【2歳〜】新感覚《とびだす☆ぬりえ》|トーマスやリカちゃんが3Dアプリで動き出す!

目次 目次

「とびだす☆ぬりえ」とは?

子ども達の大好きな遊び「ぬりえ」と、ARや3D・インタラクティブの要素を加えてデジタル化した今までにない新感覚のぬりえです。

アプリ内で自分で描いたぬりえのキャラクター達が、デジタル化されることで画面内で動き出します。また、いつものように紙でぬった専用のぬりえは、カメラで映せばクレヨンや色鉛筆などの画材の質感はそのままに、画面上で3D化。デジタル技術で、飛び出してきたかのような臨場感を楽しむことができますよ。

オリジナルキャラクターだけでなく、「きかんしゃトーマス」や「サンリオキャラクター」など子どもが大好きなキャラクター達が揃っている、みんなが楽しめるアプリです。

「とびだす☆ぬりえ」の遊び方

「とびだす☆ぬりえ」は、まず無料の専用スマートフォンアプリをダウンロードします。(※基本プレイ無料)

ARカメラでの撮影や、アプリ内でのぬりえは全て、スマートフォンのみでの対応です。

アプリのぬり方はタッチで簡単!可愛く色付けできる♪

https://oekaki.neoscorp.jp/oekaki/index.html

アプリ内のぬりえは、付けたい色を選んでタッチするだけで黒枠内を一気に色ぬりできるから、低年齢の子どもでも上手にぬりえができちゃいます。紙のぬりえのように線からはみ出したりすることなく、色変えも簡単だから、好みの色を選んで色んな組み合わせを試すことができますよ。

文字や自分で絵を書きたいときは「ペン」で自由に絵を書いてみて!
「シール」機能では、星マークや音符マークなどのスタンプをぬりえに押して、可愛くデコレーションすることも。

上手にぬったら、自分好みのオリジナルぬりえが完成しますよ♪

できたぬりえが3D化して飛び出す!

https://oekaki.neoscorp.jp/oekaki/index.html

ぬりえが完成したら「ほぞん」を押します。「まほうをかけてるよ…」の合図で、完成したキャラクターがそのまま立体化!

完成した画面で「ひろばにいく」を選べば、別画面のひろばの上を歩きだします。
広場の種類と歩くルートは自分でカスタマイズ!自分好みで自由に動かすことができますよ。

紙に塗った塗り絵もARカメラで動き出す!

https://oekaki.neoscorp.jp/oekaki/books/index.html

スマートフォンアプリ以外にも、公式ホームページから専用のぬりえ台紙をダウンロード印刷することで、紙のぬりえで遊ぶことができます。

もちろん、こちらもARカメラで撮影することでキャラクター達が立体化!色鉛筆で描いた線の雰囲気までもそのまま動き出すから、とっても面白いんです♪ 色んなキャラクター達をどんどん立体化させたくなりますね。

3Dカメラ用の「だいし」は、公式ホームページの「3Dカメラ用だいし」の場所からダウンロード可能で、プリントの手順までレクチャーされています。色々なキャラクターを印刷して、兄弟やお友達と一緒にぬりえを楽しんだ後は、3Dカメラで印刷して立体化されたキャラクターを映して楽しめますね!

遊び放題コースは月額300円

https://oekaki.neoscorp.jp/oekaki/index.html#service

基本プレイは無料で遊べるので、オリジナルの動物や恐竜などのぬりえで遊べる「らくがきクリエイター」、人気キャラクター達のぬりえも1枚までは無料でダウンロードできます。

もっとたくさんの種類のだいしでぬりえを楽しみたい場合は、月額300円の遊び放題コースに登録を。人気キャラクターを含む、30種類以上のぬりえデータが全て無制限で遊べちゃいます。

ぬりえの種類は随時更新されて次々に新しい台紙がデビューするから、飽きずに遊ぶことができますね。

何度でも遊んで保存もできちゃう!

https://oekaki.neoscorp.jp/oekaki/index.html

「遊び放題コース」には、アプリ内で楽しんだぬりえの保存数が無制限となるメリットも。
アプリ内のキャラクター達は何度でも遊べるから、表情や色を変えてみたり、アレンジしたりと遊びの幅は無限大。

男女や年齢層を選ばずに楽しめるコンテンツが豊富だから、大好きなキャラクターはもちろんオリジナルのぬりえもたくさん試してみてくださいね!

まとめ

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

ニンジャスポーツトイ「ニンスポ」