幼児教育を学ぶ現役大学生おすすめ|友達と一緒に遊びたくなるおもちゃ5選

目次 目次

1.ナンジャモンジャ・シロ、ミドリ

https://shop.r10s.jp/kenbill/cabinet/hob/6/4571345800229.jpg

https://shop.r10s.jp/kenbill/cabinet/hob/6/4571345800212.jpg

きみならどんな名前をつける?謎の生物“ナンジャモンジャ”のカードで遊ぶ大人気のゲームです。対象年齢は4歳から大人までと幅広く、2~6人で遊べます。

ナンジャモンジャは、頭から手足が生えた謎の生物たち。体は緑や青、ピンクなどとてもカラフルで、形も三角やまん丸など様々。足が異様に長かったり鼻が大きかったりと、それぞれ特徴を持っています。

ナンジャモンジャたちが描かれたカードを中央に置き、1人ずつ順番にカードをめくっていきます。めくったのが初めて見るナンジャモンジャだったら、自分のセンスで自由に名前をつけます。そうしてカードをめくっていき、すでに名前がつけられたナンジャモンジャが出てきたら、すばやくその名前を言い当てます。正しく名前を言った人は、それまでにめくられたカードの束をもらうことができます。すべてのカードをめくった時に、手持ちの枚数が多い人が勝ちとなります。

他の人より先に名前を言うためには自分しか覚えられないような名前をつけなければなりませんが、あまり難しい名前をつけると自分も思い出せなくなってしまいます。しかし、それこそがこのゲームの醍醐味。面白い名前が出てきたり、どうしても名前が思い出せなかったりと、ハプニングあり笑いありの楽しいゲームであること間違いなしです!

ナンジャモンジャのセットは2種類

ナンジャモンジャには「シロ」と「ミドリ」の2種類のセットがあります。セットによって入っているカードのデザインが違うので、ぜひ両方ともチェックしてみてください!

2.Gigamic カタミノ

https://shop.r10s.jp/lucida/cabinet/six-new1616/gmc-0000-000_1.jpg

頭と指先を使う知的ゲーム!カラフルな色使いと木のぬくもりがやさしいおもちゃです。対象年齢は3歳から、1~2人で遊ぶのにおすすめです。

カタミノは正方形を5つ組み合わせた形のピースを使って、四角形のボードを埋めていくパズルです。その組み合わせ方は36,057通りもありますが、3つのピースからでもパズルを始めることができ、小さな子どもでも遊べるものとなっています。

基本は1人用ですが、2人で遊ぶとさらにスリルのある遊びが楽しめます。2人での遊び方としては、クイックゲームとペントミノがあります。クイックゲームはボードを真ん中で2つに分け、よーいどんで自分の敷地を早く埋めた方が勝ちという遊び。ペントミノは8×8のボードに交互にピースを置いていき、置けなくなった方が負け、という遊びです。

問題集がついているので、パズルで競争するだけでなく一緒に1つの問題を解くという遊び方もおすすめ。さらに、自由に色々な形を作って見せ合いっこしても楽しめそうです。

1人でも遊ぶことができ、2人で遊ぶとさらに楽しさが広がる、様々な遊び方ができるおもちゃです!

3.LOGIS クマさんとかぞえよう

https://blog-imgs-77.fc2.com/s/g/r/sgrk/baeren_zaehlen_lernen-box.jpg

https://blog-imgs-77.fc2.com/s/g/r/sgrk/baeren_zaehlen_lernen-display-w1070.jpg

ほっこりするクマさんの絵とともに、野イチゴをもらったりプレゼントしたりするかわいいゲームです。対象年齢は3歳頃から、2~4人で遊べます。

カードをバスケットに沿って十字に並べます。バスケットには野イチゴのビーズを入れておきます。バスケットから遠いカードから交代でめくり、カードに書かれている数字の分だけ野イチゴを自分の紐に通します。後半には「あげる」カードが登場します。「あげる」カードをめくった人は、自分のビーズを紐から外し、クマさんが向いている方向の人にプレゼントします。全てのカードをめくったあとに、野イチゴをいちばんたくさん持っている人が勝ちというゲームです。

このゲームには野イチゴをプレゼントするやりとりが出てきます。相手にものを渡すことは、基本的なコミュニケーションの動作です。言葉はなくても、ものを介して相手と関わることは人と関わることの第一歩となります。

思わず手に取りたくなるようなかわいいパッケージも魅力の1つ。ゆっくりのんびり楽しめるゲームですので、ぜひ友達、親子で一緒に遊んでみてください。

4.ハバ社 ソックスモンスター

https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/nicoly/cabinet/t1900.jpg

みんなで盛り上がること間違いなし!靴下のペアをできるだけ早く見つけるゲームです。対象年齢は4歳頃から、2~6人で遊べます。

たいへん、ソックスモンスターが洋服ダンスの中をぐちゃぐちゃにしてしまいました!みんなで靴下のペアを見つけ出しましょう。
まず真ん中にソックスモンスターの人形を置き、48枚のソックスカードをよく混ぜてからひとまとめにして置いておきます。スタートの合図でいっせいに靴下のペアを探します。見つけたペアは手元に置き、5組見つけた人はすばやく人形をつかみ取ります。集めた靴下が正しく揃っていたら洗濯ばさみを1つもらえます。これを繰り返し、洗濯ばさみを3つ集めた人が優勝!

子どもたちが我先にと靴下を探してワイワイ遊ぶ様子が目に浮かんできます。シンプルなルールでだれでも楽しめるのでおすすめです!

5.セレクタ社 くみあわせドミノ

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

ニンジャスポーツトイ「ニンスポ」