保育士が選ぶ「子どもが夢中になる絵本」10選

目次 目次

④ ノンタン おやすみなさい

ノンタン おやすみなさい

Amazonより

作:キヨノ サチコ
出版社:偕成社
価格:660円

昔から変わらない人気の「ノンタンシリーズ」も子どもたちに人気のようです。

パパママ世代も、子どもの頃読んでいたという方は多いのではないでしょうか。

夜になっても眠くならないノンタンはお友だちを誘いますが、夜起きているのはふくろうくんだけです。

暗い中遊んでいたら大変なことになり...。

保育園では、なかなかお昼寝しない子に読み聞かせすると寝てくれるようになるそうです。

「なかなか夜寝てくれない...」というパパママはこの本を読み聞かせてみてはいかがでしょうか。

⑤ 10ぱんだ

10ぱんだ

Amazonより

作:岩合 日出子
出版社:福音館書店
価格:990円

ページをめくるたびに増えていくパンダがなんだかクセになる、そんな絵本です。

写真は「ねこ歩き」などで知られる岩合光昭さんによるもので、岩合さんらしいパンダの可愛い表情を楽しむことができます。

絵本というとイラストのものばかりイメージしてしまいますが、たまには写真の絵本楽しんでみてはいかがでしょうか。

1〜10まで数えながら読むことができるので、子どもへ数字を教えるのにも役立ちそうな1冊となっています。

⑥ カンカンカン でんしゃがくるよ

カンカンカン でんしゃがくるよ

Amazonより

作:津田 光郎
出版社:新日本出版社
価格:858円

「カンカンカンでんしゃがくるよ」は、乗り物が好きな子どもがみんな夢中になる1冊だそうです。

初めは読み聞かせで読んであげるとしだいに自分で読めるようになるとのこと。

読んだら「カンカンカン」と真似したくなるような絵本ですね。

可愛く描かれている動物たちや、細かい部分まで描かれたでんしゃなど、子どもたちだけでなく大人も楽しめる1冊となっています。

⑦ バルボンさんのおしごと

バルボンさんのおしごと

Amazonより

作:とよた かずひこ
出版社:アリス館
価格:1430円

優しい色使いとシンプルなイラストが特徴の「バルボンさんシリーズ」はユニークな発想が子どもたちに大人気だそうです。

朝起きたバルボンさんは、身支度をして仕事に向かいます。

バスが向かうのは...なんと動物園!

バルボンさんたち動物もきちんと働いているのですね。

可愛らしいバルボンさんや動物たちのイラストにクスッとなってしまう、そんな1冊です。

おやおや、おやさい

関連記事