赤ちゃんの好奇心を刺激するおすすめの歩行器 10選!「歩く」以外の使い方で長く活用しよう

目次 目次

■使うならお座りができるようになる7ヵ月頃から

歩行器は、本体のシート穴に赤ちゃんの足を入れることで、赤ちゃん自ら安定した歩行ができる育児グッズです。自分が行きたいところに行けるので、赤ちゃんの好奇心が刺激されます。
ひとりでも安全に遊ぶことができるので、トイレや身支度、家事などママの手が離せないときの救世主に♪また、食事中のテーブルやイスの代わりなど、「歩く」以外で活用できるのも歩行器の魅力です。
歩行器はシンプルなものや、おもちゃを兼ねたものなどさまざま。デザインや機能性だけでなく、保管することも考えてサイズもチェックしておくと安心ですよ。
すこしでも育児が楽しくラクになるような、おすすめの歩行器をさっそく見ていきましょう!

①JTC まあるいほこうき

https://shop.r10s.jp/netbaby/cabinet/895/401895.jpg

JTC「まあるいほこうき」は優し気な色合いの淡いパステルカラーで、4種類のラインナップがあります。
必要最低限のシンプルな設計で軽量なため、ママひとりでもラクに持ち運び可能!使わないときは、簡単に折りたためるので収納のしやすさも◎
8個の消音キャスターがついているので、音が静かで床も傷つきにくく、傷をつけられない賃貸のご家庭や、階下の音が気になるマンションのご家庭にもおすすめです。

カラー:パステルピンク/パステルグリーン/クールグレー/ライラック
対象年齢:生後7ヶ月~15ヶ月頃まで(体重12kgまで)
本体重量:2.2kg
材質:ポリプロピレン/スチール/ポリエステル
使用時サイズ:幅64.5×奥行64.5×高さ40cm
折り畳み時サイズ:幅64.5×奥行64.5×高さ10cm

②カトージ ベビーウォーカーNewYorkBabyホワイト

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71CNmtIVP-L._AC_SL1500_.jpg

カトージの「ベビーウォーカーNewYorkBabyホワイト」は、柄や模様がなくNewYorkBabyのロゴのみというスタイリッシュなデザインが印象的です。赤ちゃん用品といえば、カラフルなものが多いですが、こちらはモノトーンでシンプルなので、どんなお家のインテリアに合わせやすそう◎
ストップマットを取り付ければ、赤ちゃんが歩行器を動かしにくくなるので安心して使えます。また、食事をする際にテーブルやイスとして使う場合も、マットのおかげで食べこぼしが床に落ちづらくなります。

カラー:ホワイト
対象年齢:生後7ヶ月~15ヶ月頃まで(目安10kg)
本体重量:2.9kg
材質:ポリエチレン/ウレタン/PVC/ABS/スチール/ポリエステル/ポリプロピレン
使用時サイズ:幅63×奥行63×高さ39cm
折り畳み時サイズ:幅63×奥行63×高さ11cm

③エム・アンド・エム それいけ!アンパンマン おしゃべりウォーカー

https://image.rakuten.co.jp/netbaby/cabinet/picture3/man/a73327xxx_k1.jpg

アンパンマンが好きなら、エム・アンド・エム株式会社の「それいけ!アンパンマン おしゃべりウォーカー」がおすすめです。アンパンマンをモチーフにしているので、赤ちゃんの興味を引きつけます。
メロディが流れるのはもちろん、レバーを引いたりおもちゃを回したりと、さまざまな仕掛けがあるので赤ちゃんも大人もワクワクすること間違いなし!
コンパクトになる折りたたみ機能で収納もしやすく、体格に合わせて4段階まで高さ調整もできます。本体のシートが取り外せるので、汚れても洗濯ができ、清潔に保てるのも嬉しいところです。

対象年齢:生後7ヶ月~15ヶ月頃まで(体重15kgまで)
本体重量:4kg
材質:ポリエステル/PC/ABS/スチール/ポリプロピレン/PS
使用時サイズ:幅61×奥行72.5×高さ47~54cm
折り畳み時サイズ:幅61×奥行72.5×高さ29.5cm

④日本育児 はらぺこあおむし 2in1ウォーカー

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「アクアビーズ」で遊んでみた動画

「ドラキッズ」資料請求でクオカードをプレゼント