「11ぴきのねこ」シリーズは大人も子どもも楽しめる!3~5歳の贈りものにもおすすめ

目次 目次

出典:こぐま社

とらねこ大将がリーダーの11ぴきのねこたち。いつもお腹を空かせて、さまざまなところに旅に出ます。最初の冒険は湖です。怪物みたいに大きな魚がいると聞いて、いかだに帆を張りいざ出発!大きな魚を発見しますが、あまりの大きさに大格闘します。やっとの思いで、魚を捕まえたまでは良かったのですが…しっかり楽しめるラストがポイントの作品です。

■11ぴきのねこがコロッケ屋さんになる

出典:こぐま社

11ぴきのねこたちがお店を開きます。できたてのコロッケを販売すると、あまりのおいしさに大繁盛。しかし、だんだんと人気がなくなり売れ残ることが増えてきます。残ったコロッケを食べるのはもう嫌だ、鳥の丸焼きが食べたいなあと悩んでいるところに、1羽のあほうどりがコロッケを求めて訪ねてくるのです。旅の途中のあほうどりは、生きて帰ることができるのでしょうか?ドキドキしながら、思わずページをめくってしまいます。

■11ぴきのねこが空き家を発見する

出典:こぐま社

11ぴきのねこたちが、田舎道をドライブしていると1軒の家を発見します。空き家のようだったので、ねこたちは誰の家かも確認せず、勝手に自分たちの住み家にしてしまいます。
ところが突然ぶたがやってきて、ここは自分の親戚の家だと言い出したので大問題。せっかくきれいにした住み家を渡すよりはと、ぶたのために新しい家を作りますが上手にできたため、譲るのが惜しくなり再び自分たちの家にしてしまいます。
ところが…全てがねこたちの都合の良いように進まないのが、この作品のポイントです。

■怪物に捕まった11ぴきのねこが力を合わせる

出典:こぐま社

11ぴきのねこが揃って遠足に出かけると、「はなをとるな」「はしをわたるな」といった看板を見つけます。ダメだと言いつつも、周りのねこたちにつられてしまうリーダーのとらねこ大将。やってはいけないと言われると、つい反対のことをしたくなる子どもの心をくすぐる作品です。
ねこたちは花をとり、橋をわたり、入るなと書いてある大きな袋に入っていきます。すると看板は罠だったことが分かり、怪物に捕まり働かされるねこたち。力を合わせて怪物から逃げることはできるのか、ねこたちのチームワークに注目です。

■11ぴきのねこ不思議なねこと出会う

出典:こぐま社

川で11ぴきのねこが魚を釣っていると、水玉模様の知らないねこが通りかかります。気になってじっとしていられないねこたちが水玉模様のねこを追いかけると、たどり着いたのは不思議な家でした。
星の花火をあげるなど、11ぴきのねこたちの興味をそそる水玉模様のねこ。水玉模様のねこは、宇宙からやってきて壊れた宇宙船を修理するために鍋のふたが欲しいと11ぴきのねこに伝えます。たくさんの魚となら交換するという条件を出し、魚をとらせた11ぴきのねこは大量の魚をもって宇宙船にこっそり乗りこもうとします。
11ぴきのねこのいつもの企みが、水玉模様のねこを助けることになるといった内容です。

■11ぴきのねこが恐竜と泥あそびをする

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

ニンジャスポーツトイ「ニンスポ」