デザインがかわいい伝承遊びのおもちゃ5選|昔ながらの遊びには魅力がたくさん

目次 目次

伝承遊びとは?

伝承遊びとは、昔から子どもたちによって遊ばれ続けている遊びのこと。おにごっこや花いちもんめなど体を動かして集団で遊ぶもの、「ずいずいずっころばし」や「おせんべやけたかな」などの手遊び、コマやお手玉、あやとりなどおもちゃで遊ぶものなどがあります。

不思議なのは、誰に教わったわけでもなく自然に遊びが受け継がれていること。お父さんやお母さん、おじいちゃんやおばあちゃんまで、世代を超えて同じ遊びが受け継がれているのです。

「自然に」遊びを覚えるということは、子どもが自ら遊びを獲得することを意味しています。強制的ではない本来の遊びとしての楽しみが、伝承遊びには詰まっているのです。

では次から、おすすめの伝承遊びのおもちゃを紹介していきます!

1.ベック社 クライセル・チロル

https://shop.r10s.jp/grooveplan/cabinet/br/brbe50025.jpg

チロル模様がかわいい、まるで人形のようなコマです。

コマというと、軸が細長く紐を巻き付けて回すタイプのものをイメージするかもしれません。それに比べてクライセル・チロルは、軸が無く細長い持ち手がついているという少し変わった形をしています。上手く回せるようになるには少しコツがいりますが、練習すればちゃんと上手く回せるようになります。

コマを上手く回そうと練習していると、いつのまにか夢中になって遊びにのめり込んでしまいます。上手く回ると嬉しく、面白いと感じるのはよく考えると不思議なことですが、それがコマの楽しさです。

大人が上手くコツをつかんで子どもがそれを真似するのがコマの定番の遊び方。ぜひ親子で遊ぶのをおすすめします!

2.はらぺこあおむし お手玉巾着セット

https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/sugataki/cabinet/2017/ckec0006.jpg

外国の絵本である「はらぺこあおむし」と日本の伝承遊びが見事に合わさった、おしゃれなお手玉です。

まず目を引くのは、お手玉にちりばめられたかわいい絵の数々です。はらぺこあおむしはもちろんのこと、絵本に出てくるくだものがたくさん描かれています。まさに、絵本の世界がそのままお手玉になったようです。

素材には触り心地の良いちりめんが使用され、長く安全に使えるよう縫製もしっかりしています。中の餡素材はカビが生えにくい素材が使用され、衛生面にまで配慮された安心なおもちゃとなっています。遊んだあとはこれまたかわいい巾着袋にお片付けできるので、散らばる心配もありません。

お手玉での遊びにはたくさんのいいことがあります。お手玉が手のひらを刺激することで脳の刺激にもなり、言葉や運動の発達を促します。投げて遊ぶ、的に当てて遊ぶ、数を数えるなどシンプルだからこそ色々な遊び方ができるのも、魅力の一つです。さらにわらべ歌にのせて遊ぶと、楽しさが一層広がります。

子どもの手になじみやすく、親しみやすいおもちゃとしておすすめです!

3.ドロップス プーさん、エイリアン

https://image.rakuten.co.jp/algos-online/cabinet/image6/yam7981789001_1.jpg

https://image.rakuten.co.jp/algos-online/cabinet/image2/yam7981789002_1.jpg

落としたくなくなるかわいさ……!プーさんとエイリアンの2種類のデザインがあるだるま落としです。

まずはなんといっても見た目のかわいさに注目してしまいますね!とってもほのぼのとしていて、温かみのあるデザインをしています。遊ばない時はお部屋に飾っておいてもよさそう♪

かわいいだけではなく、もちろんだるま落としも楽しめます!だるま落としは叩き方や力加減にコツがあるので、自然と遊びに夢中になって集中力が養われます。1人でも複数人でも遊べるので、色々な場面で楽しめるでしょう。大人でもなかなか難しい遊びなので、親子で一緒に遊んでみてもいいかも!

今の子どもたちにはなかなかマイナーな遊びですが、有名なディズニーのキャラクターがモチーフになっていることもあり親しみやすいデザインになっています。ぜひ遊んでみてはいかがでしょうか。

4.コクヨ トントン紙ずもう

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

ニンジャスポーツトイ「ニンスポ」