使います。低い位置なら子どもだけでも登ることができて、上手に高くまで登れたらすばらしい達成感がありますよ!

初心者向けのコースがあるゾーンもあるので、是非チャレンジしてみて。

「トランポゾーン」

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

ニンジャスポーツトイ「ニンスポ」