ママを助けてくれる鬼が出るおすすめアプリ3選!これでイヤイヤ期も乗り切れる!?

目次 目次

■困ったときの鬼頼み!

ひと昔前は近所や同居家族が「ママの言うことをよく聞くのよ」なんて言ってくれる場面もあったようですが、今の生活スタイルではなかなかそういったことがないのが現実。ママがひとりで一生懸命子育てと格闘していることも多いはずです。そこで活躍してくれるのが「鬼が出るアプリ」。なかなかママの言っていることに耳を傾けてくれない子どもたちも、たちまち表情を変えて動き出すらしく、効果はテキメンなのだそうです。困ったときには、誰かや、何かに頼りたくなるもの。困ったときにサポートしてくれる、おすすめの鬼が出るアプリを3つピックアップしてみました。

① 叱るシチュエーション以外にも大活躍!「鬼から電話」

https://www.onikara-denwa.com/img/common/share.jpg

シリーズ化されているもののひとつで、累計ダウンロード数は2,000万と大人気のアプリです。アプリの評価が示される星も4以上と、とても高評価になっています。アプリを開くと、それぞれのシーンごとにキャラクターが選べるようになっていて、使いたいキャラクターを押すと電話がかかってくるんです。着信の画面上には応答と拒否のボタンが出てきて、応答を押すとキャラクターたちが話し始めます。鬼以外にもなまはげや妖怪などがあり、着信画面だけでも怖さがあるのですぐ言うことを聞くという子もいるのだとか。その場合はすぐに拒否のボタンを押せば通話終了となるので、子どもの様子を見ながら選びましょう。言うことを聞かないとき、静かにしないとき、ご飯を食べないときなど様々なシチュエーションが想定されていて、充実したラインナップが揃っています。さらには朝、昼、夜で電話の内容が変わるので、子どもたちが飽きないようなつくりになっているのもうれしいポイントです。

② バージョンアップ!「Ghost Call 鬼から電話DX」

https://ghostcalldx.com/img/top/frame_key.jpg

先程紹介した、鬼から電話と同じシリーズのアプリです。「Ghost Call 鬼から電話DX」キャラクターが2.5Dになっていたり、海外のキャラクターを携えられたりとよりリアルな映像が見られるアプリになっています。何より注目されているのが、音声認識機能で人気キャラクターの赤鬼と会話しているような状態にできること。一方的にキャラクターが話すのではなく、“言うことを聞かない”“食べない”“寝ない”という3つのワードに反応して、それぞれに合った内容で返答してくれるんです。さらに録音機能があるので、好きなキャラクターに自由に会話を録音して、オリジナルのパターンを作ることができます。声色を変えたり、怒っているような動きをつけたりもでき、自分が欲しいパターンを作り出せるので活躍シーンも増えてきます。

③ 鬼に免疫がついた子におすすめな「クランプスから電話」

https://www.krampus-call.com/common/img/mv37.png

好評な鬼から電話シリーズですが、何度か使うと鬼に免疫がついてしまって言うことを聞いてくれなくなったという声もあるようです。ハートの強い子どもには、「クランプスから電話」を試してみてください。“クランプス”とは、ヨーロッパに古くから伝わる伝説の怪物です。見た目とは裏腹に、サンタのモデルとも言われている聖ニコラウスの付添人で、子どもたちの行いを正しい方へ導く役割を担う存在として数百年伝承し続けられてきました。そんなクランプスが、子育てに奮闘しているママたちのサポート役として、子どもたちに話しかけてくれます。鬼や妖怪とは違った風貌のクランプスに、子どもは目を奪われ、手を止めるでしょう。そのタイミングが、なぜ怒っているのか、どうして今してほしいのかなど、子どもたちの耳にママたちの声を届けるチャンスです。鬼にちょっと慣れちゃったかも…というときにはクランプスに助けを求めてみてはいかがでしょうか。

■さまざまなシーンで活躍してくれる鬼が出るアプリ

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

ニンジャスポーツトイ「ニンスポ」