3歳児の知的好奇心に応えよう!テーマ別おすすめ図鑑9選

目次 目次

図鑑の選び方

長く使えるからといって、小学生用の本格的な図鑑を買ってしまうと、難しすぎて興味を持ってくれません。
そのため、3歳のお子さん向けに図鑑を選ぶときは、必ず「対象年齢:3歳以上」のものを選ぶようにしましょう。
イラストや写真が多く、漢字にはフリガナを使うなど、楽しく読める工夫がいっぱいですよ!

また、ネットで買うときは、なるべく「新訂版」のものを選ぶのがおすすめです。
新たにわかったこと、間違っていた情報などが訂正されているので、最先端の情報が知れます。

図鑑の選び方を詳しく知るなら、こちらの本がおすすめです。

図鑑のテーマは大きく分けてこの3つ

図鑑のテーマは、3つに分けることができるので、それぞれご紹介します。
3歳のお子さんが興味のあるテーマで選びましょう。

複数のジャンルをまとめた図鑑

1つの図鑑に大きなテーマを作って、そこに属するジャンルの代表格をまとめたタイプ。

例えば、テーマが「季節の生き物」だと、春夏秋冬ごとに見られる虫・動物・魚などが紹介されています。

興味のあるものが特にないお子さんや、幅広い分野を知ってほしい方におすすめです。

ジャンル別の図鑑

図鑑といえばこれ!といえるほど、1つの分野を突き詰めたスタンダードなタイプ。

例えば、「動物図鑑」「恐竜図鑑」「乗り物図鑑」などですね。
お子さんの好きなジャンルの図鑑を買えば、夢中になって読んでくれますよ。

企画ものの図鑑

知識が広がり、読み物として楽しめるタイプ。

例えば、大きさや速さなどを「比較」した図鑑や、「違い」を見つける図鑑などがあります。

3歳児の「どうして?」という好奇心に応えてくれる作りなので、どんなお子さんにもおすすめ!

3歳児におすすめの図鑑9選

先ほどご紹介した3つのテーマごとの、おすすめ図鑑をまとめました。

3歳児の「複数ジャンル」おすすめ図鑑

1つの図鑑でいろんな分野に詳しくなれる商品を、3つご紹介します。
3歳のお子さんにとって、身近に感じられるジャンルのものを集めました。

【身近な生き物(昆虫・動物・植物)】はじめてのずかん みぢかないきもの (講談社の動く図鑑MOVE)

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

ニンジャスポーツトイ「ニンスポ」