『インサイド・ヘッド』親子で”感情”を学べるディズニー・ピクサー映画♡喜怒哀楽は必要なスキル?

目次 目次

『インサイド・ヘッド』とは?

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images

ストーリーの舞台は人間の頭の中。そこに住んでいる「喜び」「悲しみ」「怒り」「嫌悪」「恐れ」という人間なら誰しもが感じる5つの「感情」を題材として、「頭の中の世界」で繰り広げられるそれらの感情の冒険ファンタジー3D映画である『インサイド・ヘッド』(原題:Inside Out)。アメリカでは 2015年6月19日公開で、その1か月後に日本でも公開されています。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41f+ZPJ-mDL._SX325_BO1,204,203,200_.jpg

本作の製作期間はなんと約5年もかかったそうで、8〜9本の長編映画が製作できるくらいの脚本を作って試行錯誤を重ねながら脚本を練り上げていったそう。そして、製作費が1億7500万ドルに対して、全世界で8億1880万ドル(うちアメリカで3億5540万ドル・2015年10月11日時点)の興行収入を記録しています。

https://www.disney.co.jp/content/dam/disney/images/studio/head/story/story_head_02.jpg

ピクサーの長編映画第1作である『トイ・ストーリー』(1995年)の全米公開から20年後に本作が公開されたので、「ピクサー長編アニメーション20周年記念作品」とも言われている作品です。ちなみにですが、原題のタイトルとなっている「Inside Out」とは日本語に訳すと「裏返し」という意味になりますね。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMzQyN2MyNDctN2ViMi00M2MyLWE5OWQtOTBmZTBlYjc1ZWU0XkEyXkFqcGdeQXVyNTIzOTk5ODM@._V1_SY1000_CR0,0,699,1000_AL_.jpg

その他にも「インサイドアウト」とは、スティーブン・R・コヴィー博士による成功哲学書『7つの習慣』の中にも出てきますね。「全ての問題は自分の中にあって、自分が変わらなければ、周囲も変わらないという考え方」。何か問題が起こった時に環境や他の人のせいにすることなく、まず自分自身の人格、物事のとらえ方、動機に目を向けて状況を変えていこうとする姿勢が大切だと言っているのですが・・・。これはまた別のお話になってしまうのでこのくらいにしておきますね。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BZTVmYmRiMzQtN2ZkYS00ZjQ5LTgxMmUtZmIyMmM0MDZjODVlXkEyXkFqcGdeQXVyODUzMjQxMTA@._V1_SX1777_CR0,0,1777,999_AL_.jpg

実は、子どもの事をよく考えているな・・・と思う部分があるのですが・・・。本作の舞台となる頭を持つライリーの嫌いな食べ物は、字幕版では「ブロッコリー」となっているのですが、日本語吹替版では「ピーマン」になっているんですよ。なぜなら、子供が嫌いな食べ物がアメリカではブロッコリーが定番で、日本はピーマンやニンジンが定番だからだそうですよ。

製作したディズニーいわく、「日本の観客にも本作を自分のstoryとして楽しんでもらいたい」という考えから変更されたそう。そのため、感情たちの役名も日本語版をはじめとして世界42言語で、それぞれの「感情」を表す言葉が役名に付けられているそうです。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91SSkxfDBXL._SX450_.jpg

例えば英語なら「Joy, Sadness, Fear, Disgust,Anger.」なので、フランス語なら「Joie. Tristesse. Peur. Dégoûter, Colère」って感じなのでしょうかね。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMjIzMzAyOTU4OV5BMl5BanBnXkFtZTgwODMzNjE4NTE@._V1_.jpg

監督は「モンスターズ・インク」のピート・ドクター

Pete Docter at an event for Inside Out (2015)

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMTU4NDExODM2MV5BMl5BanBnXkFtZTgwOTE2NjM3NTE@._V1_SY1000_CR0,0,1503,1000_AL_.jpg

監督は、「カールじいさんの空飛ぶ家」「モンスターズ・インク」のピート・ドクターが務めました。ピート監督は、第73回ゴールデングローブ賞アニメ映画賞、第88回アカデミー賞長編アニメーション賞なども受賞。

John Lasseter, Ronnie Del Carmen, Pete Docter, Jonas Rivera, and Del Carmen at an event for Inside Out (2015)

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMjMzNjgzNDA1M15BMl5BanBnXkFtZTgwMDAxMDgxODE@._V1_SY1000_CR0,0,1618,1000_AL_.jpg

その他にもナショナル・ボード・オブ・レビュー賞2015アニメーション映画賞、第43回アニー賞(作品賞・監督賞・声優賞・音楽賞・美術賞・脚本賞・キャラクターデザイン賞・絵コンテ賞・編集賞・キャラクターアニメーション賞(長編アニメーション)など様々な賞を受賞しています。

https://miro.medium.com

『インサイド・ヘッド』をぜひお子様とみて欲しい理由

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BNmJjNzIzNjEtMGY4NS00ZGU5LWFjYTgtYWQwMmE5YjlkNzQ4XkEyXkFqcGdeQXVyODI3MTM2NDY@._V1_.jpg

どんな人間でも抱く「感情」というものごとや対象に対して抱く気持ちを主人公に描いたピクサー・アニメーションの長編作品である本作。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMGQ3OTMxODYtMWEwNS00YTg4LTlhZTUtOTMyMjI0ODNhYWU1XkEyXkFqcGdeQXVyMTI3MDk3MzQ@._V1_SX1777_CR0,0,1777,999_AL_.jpg

「感情」にフォーカスしているので、「ヨロコビ」「カナシミ」「イカリ」「ムカムカ」「ビビリ」という風に「感情」というものがキャラクターになっています。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BOWIxMjI0MzQtOTlmZi00NThjLWJkMGMtNmE3ZTg0YzdmNTRhXkEyXkFqcGdeQXVyNTUzNTM0OTA@._V1_.jpg

ライリーという女の子の頭の中(インサイドヘッド)には、この5つの感情が存在していて、それぞれ役割が違っています。楽しい気持ちにすることが役割の「ヨロコビ」、嫌いなものをイヤがる役割の「ムカムカ」、頭にきた時に怒りを爆発させる「イカリ」、石橋をたたいて渡るように慎重に危険から守ってくれる役割の「ビビリ」。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BNjVkMGUzZTAtNzYyYy00Yjc2LTgzMDUtNjQwZTAxNWVlY2E2XkEyXkFqcGdeQXVyODI3MTM2NDY@._V1_SX1777_CR0,0,1777,999_AL_.jpg

そして、もう1つのキャラクターは残念なことにライリーを悲しい気持ちにさせることしか出来ない役割の「カナシミ」。でも彼女の役割は最後までご覧になるとその存在意味がお分かりになるはず・・・。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BNGI2MjRmYzItNjkxMi00ZGY3LThiZjktNWE0MDNjOGYxNjg3XkEyXkFqcGdeQXVyMTI3MDk3MzQ@._V1_SX1777_CR0,0,1777,999_AL_.jpg

ライリーは、家の事情によって住み慣れた場所から引っ越すことになります。おそらくお父さんの転勤やらで同じように通いなれた学校からこんな風に転校することを体験したことがある方はお分かりになると思いますが、見知らぬ土地でお友達が出来るのか?など不安になることが沢山あるはずですよね。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMzY5YzgxYWYtZTI0MS00ZDg0LWJjNDgtYmNlNjI1ZjM3MTgwXkEyXkFqcGdeQXVyMTI3MDk3MzQ@._V1_SX1777_CR0,0,1777,999_AL_.jpg

もちろん引っ越しではなくとも、新しい学校に入学や入園する場合も同じだと思います。そんな子供たちの脳の中で、不安や寂しさなどネガテイブな気持ちが大きくなった子を笑顔に戻すためにがんばろうとする感情たち。

親の気持ちとしては、いつも笑顔で居てくれることが一番だとは思うのですが・・・。この作品をご覧になるとその笑顔になれる要因である「ヨロコビ」を感じるためには「カナシミ」が必要だと感じるでしょう。つまり、「カナシミ」があるからこそ「ヨロコビ」という感情が生まれることが分かるはず。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMTg1NDczMzIzMF5BMl5BanBnXkFtZTgwNzk3NTE2NTE@._V1_.jpg

当たり前の事なのですが、大人と同じように現代では子供たちも沢山のストレスや怒りやらを感じています。だから、駄々をこねてみたり、怒られると分かってていたずらをしてみたりしちゃうんですよね。(もちろん幼児はただ単に自分の思い通りにいかないからという理由の時もあるかとは思いますが・・・)そんな時、その気持ちを我慢せずに吐き出すことも大切なんだと本作から教えてあげられるはずですよ。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMTQ4MDQwNTU3NF5BMl5BanBnXkFtZTgwNTk3NTE2NTE@._V1_.jpg

日々学校が忙しく、ゆっくりと日常生活の中では家族の中で話のトピックにもあがらないであろう人間の感情。きっとこれを読んでくださっている方々のお子様のイヤイヤの時期やわがままばかり言うなんてこともきっと何か理由があるはずですよ。子育ては本当に大変。1人の人格を育てるんですものね。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMjAzMTE4NzI3MF5BMl5BanBnXkFtZTgwNDc3MjAxNjE@._V1_.jpg

100人子供が居たら、100人が感じ方や受け止め方が違います。だからそれぞれの感情も違うはずですね。映画を観ながらパパとママも自身の幼い頃の忘れていた想いや記憶がよみがえったりするはず。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BZDIzOGI4NjEtMDY5Yy00ZTZiLWE2NDMtZGRiNTNjMjRhNWFhXkEyXkFqcGdeQXVyODI3MTM2NDY@._V1_SX1777_CR0,0,1777,999_AL_.jpg

子供の頃を思い出すって大人になるとなかなかそんな機会がないですよね。あ、あの時ってこんな風に思ったな・・・あの時嫌だったな・・・なんてきっと思い出すはずですよ。たとえお子様が嫌だという理由を言えなくても心配しないで大丈夫ですよ。話したくなったら話してくれたらいいとお子様の想いを尊重することも大切かもしれませんね。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BN2UyZjAzNDMtMDliZC00YzIwLWE5NGItMjg4YjAwY2NkODUxXkEyXkFqcGdeQXVyODI3MTM2NDY@._V1_.jpg

実は、我が家の娘も小学生の時のイヤだったり悲しかった想いを18歳を超えてから「あの時こんな風に思ってたんだ・・・」なんて教えてくれました。親としては寝耳に水で、ちょっとビックリしたのですが・・・。誰もが楽しい思い出ばかりではないはずです。「ヨロコビ」と「カナシミ」は背中合わせなんだと思っていたら、もっと気持ちが楽になるかもしれませんね。

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BODhhYzJjMDYtMjliYS00MTJmLWEzYWEtZDY3OWNlZjRhY2I3XkEyXkFqcGdeQXVyNTUzNTM0OTA@._V1_.jpg

『インサイド・ヘッド』あらすじは?

https://m.media-amazon.com/images/M/MV5BMzVmYmRlMTMtOWUwZC00MGJmLTg0YWYtOTAzMjg3YjZmMDU5XkEyXkFqcGdeQXVyNjk5MDc0Nzk@._V1_.jpg

ライリーは、笑顔が素敵な活発な11才の女の子。彼女の頭の中には5つの感情が存在する。ライリーを楽しい気持ちにすることが役割のヨロコビ、嫌いなものを拒絶する役割のムカムカ、腹が立った時に怒りを爆発させる役割のイカリ、危険からライリーを守る役割のビビリ。でもライリーを悲しませてしまうことしかできないカナシミの役割だけは謎に包まれている…。そんな感情たちは、頭の中の司令部で、ライリーを幸せにするため日々奮闘していました。

出典元:https://www.disney.co.jp/movie/head/about.html

https://shop.r10s.jp/bunbougu-shibuya/cabinet/28/s4133730.jpg

ある日ライリーは、住み慣れた大好きなミネソタを離れ、見知らぬ街サンフランシスコで暮らし始める。不安定になった彼女の心は、感情たちに思わぬ大事件を起こす。転校先の教室で自己紹介をしているその時、カナシミがミネソタでの楽しかった≪思い出ボール≫に触れてしまい、ライリーは泣きじゃくってしまう。自身でもワケがわからぬカナシミの無意識にボールに触れてしまう衝動により、ついにヨロコビとカナシミは司令部の外に放り出されてしまうことに!

出典元:https://www.disney.co.jp/movie/head/about.html

2つの感情を無くしてしまったため、頭の中の世界は異変の兆しを見せ始め、2人は巨大迷路のような≪思い出保管場所≫に迷い込み、ヨロコビ不在の司令部も大混乱となる。その頃ヨロコビとカナシミは自分たちも今まで見たことが無かった驚きと色彩に満ちた世界で大冒険を繰り広げていた。
―司令部を目指してライリーを再び笑顔にするために!

出典元:https://www.disney.co.jp/movie/head/about.html

『インサイド・ヘッド』キャスト9選【吹き替え声優と共に】

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

トロールズ: シング・ダンス・ハグ!